バリに戻りました!

2009年11月12日 15:29

皆様、長いことブログをお休みしていましたが、昨晩ようやくウブドに無事戻りました。今回の帰国は1ヶ月程度と短いものでしたが、とても充実したものでした。まず、東京で生後4ヶ月の姪っ子と対面したのが嬉しかった♪正直、子供は苦手なイブウブ子ですが、血が繋がっている子はやっぱりかわいいですね。最初に会った瞬間から思わず抱きかかえてあやしてしまうんです。他人の赤ちゃんはびびって触れないのにこれには自分でもびっくり!泣きべそかく表情も面白くて(!)、泣いているのに笑っちゃう・・・。泣いていてもかわいいのに笑うともう最高☆☆☆ 今度会うときには歩いているだろうな。

元気に育ってね!
PA300920.jpg

東京では友達に会ったり、久しぶりに六本木に夜遊びに行ったり!と楽しい時間を過ごしました。六本木は不景気と言われつつも、外資系の生き残りエリートたちは健在。ミッドタウンにあるバーは8割くらい外国人でした。昔は毎週六本木に出かけていたから、5年経った今でも何も変わっていない様子に懐かしさを覚えました。もちろん、新しいビルやお店が出来たり、人が入れ替わったりはしているのですが・・・。でも、あの頃のように怖いもの知らずで遊び呆けることができる自分はもういないのがちょっぴり淋しかった。東京は今でも魅力的な街で大好きなのに、またいつ気が変わって東京に住みたくなるか分からないけれども、もう自分の居場所はないと感じたのも事実。

そしてクライマックスはエーゲ海クルーズ!Costa Cruiseというイタリアの船に乗りました。いろんなクルーズ船がありますが、比較的カジュアルで価格もお手ごろなので初めての人にも向いています。個人で直接参加してもいいのですが、日本からはHIS主催のクルーズプラネット社の添乗員付き格安ツアーがおすすめです。正直、クルーズは初めてだし、大して期待もしていなかったのですが、これが本当に楽しかった!!前半は時差ぼけと船の揺れで睡魔に襲われて大変でしたが、後半からは体も慣れてきました。

Costa Fortuna
PB021074.jpg

イタリア、ギリシャ、クロアチアを旅してきましたが、個人的にはギリシャが気に入りました。イタリアはよく写真や映像で見たことがありましたが、その通りって感じ。ギリシャは写真で見る以上にすばらしい場所でした。人もイタリアと比べると素朴な感じで、町並みにも生活感があります。石田純一がプロポーズしたという、ミコノス島にも行きましたが、今度は泊まってゆっくり滞在してみたいと思う場所でした。ギリシャ屈指のリゾート地なので夏場はヨーロッパ各地から観光客が押し寄せるみたいです。クロアチアは魔女の宅急便の舞台となったドブロブニクという町に立ち寄りましたが、城壁に囲まれた古い雰囲気が素敵でした。

これから写真をまとめて旅行の様子をアップしていきますが、やっぱりヨーロッパでも南のほう、ギリシャが気に入る性分はバリ好きの方にも共通しているのでしょうか。ギリシャはユーロ加盟国ですが、地理的にはかなり南部、トルコと近い場所にあります。ヨーロッパも南に行くほど陽気な気質になると言われていますが、そういうところもバリと共通しているのかも。ちなみに男性はイタリア人が一番お洒落。スーツも似合うし、センスも抜群!ギリシャ人は骨太で、男っ気ムンムン。個人的にはギリシャ人が好みだなぁ。

クルーズ船のお客さんは大半がイタリア人、そしてフランス人やドイツ人でしたが、日本からも250人くらい参加していました。スタッフはマネージャクラスの人間はほとんどがイタリア人、バーやレストランスタッフ、お部屋の掃除係などはフィリピン人、インドネシア人、インド人、ペルーやブラジルの南米諸国出身者でした。日本人クルーもいましたが、今回思ったのはクルーズで働くのは並大抵のもんじゃないということ。朝から晩まで、しかも毎日同じ顔ぶれで、彼らは1日12~16時間働いているんです。寝る時間以外は勤務という感じで、故郷から遠く離れた土地でさぞかし苦労も多いのではと感じました。それにもかかわらず、いつも笑顔で最高のサービスでもてなしてくれる姿勢にはプロ意識が感じられ、接客業をかじったことのある身としては頭の下がる思いでした。ウェイターは一度もお料理を間違えず、正確に出してくるし、掃除係も早朝から晩まで汗を流して働いていました。それでもお客さんと直接触れる従業員は半分にも満たないらしく、裏方として働いているスタッフもいっぱいいます。フィリピン人やインド人が目立ったのは英語が話せるからで、インドネシア人はキッチンなど裏方が多いのかも知れません。それでも数人のバリ人を見かけたので、インドネシア語で話しかけたらすごく喜んでいました。やっぱりがんばっているバリ人を見ると嬉しくなっちゃいます。イブウブ子の知り合いにも何人かクルーズで働いているバリ人がいますが、本当に修行だろうなって思います。1年で戻ってくる人も少なくないですから・・・。

