美術館めぐり@Antonio Blanco

2009年10月19日 22:24

ウブドといえば芸術の村。バリ舞踊や絵画、ガムランなど、古くから伝わる芸術が根付いています。ウブドに住んで2年半以上になりますが、バリ舞踊や美術館は年々値上げされており、決して払えない金額じゃないのですが、特にバリ舞踊は気軽に見られるものではなくなってしまいました。

さて、ウブドには有名な美術館が4つあります。そのうち、行ったことがないのが「アントニオ・ブランコ美術館」と「プリ・ルキサン美術館」。以前、友人に「アントニオ・ブランコはちょっと変わっていて絶対オススメ!」と聞いていたので、ひそかにいつか行ってみたいな、と思っていたのです。ちなみに4つの中で一番ウブドの中心地に近いのはプリ・ルキサンです。買い物ついでに気軽に歩いて行けるので、交通手段がない人には便利です。

日本に帰る前にとうとう「アントニオ・ブランコ美術館」に行ってきました。

P9290509.jpg

場所はチャンプアン橋を渡って少し行った坂の上、プネスタナンへの坂よりも手前です。

P9290510.jpg

手前に置いてあるイエローのドリンクはウェルカムドリンクです。

丘の上にあるので、見晴らしもよく、お庭もきれいに整備されていました。
P9290513.jpg

オウムや七面鳥もいた!
P9290519.jpg

オウムは肩や腕に乗せて一緒に写真撮影ができます。といっても、怪しいビジネスじゃなく、自分のカメラを使ってお兄さんに撮ってもらえて、もちろん無料です。

美術館の入り口
P9290517.jpg

石彫りの龍がすばらしい
P9290518.jpg

美術館の中は写真撮影が禁止だったので、ここから先は実際に行って確かめてください。面白いのは、アントニオ・ブランコはフィリピン生まれのスペイン人で当時誰も足を踏み入れようとしなかったウブドに来て、王宮の家族と親しくなったという背景。ここに展示されている油絵はバリの伝統的手法とはかけ離れており、ブランコ自身はニューヨークの学校でアートを学んだということ。そしてそのテーマは女性の胸や裸体が多いこと。ブランコはバリのダリとも言われているだけあって、かなり個性的な人間だったようです。マイケル・ジャクソンとも交流があり、一緒に撮った写真も別館に飾ってありました。そのときのスタッフの質問が面白かった!

アントニオ・ブランコはすでに亡くなっていますが、その意思を長男のマリオ・ブランコが引き継ぎ、世界中で活躍しているとのことです。残念ながらイブウブ子の訪問時はニューヨークに出張中だったのでお会いできませんでした。

バリの伝統的な絵画じゃないけれども、絵に興味がある人は十分楽しめると思います。興味がなくてもアントニオ・ブランコの世界に引き込まれることでしょう。

アントニオ・ブランコ美術館
開館9時~閉館5時(土日、祝休日を含む)
入場料:5万ルピア

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. Naga

    Re: 美術館めぐり@Antonio Blanco

    お邪魔しています^^
    私はバリで初めて行った美術館がこちらでした。
    確か、裸婦は彼の奥様だったような。
    額縁は彼と息子さんの作品と聞いた気がします。(間違っていたらスミマセン)
    コース的に?最後の方のカラクリっぽい絵画は、好みが別れるところですが、個人的には好きな美術館です♪
    それにしても、入場料は値上がりしてるんですね・・でも行く価値アリだと思います^^

  2. しろえび

    Re: 美術館めぐり@Antonio Blanco

    ここの美術館は2002年の旅行で行きました。
    建物も絵画も個性的で、驚きました。
     やはり奥様の絵が多く、(奥様は、レゴンダンサーだったそうですね。)バリの女性は素敵だな~と感じました。・・ブランコ氏の奥様に対する愛情なのですね。

     屋上に行かれましたか?360度広がる田園風景で、さらにウブドのファンになりました。
    屋上には、バリダンサーの大きい銅像??が、各所にあり、風景とのコラボがバリ気分を盛り上げてくれました。

     あ~、思い出すと、また早くバリに行きたいです。
    今度は、ビンタンスーパーとかの辺りにステイしてみたいな。お手頃な宿で、Beji Ubudというところがあるそうですがご存知ですか?
    情報があったら、教えてください。

  3. イブウブ子

    Nagaさんへ

    モデルのバリ人女性は彼の奥様だったのですね!?説明をよく見ていなかったのか、ずっと「昔のバリ人は今よりも解放的だったのか!?」と想像してました(笑)。確かに、ああいう思い切ったポーズはモデルにはできないかも・・・

    カラクリの作品は面白かったけど、それを淡々と説明するバリ人スタッフ(女性)のほうが驚いた!

  4. イブウブ子

    しろえびさんへ

    お久しぶりです。

    屋上、行きました!そこからの景色は最高でした。残念ながらBeji Ubudは聞いたことないんです。でもおそらく新しく出来た渓谷ビューのプチホテル?だと思います。ネットでの評判を見ているとかなり良さそうですね!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/849-ce9b1a05
この記事へのトラックバック