チップはあげますか?

2009年04月30日 15:25

日本にいると無縁のチップ。いったん外国に出ると、日常的に頭を悩ませます。アメリカのように、チップ大国(!)で義務になっていればまだいいのかも知れませんが、バリのように曖昧な場所はホント、困るんです。

そこで質問です!皆さんはバリに来たらチップをあげますか?

イブウブ子の答えは、「はい&いいえ」です。気分と状況によります。ガイドブックには「インドネシアにはチップの習慣がない」って書いてあったりもするけど、旅行会社からのパンフレットには「ベルボーイやホテルスタッフから気持ちいいサービスを受けたら○○ルピア払ったほうがいい」とか書いてあったりして、観光客はどうしたらいいのか分からないのでは?一番困ったのには、ロビーでガイドさんを目の前にして、「今日のツアーのチップはあげたほうがいいんですかね?いくらぐらいが相場ですか?」と聞かれたこと。どんなツアー内容だったか知らないので、「はい、ぜひあげてください!」という立場でもないし、本人目の前にして、いくらとも答えずらいし・・・。結局「お客様次第なので、あげたかったらどうぞ。金額はお任せします」と伝えました。それでもやっぱり「いくら」かを知りたかったようで、耳打ちで教えたこともありました。そのときのガイドさんはハッピーだったかな?それとも・・・。

経験から言うと、安いスパやホテルでは渡さないといけないような気分になります。車を長時間チャーターした場合も渡さないと気まずいような。でも、ケチって言われるとそれまでだけど、値段より余計に払うっていうのは抵抗がないわけではないんです。外国暮らしがいくら長くても、そういうところだけしっかり日本人(笑)。町のレストランでは必ず15%(10%が税金+5%がサービス料金)が追加されるので、払わないといけません。でもそういうほうが逆に気持ちよくチップを払えたりするんです。書いていないレストランだと、おつりを多めに残すことはありますが、基本的にチップは不要なお店か、または値段に含まれていると推測してしまいます。

そもそもバリにチップはあるのか?

バリで働いていた経験から言っても、真相は分からないというのが本音です。プライベートなことですから、貰っても他人に話すことはないですし、ベルボーイや清掃係も、貰う割合は平均で50%程度(欧米人なら75%、日本人なら25%くらいかな)だったと思います。イブウブ子はマネージャだったので、めったにチップをいただいたことはありませんでした。あっ、お客様にはいろいろお土産をいただいたり、お食事をご馳走していただいたことはありますよ!そういうのは本当にありがたいことです。

バリは勤務年数や役職によって給料は優遇されるものの、アメリカのようにベルボーイや清掃係の給料だけが他と比べて極端に低いということはあまりありません。フロントもみんなが思うほど貰っているわけではなくて、他の部門よりちょっと多い程度なんです。だから、逆にベルボーイやっているほうがチップがもらえるので、向上心のない人はずっとベルボーイをやり続けます。でも高級ホテルではたいていサービス料金が別途追加されていますし、パッケージ旅行などでは料金に含まれていることがほとんどなので、個人的にはよっぽどなことがない限りチップは必要ないと思っているんです。掃除や荷物運びは日常のサービスの一環。ルームサービスでも別途サービス料が追加されています。

高級ホテルでも払う人が増えると、従業員も期待してしまうのは否めないのでは?むしろ、中級ホテルや安宿のほうがチップを渡すべきだと考えています。近年はアメリカ人観光客が増加したので、今後はチップ制度が定着していくでしょう。日本人とヒッピーの若者たちが多かった数十年前のバリでは考えられないけども、リゾート化が進むにつれての自然の流れなのかも知れません。

では、バリ人はチップを払うのでしょうか?