ではこれからしばらく、ヨーロッパネタをアップしていきますのでお楽しみに!

さよならベニス・・・
PB091845.jpg

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. しょうこ

    いーなー

    ヴェネツィアは行きたい所の一つなのー。

    いきたいいきたいいきたいいきたい!!!


    羨ましい・・・。

  2. Naga

    Re: バリに戻りました!

    ブログ更新、楽しみにしていました^^

    そういえば、ワルン8が17日に移転オープンだそうです。場所はプンゴセカン。
    在住の友人からの情報でした。

  3. GaNeza

    Re: バリに戻りました!

    ヨーロッパにもいかれてたんですんね。
    歴史的建造物がとても素敵な国がおおいですよね。

    ベニス…さすが水の都ですね。
    運河がきれいです。

  4. イブウブ子

    しょうこへ

    数時間しかいなかったけど、ベネチアは歴史があって古い街で素敵でした。イタリアは南北に長い国だからミラノ~ベネチア~ローマといろいろ訪ねるのもおもしろそう。ぜひ横浜からクルーズで行って来てね!(旦那さんと相談して・・・)

  5. イブウブ子

    Nagaさんへ

    お久しぶりです!そうなんですね。道理でずっと閉店していたんですね。情報ありがとうございますぅ。でもプンゴセカンのどの辺だろ?

  6. イブウブ子

    GaNezaさんへ

    運河はきれいですが、水はそんなにきれいじゃないようですよ。悪臭はなかったですが、雨が降ると洪水になったり、大変みたいです。それに最近では温暖化の影響で水位が上昇しているとかで、昔ながらの建築はどうなるのやら・・・。本当に水面すれすれに入り口があるんです。歴史ある街なので、何とかして残って欲しいものです。

  7. 爺ちゃん

    Re: バリに戻りました!

    ウブ子様
     無事のご帰還お慶び申し上げます。
    今回のクルージングはお婆ちゃんとお母さんを案内してと知り、何と孝行孫娘・孝行娘かと感心しております。
    普段が心配ばかり掛けているお詫びでしょうか? 失言ゴメン! それにしても長旅お疲れでした。 爺ちゃんが提言した欧州路線では握り飯2個/1人の用意は出来ていましたか?
    その後爺ちゃんはブログからyou tubeを検索し、Casa Artista Bali を探し出して楽しみました。  ありゃプロのデモンストレーションで上手ですわ!
    ADSL ではダウンロードが追いつかず、光ケーブルに変更準備中です。
    この他バリ料理の講習編も沢山あり、勉強が忙しくなりました。  では富山のお医者様の
    ご意見に心して健康に!!
    黒い雲の切れ目から薄日がさすかと思えば、みぞれが落ちて来る天候の富山の冬ですな。 
    弁当忘れても傘忘れるな!と気配りする北陸の出張でしたな。         草々 

  8. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    そんな親孝行っていうものじゃないけれど、確かに普段はみんなに心配ばかりかけているのはあっているかも・・・。

    おにぎりは出ませんでしたよ。もしや経費削減!?有料サービスでビジネスクラスの軽食が食べられるプログラムはありました。

    ヨーロッパはさすが素晴らしかった!!まだ未知の地域ですが、これからもっともっと世界に出て、いろんな場所を見てみたくなりました。バリは大好きですが、今回の旅で考えさせられることがあったので、今後の生き方も変わるかな。

  9. Naga

    Re: バリに戻りました!

    もう見つけている頃でしょうか?
    ワルン8は、元ブンブンカフェの3軒隣りだそうです。
    在住の友人からの情報でした^^

  10. イブウブ子

    Nagaさんへ

    は~い、もう見つけましたよ!ちょうどTOYOクリニックの隣にありました。もうオープンしているのかな?見たときはまだ途中って感じでした。家から近いのでぜひ行ってみます!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/857-6c083405
この記事へのトラックバック