船の様子@終日クルーズ

2009年11月24日 19:55

さて、ロードス島の翌日は終日航海日でした。正直言うと、今回のクルーズに参加するまで船に乗ることにそこまで乗り気じゃありませんでした。大型客船に乗り込んで毎日ツアーに参加するなんてつまんないんじゃないかって・・・だって、普段は個人貧乏旅行派で、どこに行くにも自分ですべて計画&手配していたから。ところがどっこい、船の中は巨大ホテルのようで毎晩エンターテイメントがいっぱい!寝ている時間がもったいないほど、毎日深夜までパーティ続きの生活なんです。クルーズ会社でもお客さんを退屈させないよう、いろんな工夫をしているんですね。スタッフもフレンドリーでホテルの従業員とは比べ物にならないほどお客さんを楽しませる技を身につけています。特にフィリピン人やインドネシア人は天性の接客術を持っていますね。他の国のスタッフと比較してもホスピタリティが全然違います。

大型客船の中にはジムやプール、お土産ショップ、バー、ラウンジ、ダンスホール、託児所、エステなどがあります。天気がよければデッキに出て散歩やジョギングも楽しめるし、食事は3食付、しかも夜は12時くらいまで夜食ビュッフェがあります。まさしく食べ放題!そして船長主催のガラディナーやパーティなど、フォーマルな夕食もあります。ドレスコードは毎日違いますが、毎日のニュースレターで確認できます。

旅行前はスケジュールを見て一日航海なんて暇で嫌だな~なんて思っていたのですが、さすがに連日ツアーに夜遊び(船の中で)が続くとのんびりしたくなってくるもの。実際のところほっとしました。

普段の朝食は9階デッキのビュッフェでしたが、この日は初めてレストランで食べてみました。日本食用のビュッフェも特別にレストランで用意されていたのですが、お世辞でもおいしいそうに見えなかったし、種類も9階と比べると少ないし、何となく日本人を隔離しているような感じが嫌だったので(もちろん船側は気を使ってサービスしていたのですが)、一度も利用しませんでした。

パンケーキとヨーグルト
PB071657.jpg

レストランのほうが聞こえは良いですが、実際はビュッフェと同じような内容でした。落ち着いて食べられるのかも知れませんが、おすすめはビュッフェかな。食べたいものを取り放題だし、毎日同じとはいえ自分で選べるし、窓際や屋外テーブルを陣取れば景色も楽しめます。ところで、旅行中毎日ヨーグルト食べていました。やっぱりヨーロッパは乳製品が充実しているのがいいですね。ところで、船の食事はあまり口に合わなかったです。無料のコーヒーは香りがなくて不味かったし、オムレツもパサパサ(日本人は半熟っぽいドロ~っとしたのを好む人が多いけど、どうもヨーロッパでは不評)、ビュッフェは毎日同じ品揃え、ディナーも微妙でイブウブ子は行儀悪いけど少しだけつついて残してました。イタリアの船だから食事がおいしいと考えるのは甘いようです。船旅でおいしい食事を求めるのならば、料金が倍ほどのもっとランクの高い船に乗らないといけないようです。

お昼過ぎからはプールとジャグジーに入って、エステの中にあるスチームサウナに行って汗をかいてきました。プールの水は何と塩水!間違えて飲んだり、目を開けちゃうと大変です!ジャグジーは塩素で消毒がいっぱいされていて、肌がぼろぼろになった・・・。そして水しぶきが目に入ったとき、すごく痛くて視力が悪くならないか心配でした。(実は3年前にレーシックの矯正手術をしたのだ!)

滑り台プールもあります。
PB071661.jpg

昼間のアクティビティには、サルサを踊ろう♪というのがあった
PB071660.jpg

最近の流行なのか、実は船の中の特等席はジム。船頭の一番上部に前面ガラス張りになっています。多分、ジム好きのアメリカの船はほぼすべてそうなっているでしょう。でもヨーロッパ人はアメリカ人と比べてあまりエクササイズしないようで、比較的空いていました。それにしても、欧米人って日焼け好きだなぁ・・・若くても年とってもこの傾向はあまり変わらないらしく、こぞって日当たりの良いビーチチェアに寝転んで紫外線を吸収してました。イブウブ子はバリに住んで1年くらいはあまり気にしていませんでしたが、今は日中は外出禁止。どうしても出かける場合は日本から持ってきたSPF50の日焼け止めを全身に塗っています。あっ、白くなりたい理由は決してバリ人にもてたいからじゃないですよ(笑)!

エレベータ
PB041173.jpg

揺れていてもちゃんと稼働するのがすごい!9台くらいありましたが、お気に入りはこの中央にあるガラス張りのエレベータです。

キッチン見学ツアーがあったので参加してみました。
PB081834.jpg

この顔、バリ人だろうな!
PB081837.jpg

お菓子をサービスしてくれました。
PB081838.jpg

3000人分の食事を毎日料理するって大変です。キッチンは広いですが、すごく清潔です。やっぱりヨーロッパの船だから、衛生状態はきちんとしています。バリ島のホテルでもヨーロッパの旅行会社が査察に来たりするのですが、その前日は準備で大変!個人的には査察は抜き打ちでしないと意味がないと思うのですが、まあどこでも同じなのでしょう。この船にも壁紙に「DEEP CLEANING TONIGHT for Inspection」と書かれた張り紙がありました(笑)。キッチンはディナー時には戦場と化するらしい!エスカレータもあるのですが、スピードが半端じゃない!しかもそこを料理を片手に駆け上るらしいです。すごいです、ウェイターたち。しかも注文した料理は一人ひとりにきちんと間違えずに持ってきます。「~の方?」みたいにテーブルで聞くのはご法度。

ディナーの様子
PB081668.jpg

フォーマルディナーは2回ありました。花火のアイスクリームケーキやスタッフのダンスパフォーマンスなど、楽しませてくれました。船の食事は6時半からの一部組と8時45分からの2部組に分かれますが、日本人はすべて6時組になります。特にツアーの場合は変更は不可能。イブウブ子は夜遅いほうが好きなので、この時間だと全然お腹も空かないし、あまり食べられませんでした。

ウェイターがサプライズでダンスしたり♪
PB071649.jpg

ちなみにこの方、日産CEOのゴーンさんとMr.Beanにそっくりでした(笑)。

ディナーの後は夜遊び♪
PB041175.jpg

ダンスをする人たちはほぼ同じ顔ぶれでした。イブウブ子は踊れないので見ていただけでしたが、たま~に誘われると本当に困りました。断ると相手に失礼だし、でも下手なのはもっと失礼。やっぱり教養としてのダンスの基礎は必要だと感じました。年をとっていても踊れる人たちは素敵でした。

次はいよいよ最終日、クロアチアはドブロブニクに上陸です!

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/865-e587ddcb
    この記事へのトラックバック