マンゴージャムとカップヌードル

2009年06月08日 14:01

今日は普段食べているものをちょっと紹介してみようと思います。

まず、最近はまっているのが、Bali Asliというローカルメーカーが作っているマンゴージャム。ビンタンマーケットでもデルタ・デワタでも売っていますが、他の商品と比べると若干高めです。たしか、Kou Cuisine(石鹸のKOUと同系列のショップでモンキーフォレスト通りにある)のジャムもここのOEMだと思います。なぜかイチゴジャムはとっても高級なので諦め、マンゴーも好きなのでマンゴーを買ってみました。

Bali Asli Mango Jam
P5200168.jpg

こんな感じ!
P6070438.jpg

ちなみに食パンはカキアンの食パンです。もうここで食パンを買ったら、スーパーのは食べられません。ってくらい、美味いんです。いつも5切れに切ってもらうんですが、切る人によってサイズがまちまち。5切れと言っているのに、何を間違えたか5つ切り目を入れているため、たまに6切れになってしまっていることもあります。だからこの前は4切れって言ってみたら、そういうときに限って4切れジャストでした(笑)。

そしてもう一つは、あまりヘルシーじゃないけどカップヌードル。一番お気に入りはPop Mieのラサアヤムスペシャルです。すべてと比較したわけじゃないけど、食べた中で一番おいしいし、満足感があります。

にわとりのイラストが目印!
P5150103.jpg

さすがにこれだけじゃ少量なので、パンをスープにつけて食べたり、生卵を入れたりして食べています。あっ、バリで生卵ってNG?って思うかも知れませんが、一応その上から熱湯をかけているので、白身が固まる半熟程度です。

P5150105.jpg

さすがに、卵ご飯は勇気がなくてできませんが、これならいいかって勝手に決めて食べています。今のところ、健康に問題はありません。

実はイブウブ子、中学生になるまで一度もカップラーメンやインスタントの食事を食べたことがなくて(お嬢じゃないよ!)、そのせいか、大人になっても数えるくらいしか食べたことがありません。なので、バリで初めてのカップヌードルデビュー♪栄養が偏るので癖にならぬように気をつけます。今のところ、雨のときの保存食として食べています。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. Re: マンゴージャムとカップヌードル

    こんばんは。

    マンゴージャム美味しそうです(^.^)。
    日本ではお目にかかることのない、バリならではの素材ですね。
    瓶のパッケージもごく普通のデザインなのがまた良し、です。

    Kou Cuisineが食品製造しているとは思えなかったから、
    OEM供給を受けていること納得です。

    ところで製造元のBali Asliって、
    ひょっとしてサンバルも造ってませんか?

  2. しろえび

    Re: マンゴージャムとカップヌードル

     お久しぶりです。我が家の2009年バリ旅行も無事終わりました。・・もう、また戻りたいです!!
     bali asliのジャム、マンゴーや、アップルバター等、美味しそうな種類がそろってました。ただし、瓶の重さに、今回は持ち帰りは、断念しました。kouのは小さめですかね?
     以前、bali asliの石鹸は買った事があります。ウブドのララサティー・アロマテラピーというお店に置いてありました。何処かに直営のお店があるそうですが、ご存知ですか?bali asliは、スパイスや、バス用品が色々あるようなので、見てみたいです。
     少し余談ですが、今回スパ用品を扱っている、ウタマスパイスに行ってきました。とにかく、香りが良くて、バス用品を買い込んできました。また、行きたい候補です。

