パダン料理@Sanak

2009年06月18日 20:39

最近よくパダン料理を食べます。バリ人がやっているナシチャンプル屋は何しろ店じまいが早い!基本的に早朝7時くらいから売り切れる午後4時くらいまでが営業時間なのです。だからナシチャンプルは日中しか食べることができない、ある意味貴重なお食事。それに比べ、スマトラ系のパダン料理は真夜中(遅いところで2時くらい)まで営業しているので、夜はもっぱらこちらのお世話になります。

正直味は濃いし辛いし、揚げ物多いし、あまり好きではありません。でも、便利だし、とにかく安い(Rp.10000-15000)ので、ついつい食べてしまいます。

今回行ったのはハノマン通りにあるSANAK
P5310325.jpg

初めてなのですが、ロケーションが良いのでおそらく観光客には一番行きやすいかも知れません。

ずらっと並ぶ具たち
P5310327.jpg

中にはちょっとグロテスクなものもあったりしますが、食べたいものを選んで入れてもらうので食べる必要はありません。バリ人の場合、具は1つか2つが普通なのですが、イブウブ子は慣れていないときは5つくらい選んでいました!もちろん5つも選ぶと値段もポーンと跳ね上がります!案外ボリュームがあって高カロリーなので、今は2つで十分です。

お店で食べることも可能
P5310328.jpg

最近リノベーションされたので、店内は清潔で明るいです。でも、ブンクス(持ち帰り)が主流かな。イブウブ子もいつもお持ち帰りです。

中身はこんな感じ
P5080662.jpg

犬の残飯みたいで、あまり見た目はよろしくないけれど、空腹時に食べたらすっごくおいしく感じます。ちなみにこれはツナとテンペ入り。野菜とご飯とスープは通常付いてきます。今までパダン料理といえば、太るイメージがあったのですが、揚げ物じゃない具を選ぶようにして、ご飯も少なめ(軽く1スクープのみ)にしてもらえばそんなに悪くもないかも?って思うようになりました。ツナは揚げ物じゃないのでお気に入りです。でも、場所によって当たり外れが!

冒険したい人、ぜひパダン料理に挑戦してみては?

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/738-aff82f6d
    この記事へのトラックバック