感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

2009年05月24日 12:45

昨日は、プロフィールにも書いたようにお財布事件がありましたが、山本寛斎プロデュースの「いのちの祭り」に行ってきました。場所はジンバランのGWK(ガルーダ・ウィシュヌ・クンチャナ・カルチュラルパーク)でした。この公園、以前に観光も兼ねて2回ほど行ったことがありますが、ウブドからはとにかく遠いです。車で1時間半くらいかかります。そして同じバリでもここら辺とウブドとでは、景色も全く違います。ジンバランはカリフォルニアにそっくり。GWKの丘から眺める湾はサンディエゴを思い出させます。

poster_bali.jpg

これは日本とインドネシアの国交50周年を記念してのイベントで、多くのスポンサーの援助により、無料で開催されているもの。山本寛斎のHPからの情報によると・・・

【演出プロローグ】
入場する観客を出迎えるのは、世界最大級の巨大火柱。
松明隊、火梵天隊が続々登場、更には崖が燃え上がる?!
大自然バリ島・石切り場を舞台に繰り広げられる、野外ならではの激しい炎の演出。
フィナーレには、両国を表す龍虎の熱気球が空を舞い、
更には観客によって、強烈な量の紙風船が天高く放たれる!!
いまだかつてこんな夜空を見たことがあるか!?

総勢1000名を超えるインドネシアの人々、そして観客と共に創り上げる原始の火祭り。
日本の祭りとバリ舞踏、和太鼓の等々力とガムランの響き・・・
国境を越えた両国の美と魂の激しい交流の炎が、バリの夜空を赤く染め上げる・・

山本寛斎はもちろん、インドネシアの有名な歌姫、アグネス・モニカも来る!らしく、とにかくすごいイベントとのことで、楽しみにしていました。

切り崩したような石の崖が特徴的なGWK
P5230205.jpg

大きなイベントやコンサートがよくここで開催されます。でも、昼間は死ぬほど暑い!

いらっしゃいませ~♪
P5230211.jpg

ちゃんと座席が用意されていて良かった!しかもメインスポンサーのポカリスウェット付き。

観客席も満席
P5230212.jpg

日本人の在住者、そしてインドネシア人の若いカップルなどが大半でした。でもJTBのバスもあったので、日本からのツアーもあったのかな?イブウブ子たちは一番端っこの自由席だったのですが、おそらく中央付近の指定席にいたのかも知れません。

そして元首相の福田さんの挨拶
P5230220.jpg

ちょっとかみ過ぎで日本語が下手に聞こえましたが(笑)、ここはバリ。何でもバグース!です。

山本寛斎も、行くぞー!
P5230223.jpg

イベントの開催前から、中央席の手前で指図していたので、まさかこんな近くで見られるとは!けっこうノリノリ♪の元気な方でした。アーティストやデザイナーはそうじゃないとやっていられない!?

まずは太鼓でスタート
P5230217.jpg

すべて女性です。

戦国時代のようなプロローグ
P5230231.jpg

音楽と太鼓と炎をバックグラウンドに、ドキドキ感が高まります!

虎と龍の登場!
P5230236.jpg

ちょっとチャイニーズ風?白虎と青龍じゃないけど、高校時代の運動会の出し物を思い出させます。でも、ここは山本寛斎、規模が違う!

虎と龍の戦いです
P5230242.jpg

騎馬戦みたいで、また運動会を思い出しちゃった(笑)。でも、このイベントの要でもある、炎。火の力のすごさを見せ付けられました。遠くからも感じるほどの炎の熱、そして赤い色。まさに情熱という言葉がぴったりです。バリの人たちもお御輿には慣れています。こっちのお葬式も、オゴオゴもお御輿みたいのを大人数で運びながら歩きます。日本人も祭りが好きですが、その精神はバリ人も決して負けていない!

ガムラン演奏も目の前で
P5230250.jpg

ウブドでも聴き慣れているガムランですが、改めて聴いてみると美しい音色♪そういえば、観光客時代はどんな小さなことでもすべて新鮮に感じていましたが、2年も住んでいるとその感動がなくなってきました。ちょっと悲しいかも。今の環境も当たり前になってしまわないようにしたいです。

照明もすごい
P5230257.jpg

お待たせ!アグネスちゃんの登場
P5230258.jpg

ちょっと着物っぽいけどバリの衣装?
P5230253.jpg

多分、山本寛斎オリジナルのデザインだと思います。テレビや広告で見たことはありますが、歌を聴いたのは初めて。かわいいだけじゃなくて、歌唱力もかなりのものです。鳥肌が立つほどすっごく上手だった!