バリ人は案外見栄っ張りで、尊敬されたり、良い人に見られたい願望が強いので、裕福な人は払うことがあります。そのときの相場は5000ルピア~20000ルピアくらい。チップじゃないかも知れませんが、小銭や小額のおつり(数千ルピア程度)なら受け取らないっていうスタイルの人もいます。でもその傾向は女性よりも男性に強いです。どこの国に行ってもそうですが、基本的に男性よりも女性のほうがお金に関してきっちりしているのでしょう。でも、お金に余裕がない人は払いません。バリではあまり見かけませんが、イスラム教の島に行ったときはレストランやホテルの中まで物乞いがお金を求めてきて、スタッフが毎日お金を渡していたのにはびっくりしました。自分たちもそんなに裕福じゃないのにその中から渡すのは簡単なことではありません。詳しいことは分かりませんが、イスラム教の教えの一部なのでしょう。キリスト教だと収入の10%~20%を教会に寄付するって聞いたことがあります。

基本的にイブウブ子はチップには反対です。たしかに1万ルピアでも貰うと嬉しい!ありがたいことです。でも、チップは気持ちまで有料化するような気がするし、サービスは無料だと思っている日本人には馴染まない考え。それなら最初から入れて欲しい!もともとチップというのは、アメリカで広まった制度なのにそれがじわじわと世界中に浸透しつつあるのはどうかと思うのです。よく「チップ=感謝の気持ち」と言われていますが、実際は「チップ=施しの気持ち」なのです。アメリカでチップが根付いている理由は、レストランのウェイトレスやタクシードライバーなどの労働者が低賃金で働いているから。貧富の差が大きいんです。でも、それを言うと、日本のファミレスだって時給安いし、それだけで生活していけないと思うので、日本でもチップが必要なような気もする。ただ世界的な常識で見ると、お会計で1円単位でもきっちりと受け取り、しかもさもしいと思われない日本が珍しいようにも思えます。「1円を笑うものは1円に泣く」ということわざもありますしね。それでも日本にいるときは、みんな頑張っているし、サービスも気持ちよく受けられるので、思わずチップをあげたくなることが多々ありました。

チップに反対する理由は、経営者が従業員に十分な賃金を支払う義務があると思うからでもあります。雇用体制や社会保険が確立していないインドネシアでは難しいことなのかも知れませんが、バリ人の給料は物価の差を考慮しても驚くほど安いのです。だから欧米人たちが哀れに思ってチップを弾むのも理解はできます。以前に日本人観光客が「外人がいっぱいチップ渡していくから、簡単にお金をもらえることを知ってバリ人が甘やかされるんだ。」と言ったのを聞きました。そのときは、バリ人と働いていた立場上、なんて傲慢なことを言う人なんだろうって思ったことを覚えています。昔はお金がなくても食べていけたバリですが、今はお金がなければ生きていけません。お金さえあればたいていのことは解決ができるんです。いくら貧乏旅行でもローカルとの生活水準は雲泥の差。これでは外国人=お金と思われても仕方がありません。何年間住んでいても、インドネシア語が話せても、たとえバリ人と結婚したとしても、外国人はやっぱりお金持ちだと思われるし、バリ人と同じ扱いは受けられないのが現実なんです。

さて、チップが反対な最後の理由は、あげないとケチとか、意地悪だと思われるかも知れないから。あげる人が増えれば増えるほどそういう風に思われるのは避けられません。過去にこんな経験がありました。田舎の知人の村に行ったとき、家の人にお使いを頼んだことがあるんです。その後、チップのつもりでちょっと渡したら何と同じものをまた買ってきた!こういう素朴な人にこそチップをあげたいもの。チップは貰えたらラッキーと思われるほうがよっぽど気楽で、渡しがいがあります。

長々と書いてしまいましたが、これはあくまでもイブウブ子の個人的な意見なので、異論があればお許しを。チップは渡さない主義だと公言できる人が羨ましいですが、お互い気分がよくなるために渡すのは知恵でもあります(お金で人の心は買えないってウソ?)。でも、密かに気になっているんです。日本人の皆さんのどれくらいがチップを払うのかなと。

すでに刈り入れ済みですが、プネスタンの田園風景
P4210359.jpg

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓
banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. Re: チップはあげますか?

    はい、あげます。

    確かにバリには元々チップの習慣はないでしょう。
    それにホテル、レストラン等ではサービス料で10%とか払いますよね。
    だから払う必要がないと言えばそうだとも思います。

    僕の場合はルームサービス、ベルボーイなどでは
    目安として5,000Rp程度は渡しています。
    たかだか50円ですもん、というと、
    上から目線と捉えられるかもしれません。

    またカーチャーター等で1日お世話になれば、それ以上に差し上げることもあります。

    要は渡す側の気持ちの問題じゃないですか?
    無理にあげる必要もないわけで、
    あげよう、と思えばあげればいいと思いますよ。

    でも、そのチップがでバリの人の生活に役立つのであれば、
    それはそれでいいと思います。
    何も深く考えることはないのではないかな・・・。


  2. ω

    Re: チップはあげますか?