  3. バリ・キチ爺ちゃん

    Re: マンゴージャムとカップヌードル

    ウブ子様
                            バリ・キチ爺ちゃん
     イチゴジャムの値段が高いのは、温暖ばかりの国では材料のイチゴの実が出来ない
    からです。
    材料は、多分ニュージーランドからの輸入ではありませんか?
    今年の収穫が終わり、来年のために伸びて来る蔓に芽生える新芽に冬を体験させぬと
    実は出来ません。
    この芽を育てると決めたら、切り取って低温庫に入れ冬を体験させるのです。
    昔の台湾にもこの技術が無く、手土産にイチゴを持参すると、現地の人達は大喜びでした。 今は低温処理の技術を確立し、春先にはあちらこちらの畑に「観光草苺園」の看板が立って
    います。 日本と同じです。
    スラバヤに知恵者がおり、イチゴで儲けようと考えました。 苗の低温処理の話を
    しましたが、理解には至りませんでした。 冬を知らないのです。
    ジャカルタの東に高冷地プンチャック峠があります。
    日本から来た農業専門家が、白菜・ごぼう・山芋・茸類など北方系の野菜を栽培し、
    ジャカルタの日本食品店に出荷しています。 もうイチゴも出来ていないかな?
    ジャカルタには15,000人の日本人がいるので商売になるのです。
    岸和田城(正確には隣接する岸城神社神殿)のバリ・ダンス見学に家内と出掛けました。
    今流行のおば様カルチャー教室発表会のレベルでした。先生はインドネシアの男でしたが、
    バリの本物を知っていると、「もうやめて!」の感じでしたよ。 ハワイ・フラダンス教室・スペイン・フラメンコ教室と同じような事でしょうか?
    パソコンの不調でイライラと思います。
    ではお元気に!

  4. Naga

    Re: マンゴージャムとカップヌードル

    そーいえば、確かに本物の(?)イチゴジャムは高いですねー。(イチゴシロップ味のは安いですが・・)

    以前、バリ人の友達にブドゥグルのお土産にイチゴを貰いましたが、「あ~30年位前の日本のイチゴって、こんな感じのが多かったかも?」と思ったことがあります。
    小粒のイチゴに、牛乳に砂糖を入れて潰して食べた記憶が・・知りませんか?

    もっと甘くて大きいイチゴもあるのかしら??

     

  5. イブウブ子

    うーたろうさんへ

    Bali Asliはいろいろな商品を出しています。サンバルは出しているか分かりませんが、石鹸とか、エコな洗剤とか、スパイスとかがあります。

    パッケージ、これでもこっちではかっこいいほうじゃないかな?自然派の製品の会社なので、シンプルなものが合っていますね。

  6. イブウブ子

    しろえびさんへ

    ワカ・デ・ウマはいかがでしたか?田んぼに面したこじんまりしたホテルなので、のんびりできたことだと思います。ララサティ、聞いたことあります。でも、まだ行ったことありません。KOUのジャムは若干小さめだったかとは思いますが、はっきり覚えていません。今度チェックしてみます!ウタマスパイスは行ったことありますよ。石鹸とお香を使ってみました。虫除けもレモングラスの香りで◎でした。ナチュラルな素材を使っているので、環境にも体にも良さそうですね。

  7. イブウブ子

    バリ・キチ爺ちゃんへ

    バリ舞踊はこっちで見ているとみんな上手で簡単そうですが、実際はとても難しいと思います。それを習う勇気があるだけで、拍手!イブウブ子はこっちに住んでいると、特に土地柄(プリアタン)なのか、ムナリを習っているのか?ってよく聞かれます。

    イチゴは、バリでも北の涼しいブドゥグルっていう地方で作っています。でも、小粒ですっぱい!こっちの人はこれがイチゴの味って思っているのだろうけど、日本のおいしいイチゴを知っているイブウブ子はいくら安くてもあまり買う気にはならないのです。ジャムだったら砂糖を大量に加えて作れそうですが。

    日本の農業技術は世界に勝るものがあると信じています。アジアの途上国で、日本の企業やNGOが指導したりしているのも納得できます。バリでもできないかな・・・?

  8. しろえび

    Re2: マンゴージャムとカップヌードル

    ワカ・デ・ウマは、噂どおりのナチュラル感が心地よいホテルでした。ファミリーヴィラに泊まり、2階からの景色が素朴で良かったです。朝食がとても美味しかったです。 
     ウタマスパイス、行かれたんですね!
    うちは、リキッドソープやボディーローション等買いました。娘が、<スィートスパイス>という香りに魅せられてしまい、毎日使ってますよ。

  9. イブウブ子

    しろえびさんへ

    ワカ・デ・ウマはナチュラルな感じが好きです。イブウブ子もいつか泊まってみたい!ヨガのスタジオもあって、素敵でした。ウタマ・スパイス、また近日中に行こうかな。最近、人気ですね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/728-fd151b98
この記事へのトラックバック