さて、最後の見せどころ!
P5230263.jpg

一瞬、くまのプーさんのTigerかと間違えてしまいましたが、さっき登場した虎と龍の気球のようです。

がんばれ!
P5230264.jpg

あと少し!
P5230265.jpg

おぉ~!
P5230267.jpg

これ、かなり大きくて、しかも周りは岩と炎に囲まれていたので、飛ぶまでにかなり時間がかかりました。穴が開いたり、燃えちゃって飛ばなかったらどうしようかと、冷や冷やしました。

子供たちを乗せて飛びました。
P5230278.jpg

ここで乗せてもらった子は一生思い出に残るだろうな。最後はタイとかでもよく見られる、炎で飛ぶ小さな凧も登場して、幻想的なフィナーレになりました。

P5230283.jpg

今比べてみたら、まさしく最初のポスターの画像と同じ感じでした。久しぶりに感動を味わうことができました。このイベントに行って、本当に良かったです。ちなみにこのショー、かなりお金かけています。山本寛斎じゃなければやり遂げれないでしょう。2016年の東京オリンピックの応援イベントも手がけているらしいです。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓
banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. frangipani

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    お久しぶりです(=^・・^=)

    こないだ、お昼の
    ごきげんようで、山本寛斎が出てて
    Baliで大きなイベントをするとは
    言ってました。見てみたい、いや
    Baliに行きた~い!!

    と胸騒ぎ

    が。。。

    子供を出産してしまったので
    当分行けません(泣)

  2. kumi

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    すごいっ!!
    光や火の演出もスゴイし、規模がはんぱなくデカイですね~★
    さすが山本寛斎!!!!
    場所も神秘的な感じがする崖だし、ほんとめったに見る事ができなそう。うらやましい!!

    しかしなぜ福田さんが(笑)


    お財布無事でよかったですね♪
    その状況だったら最近物騒な日本でもあり得ないかも(汗)
    ほんと『神様ありがとう☆』ですね。


  3. マリリン

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    写真で見ると、虎も龍も可愛く見えますね。確かに名門中部高校の運動会を連想させます。玄武 朱雀青龍 白虎と四色に分かれて真剣に戦ったあの頃がなつかしいです。特に3年男子の伝統をかけた「百足競走」なんて見ていて涙が出ました!!!東京の運動会は赤白の二色で戦うと聞いていますが、地方によっても運動会は違うのでしょうか。山本寛斎さんは、年をとってからの方が素敵だと思います。お祭り大好き人間の私としても、見てみたかった~

  4. まるこ

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    ステキなイベントに参加できてよかったですね。

    でも、なんで龍と虎? 私的には、龍と鳳凰にしてほしいな~。

    あるいは、獅子舞とバロンダンスの競演なんてどう?

     

  5. mamarin

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    はじめておじゃまします。
    こんなビックイベントがあったんですね?!
    ヌサドゥアのホテルで毎朝食時に寛斎さん見かけました。
    24日には福田康夫さんエレベーターでばったり!
    いのちの祭り知っていたらみたかったなぁ。
    残念!!

  6. イブウブ子

    frangipaniさんへ

    日本でも宣伝していたのですね!バリでの宣伝はそこまでじゃなかったみたいでした。ぜひ次回はお子様と!紫外線にはくれぐれも注意が必要ですが。。。

  7. イブウブ子

    kumiさんへ

    イベントは行って良かった!ウブドではこのスケールは不可能。福田さんは日本とインドネシアの国交大使?か、代表みたいでした。よく分かりませんが。お財布は本当に感謝☆

  8. イブウブ子

    マリリンさんへ

    顔はたしかにかわいかった!運動会の違いはよく分かりませんが、日本だけの行事みたいですね。

  9. イブウブ子

    まるこさんへ

    それかガルーダでもいいかも!獅子舞とバロンは本当似ていますよね。やっぱりアジアの文化はどこかでつながっているのでしょう。欧米人にとってはバリはエキゾチックな南の島でしかありませんが、日本人にとってバリはどこか懐かしい、故郷のような場所なのも理解できます。

  10. イブウブ子

    mamarinさんへ

    へぇ!ヌサドゥアのホテルにいらっしゃんたんですね。ホテルでポスターとか貼ったりしなかったのかしら?もったいない!

  11. まるこ再び

    Re: 感動した!@いのちの祭り by 山本寛斎

    イブウブ子さんへ

    そうですね!
    天では龍(あるいは鳳凰)とガルーダ、地では獅子とバロン。
    まさに、日本・インドネシア友好の図?!

  12. イブウブ子

    まるこ再び

    このイベントのアシスタントをしていた知り合いがいるのですが、いまだに感動が忘れられないようで、しばらく何も手につかないそうです。観ていただけでこれだけ感激したのだから、関わった人たちはなおさらなんですね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/714-e66b7566
この記事へのトラックバック