魚入りのナシチャンプルが食べられるワルン@Tebesaya

2009年07月21日 16:22

最近、お持ち帰り(ブンクス)が多い・・・。日本でも一人暮らししていたら、夜は毎日コンビニ弁当食べる生活していたので、同じような感覚といってもいいかも知れません。こっちのワルンは味はそこそこおいしいけれど、残念ながらそこで食べたいとは思わないのです。これは基本的にバリ人の食文化を語っていると思うのですが、こっちでは食べ物にはあまりこだわらない、お腹がいっぱいなればそれでよし、という考え方が一般的です。家族でも一家全員で食卓を囲むことはなく、朝に作り置きした料理を各自食べたいときに台所に行って食べるという感じ。薄暗い台所で一人でもくもくと食べるのが普通だったりします。

パダン料理はかなり詳しくなったのですが、毎日パダンを食べるわけにもいかないので、ローカルのワルンもいろいろ探してみました。するとトゥブサヤ地区やJl.Sugriwaに小さなワルンが多いことを発見☆少しずつレパートリーを増やしながら、開拓に臨んでいます!

今日紹介するのは、ウブドでは珍しい魚入りナシチャンプルが食べられるお店。
P6290667.jpg

アデおばちゃんのワルンです。
P6290669.jpg

この地域には安宿が比較的多いこともあるのか、ウブド中心部とは違うローカルっぽい雰囲気を残しつつも観光客にも比較的開かれている印象を受けました。たとえば、プリアタンあたりのローカルワルンだと外国人はほとんどいないので、不思議な目で見られがちですが、トゥブサヤの人たちはフレンドリーで外国人も受け入れてくれる。

前にも書いたけれど、ナシ・チャンプルが食べられるワルンって夕方くらいに閉まるのが一般的なので、これは意外な発見でした。それにここはミーゴレン、ナシゴレン、チャップチャイなどの料理も作ってくれます。朝は8時くらいから夜10時までやっているそうです。

これでRp.7000
P6290668.jpg

パダン料理の魚ってツナ以外は食べる気がしないのですが、この魚は日本人にも比較的馴染みやすい味付けがしてあるので、食べやすいと思いました。イワシっぽい味だったような・・・魚だけじゃなくてチキンもちょっと入っています。そして店頭には果物が並んでいて、フレッシュジュースやエス・テレールも飲めるんです。

味ももちろんおいしかったのですが、ここのいいところはいいお母さんって感じのアデおばちゃん。まるで自分の子供を見るようにかわいがってくれる。ファンになっちゃって、よく行くのですが、持ち帰りって言うと「あれ?今日はここで食べないの?持ち帰り、ね。他には?ご飯だけ?」みたいな感じで気さくに話しかけてくれるのが何気に嬉しかったりします。まだバリ人とよくコミュニケーションが取れないイブウブ子でも偏見なく話してくれます。

人懐っこい性格で写真も自分から撮って!というほど。ブログをやっていることを言うと、ぜひ宣伝してね!と念を押されました(笑)。場所はジャズ・カフェから数十メートル南に行った左側です。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/766-dcbabd47
    この記事へのトラックバック