    私も『はい&いいえ』です!

    基本的には、値段以上のサービスをしてもらったなと感じた時(実質のサービスじゃなくて気持ち的にも)、感謝の気持ちを示す手段として、チップを渡しています。

    一度、空港からタクシーに乗ったとき、とても感じの悪かった運転手が、降りる時、後ろのトランクを開けずに、チップを要求してきました。
    最初断りましたが、荷物を出せず、仕方なく5000RP払いましたが、それでも納得していないようで、しつこく言われ、嫌な思いをしたことがあります。

    そんな形で、チップが浸透してしまうと困りますよね・・・

  3. Naga

    Re: チップはあげますか?

    チップは渡したり渡さなかったりです。

    レストランやスパではサービス料金が含まれていますが、とても気持ちいいサービスしてくれたりがあるとチップとして渡します。

    バリ人のドライバーと観光した時、彼が観光地の案内人や受付など地元の村の人にチップ(袖の下みたい?)を渡してることがありました。
    スムーズに仕事をしたりサービスを受ける為の習慣だと聞きましたが、ドライバーさんにはチャーター代の他にチップを渡しました。

    長期滞在中は、財布にある時は出す!ないならナイ!で済ませてました(笑)
    貰うのが普通と思ってる人もいるようで、渡さなかったりするとケチ!と言われたり愛想悪くされたり・・
    なんてこともありましたが、あまり気にしませんでした(笑)

  4. イブウブ子

    うーたろうさんへ

    確かに言われるとおり、気持ちが大事だと思います。払いたい人はホテルでもレストランでもサービス料金以上に出してもいいと思います。でも払わないからと言って肩身の狭い思いはしたくないけど、イブウブ子の場合は良心が痛むっていうか、どうしても悪いって思っちゃうんです。

    5000ルピアは全然OKだと思いますよ!現地の人が持ち帰り用のランチを食べられますから。物価は日本の4分の1くらいと思っているので、5000ルピアは200円ほど=$2の計算です。ただ、おつりで残すのはいいとして、手渡しで1000ルピアとかはちょっと・・・って思います。それならあげないほうが自分の名誉のためかも!

  5. イブウブ子

    ωさんへ

    私もチップをせがまれたことがありますよ!そのときは言われなくても義理で渡そうって用意していたのに、ゲンナリでした。人間お金に汚くなってはいけませんね。

    長い間生活していると、満足して渡すこともありますが、正直義理であげるってこと、多いです。それはそれで喜んでもらえるけど。

  6. イブウブ子

    Nagaさんへ

    確かに旅行者として来ていたときと、長期滞在者としてでは、懐具合がかなり違う!(笑)。さらに無職の身ではどうしてもシビアになってしまうのはいたしかたがないかな。自慢じゃないけど、昔2万円チップであげたこともある!もう絶対しないけど。

    バリ人は観光客を連れて村とかを回るときはかならず5000ルピアとかを渡していますよ。これは観光客が知っているのか分かりませんが、それでもツアー後にチップをあげていなかった人たちもいました。まあ、それも料金に含まれていたと言えばそれまでかも知れませんが・・・。

    バリ人って、バリ人同士だとお金の話とかあまりしないけど、観光客相手になるとプライドもなく自分の給料の話とか、家族を養う苦労とか、始める人がたまにいます。そういうのは、いかにも同情を誘うようで嫌いだな。こういう言い方はよくないかも知れないけど、観光客と仲良くなるにつれて貧富の差をより実感してしまって、もっと貪欲になってしまう。楽に儲けることを考えたりする人も多いです。

    チップは毎回義務のように払おうと思うと、1日3万とか5万ルピアで生活していけませんよね。払うときもあればそうじゃないときもあっていいのかなって思うようにしています。

  7. ANNY

    Re: チップはあげますか?

