三日月の島@サントリーニ

2009年11月18日 14:56

4日目は楽しみにしていたギリシャの小島巡り!船は朝早くにまずサントリーニ島に到着。6時間ほど自由行動があり、夕方にミコノス島に立ち寄ります。

この日は早起きして甲板をお散歩してみました。
PB041186.jpg

朝からデッキをジョギングする人たちがいたり、立派なカメラで船や景色を撮影する人たちがいたり、毎晩の夜遊び組がいれば、早朝組もいるんですね。でも早朝はやっぱり気持ちいい!すぐ近くの9階デッキで朝ごはんのビュッフェがあるので、軽く食べていよいよサントリーニに上陸です。

昔、理科で習ったような地層
PB051285.jpg

紀元前に海底火山が爆発して出来たと言われるだけあって、岩だけの乾燥した土地です。

港は浅くて近寄れないので、テンダーボートで移動します。
PB051287.jpg

ツアーのお客さんから優先的に下船できるんです。特にテンダーボートの場合は有利!

バス移動
PB051294.jpg

ずっと丘の上までバスで行きました。特に何もないけど絶景が広がっていました。

人懐っこい猫
PB051297.jpg

人気がない場所なのに、どうやって生きているんだろう?片目がつぶれていてかわいそうだったけど、愛嬌たっぷりで思わず「招き猫ダック~♪」を踊らせてしまった・・・。

我がコスタ・フォーチュナ号が見える!
PB051291.jpg

過去の主な産業は軽石の輸出
PB051307.jpg

岩をちょっと触るだけで、ぽろっと取れちゃいます。ところが島で採取できる量をすべて採りきってしまったらしく、現在は軽石は輸出できなくなったんだそう。それに代わる産業として、サントリーニ島でできる独自の葡萄を使ったワインを作るようになりました。

住宅街の路地を通り抜けた先にあるのは教会
PB051313.jpg

道が狭いので、バイクが便利
PB051324.jpg

島だからかも知れないけど、ギリシャ人はほぼ100%ノーヘルメットでした。バリでも最近は規制が厳しくなって、ほとんどみんなヘルメット着用しているのにこれにはちょっとびっくり!でもこの緩~い感じが好き。

早朝だと言うのに、家先まで愛猫スノーちゃんを見せに出てきた住民
PB051309.jpg

真っ白で美しい猫だったぁ。自慢したくなるのもよく分かる!

教会の鐘
PB051322.jpg

ガイドブックなどによくある青い屋根の教会
PB051328.jpg

キリスト教ですが、正確にはギリシャ正教会といってイタリアなどのカトリックとは若干違います。ギリシャはトルコに近いので、少なからず中東の建築の影響も受けやすかったのでは?ドーム型の屋根がイスラム教のモスクに似ています。

ワイナリーで休憩
PB051339.jpg

崖の上の絶景!
PB051350.jpg

コスタ・フォーチュナも見えますね。やっぱり船旅はロマンチック♪鉄道オタクはよく聞きますが、どうせならクルーズオタクのほうがカッコいい!大型高級クルーズ船は遠くから見ても存在感あります。近くで見るとますます迫力があって素敵♪

これからは町の中心部、観光客がよく集まるお土産ショップやホテルが多い場所に移動します。

崖に所狭しと並ぶホテルやレストラン
PB051358.jpg

別のクルーズ船も入港したようです。
PB051361.jpg

湾の中で悠々と旋回する大型クルーズ船はまさしく海のロマン!

階段の下から見上げるとこんな感じ
PB051365.jpg

狭い路地にいっぱい並ぶお土産ショップ
PB051385.jpg

でも、この時期にやって来るのはクルーズ客だけなのか、出航前になると閑散としてました。
PB051414.jpg

段数が記された階段
PB051406.jpg

崖側と反対方向の街並み
PB051369.jpg

野菜を選ぶのはなぜかお父さんたち
PB051382.jpg

ここもスクーター天国!(しかもノーヘル)
PB051384.jpg

ベーカリーの巨大パンたち
PB051374.jpg

ギリシャで一番驚いたのはパンの大きさです。写真じゃ分かりにくいけれど、クロワッサンはコッペパンほどの大きさだし、チョコレートデニッシュも日本の2倍ほど!しかも値段も2ユーロで高かったです。これ、一人で食べるの?

カフェで頼んだギリシャコーヒー
PB051399.jpg

砂糖入りじゃないと飲めないくらいおいしくなかった・・・これならバリコーヒーのほうがイケるな。面白いのはカフェのメニューに堂々とNESCAFEが載っていること。日本の感覚だと、ネスカフェは家庭用。レストランでお金を払ってまで飲むものじゃないようですが、ギリシャ人に言わせると「ギリシャのネスカフェだからおいしい」んだそう。ネスカフェならどこにもあるし、バリにも売っているけど、味が国によって違うのかな?バリでもローカル経営のカフェなどにはネスカフェがメニューに載っています。

おいしそうだけど日本人の口には合いそうにないケーキ
PB051407.jpg

いかにも「欧米風」ですが、たぶんスミニャックあたりにあるレストランやカフェでも似たようなのがありそうです。全体的に見て、お菓子もパンもコーヒーもイタリアのほうが上品な印象を受けました。ギリシャは大雑把な感じが何となくバリに似ています。

犬さんをいじめちゃダメだよ!
PB051411.jpg

最後はケーブルカーで崖の下まで下ります。
PB051415.jpg

6人乗りが6台繋がっていますが、やっぱり出航前になると長蛇の列が!ガイドさんによると最長1時間待ちになるので、出航の1時間前までには並んでおきましょう。シーズンオフだったから今回の待ち時間は30分弱でした。

バイバイ!サントリーニ・・・
PB051395.jpg

ロバで下りる方法もあります。
PB051423.jpg

ロバは上りも下りも使えますが、下りはちょっと怖そうです。

港からはまたテンダーボートに乗って、船に戻りました。ここで給水係をしているスタッフがバリ人のマデ君。シンガラジャ出身らしいですが、身の回りでもシンガラジャ出身のバリ人ってアグレッシブで一番向上心や変化に対する欲が強いように感じます。ベニスでの乗船前に初めて会ったスタッフもマデ君でした。会話をした最初のクルーがバリ人っていうのも不思議な感じでしたが、異国の地でがんばっているのを見ると本当に応援したくなっちゃいます。

次はいよいよミコノス島に上陸・・・

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. keeko

    こんばんは~そして、お帰りなさい♪

    こんばんは^-^

    無事にバリ島へ戻られていたのですね!
    日本はどんどん寒くなってるので、バリに居るのが、とても羨ましいです^^(笑)

    ちょっといつもと違う写真が並んでいて、新鮮&素敵な写真に私もクルーズしてる気分になってます^-^
    バリもいいけど、ヨーロッパも素敵ですねー。
    旅はすばらしいですよね^-^

    毎回、楽しみにしていますので、これからもUp宜しくお願いします♪

  2. イブウブ子

    keekoさんへ

    お久しぶりです!

    日本は10月くらいまですごく過ごしやすいですが、やっぱり冬は寒くて苦手です。でもずっとバリに住んでいるとたま~に寒いのが懐かしくなったりもします。(ないものねだり!)精神的にも寒いほうがピシッと引き締まるんです。暖かいところの人たちはのんびりでお気楽なイメージがありますが、それもその理由かしら?ヨーロッパでも寒い地方の人たちは堅実で働き者な感じがしました。

    これからもしばらくヨーロッパ放浪記をお楽しみください!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/862-4dfc4c58
この記事へのトラックバック