    私も「はい&いいえ」です。

    同じレストランへ2日続けて行った時にサービスでフルーツが出てきたり
    エレベーターが無いホテルで、とても重たいスーツケースを運んでもらったり
    その他、自分にとって細かい気遣いを感じた場合は
    ジュースが飲める位、もしくはタバコが買える程度を渡しています。
    渡し方もスマートに・・・とか難しい問題です。
    最近は さり気なく渡す事にも慣れてきたつもりではありますが・・・。

    ただ本来バリにチップの習慣が無かった事を考えると、
    どうしても気になるのが受け取る側の気持ちです。
    そもそもバリの人達はチップと言うモノについて、どう考えているのでしょうか。
    もちろん、貰えないより貰える方が嬉しいのだろうけど
    喜んで欲しいと思う気持ちが通じた=チップ
    と考えてくれているのなら 渡した甲斐もあるってモノなのですけど。

    出来るだけ感謝の気持ちは言葉でも伝える様にしていますが、
    以前出合った人が小額のチップにも関わらず、
    とっても喜んで大事そうにポケットへしまう姿が忘れられません。
    いつまでもそう言うバリであって欲しいと思ってしまうのは観光客のエゴなのでしょうか。

  8. Re: チップはあげますか?

    あげたりあげなかったりです。
    プラスαのことをしてもらったらあげるつもりですが タイミングを逃してしまうことはあります。
    イブウブコさんに質問ですが 私たち旅行者はときどき バリで働く日本人になみなみならぬお世話になることがあります。感謝の気持ちを表したいのですが 日本人に1万2万ルピアのチップを渡したら 逆に失礼なのかなぁとか いろいろ悩んで結局何もできずに終わってしまいます。チップの習慣がない国に生活していると タイミングも悪いし相場もよくわかりません。 1万ルピアとか渡しても失礼じゃないでしょうか?

  9. イブウブ子

    ANNYさんへ

    スーツケースに関しては、ウブドにはまだまだエレベータやカートがないホテルも多いので、肉体的な負担を考慮するとチップをあげるのが相当かなって思います。

    チップについては、おそらく期待度は半分くらいだろうと思います。100%貰えるとは思っていないはず。ただ、チップをくれたお客さんのことはずっと覚えていますし、すごく感謝していると思います。ただ、感謝の表しとか、自分への評価というより、くれた人のことを「優しい人、とか良い人」って思うことが多いかな。

  10. イブウブ子

    Re: Re: チップはあげますか?

    タイミングを逃すこと、よく分かります。今でもそういうことありますもん。マッサージとかでも終わった後にセラピストの子が別のところに行っちゃったり、裸の状態でバッグもロッカーで払えなかったり・・・。レジで残してもいいんだけど、やっぱり手渡ししたいし、レジの子が渡さなかったらどうしようとか思ったりして、渡しそびれることはあります。

    日本人へのチップ・・・その人の役職にも寄りますが、個人的には不要かなって思っています。イブウブ子も一回も期待したことはありませんし、おそらく誰も期待していないのでは?内容にも寄りますが、日本人が日本人に1~2万ルピア渡す必要はないでしょう。イブウブ子の場合、いろいろとお世話をして特に感謝されたときは日本円で3000円とか5000円をお年玉のようにいただきました。

    ただ、関係者でもなく、別のホテルに泊まっているお客さんで部屋を見たいって言う人がけっこういるのですが、案内した後に1万ルピアもらったときはちょっと感激しました。こういう場合はもちろんチップはなくてもいいのですが、素直に嬉しかったです。

  11. ERIC

    Re: チップはあげますか?

    無記名で投稿してしまい申し訳ありせんでした。1万でも感激してくださるのはホットしました。
    でも イブウブコさんよりもうちょっと年が上だったりするとどうなんでしょうかね。
    チップって 相手の年齢やこっちの年齢や経済力の関係もありますよね。
    参考になりました ありがとうございました

  12. イブウブ子

    ERICさんへ

    そうですね。日本人の場合、いろいろしてもらった御礼に1万ルピアっていうのはちょっと寂しいような感じもするし、もらったほうも?って思うかも知れないから、それなら気持ちを伝えるだけのほうがスマートなのでは?バリ人の場合は内容にも寄りますが、イブウブ子はあげないときもあるし、5000ルピアのときもあるし、5万ルピアのときもあります。日本人同士はチップとかあまり考えないでも大丈夫だと思いますよ。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/694-ffc89d45
この記事へのトラックバック