シンガポール観光②

2010年03月10日 10:30

さて、翌日は気を取り直して観光!その前にABC Hostelの紹介の追加です。

レセプション
P3023640.jpg

無料で使えるインターネット
P3023641.jpg

WIFIもあるので、自分のパソコンを持ち込めば部屋からでも接続できます。今回は身軽な旅だったのでパソコンを持参しませんでしたが。

ちなみにこのユースホステルでは朝食がついている!というのに引かれて予約したのですが、やっぱりユースホステルの無料朝食ということで期待のしすぎは禁物。

セルフサービスのトースト
P3023643.jpg

バリの宿のような朝食(エッグ、トースト、フルーツ、コーヒー付き)を勝手に想像していたのが間違いだと気づきました。

でもパイナップルジャムだと思うのだが、不思議な味でこれがなかなかおいしかったのだ!
P3023639.jpg

さて朝食の後はほとんど水シャワー!を浴び、身支度をしてチェックアウト。でも荷物を無料で預かってくれるとのことだったので、必要のないものを置いて外出しました。

観光プランはアラブ街散策~マーライオン見学~チャイナタウンでランチ~インド街散策です。

まずはアラブ街から。
P3023646.jpg

昨晩の様子とは一変して、いっぱいお店がありました。

おぅ~、やっぱりアジアしてるね♪
P3023651.jpg

布屋さんが多かったです。
P3023652.jpg

最近クバヤを作ったところだったので、やっぱり布には興味がある!きれいな布がいっぱいでした。ちなみにこのドレスの形、伝統的なマレー民族衣装のようです。クバヤとはまた違って女性っぽくて素敵です。この布を使ってクバヤを仕立てることもできると思いましたが、素人でよく分からなかったし、布はバリで買ったほうが安いと思ったのであえて買いませんでした。クバヤはレース地の透け透けでもそのまま着ますが、マレー衣装は下にシルクを布地を当てて着るようです。クバヤにこのアイディアを加えてもいいと思いましたが、クバヤは七分袖か長袖なので想像するだけで暑そうです。マレーの衣装は肩はノースリーブなのかしら?

アラブ街の中心部
P3023665.jpg

シンガポールで一番大きいモスク「サルタンモスク」
P3023656.jpg

美しい!中に入ることができたので見学してきました。

5000人収容可能!
P3023662.jpg

1階は男性のみ、女性は2階に分かれてお祈りします。
P3023664_01.jpg

イスラム教は厳しい宗教。お祈りも1日5回しないといけないし、他にもやらないといけないことがいっぱいあります。最近、一部の過激派の影響で、怖いイメージとか邪悪なイメージが先行していますが、本来はすごく良い教えなのに残念。どの宗教でも「富は天国には持って行けないのでこの世での財産に執着しないこと」を説いていますが、そう言われるとついつい「天国にお金を持って行けないのなら、せいぜい生きているうちに豊かな生活をしてみたい!」と考えてしまうイブウブ子。と言っても、富に目が眩むような経験はしたことがないのですけどね・・・。

アラブと言えば香水!
P3023667.jpg

キラキラ☆なボトルがいっぱい
P3023669.jpg

バリ島でも同じですが、香水ショップのオーナーはたいていジャワ人です。しかも顔つきがアラブ系。ミステリアスな魅惑の香水とかありそうですね。

ブギス駅のそばに安い物がいっぱい売っている「ブギス・ストリート」という商店街があるというので、さっそく行ってみました。ここはアジアな雰囲気いっぱい!台湾とか中国っぽい感じかな。原宿の竹下通りとかみたいに若者向けの安い洋服や靴、アクセサリーのショップがいっぱい並んでいます。ちょうどかわいいサンダルがあったので即買いしちゃいました。S$15とすごく安かった~。変な話、バリで同じようなものを買おうとするとむしろ少し高いと思う。バリのほうが物価安いのに何で?と思われるかも知れませんが、ローカルのお店ではまず外国人が気に入るような洋服や靴はほとんどありません。ちょっとかわいいな、と思えるようなものは観光客向けのショップじゃないと手に入らないし、そういうところの商品は当然ながら割高だから。だからバリで欲しいものを見つけたときはあえてバリの物価と比較しないことにしています。バリのローカル向けのお店ももう少し洗練されてお洒落で品質の良いものを売ってくれればいいのに!バリでは安物に魅力は感じません。

P3023682.jpg

台湾っぽいドリンク類
P3023680.jpg

ドラゴンフルーツのジュースだっけな?
P3023683.jpg

派手なピンクの甘~いジュースだったけど、すごく暑かったのでおいしく感じました。シンガポールは都会だけど東南アジアの一部。トロピカルフルーツもいっぱい手に入ります。

フルーツ市場
P3023688.jpg

ドリアンをカットしてパック売りもしていました。
P3023690.jpg

匂いは想像にお任せします~。

買い食いできそうな食べ物もいっぱい
P3023692.jpg

右のエッグタルトを買って食べました。日本のような甘いお菓子を想像していたけど、あんまり甘くなかったです。

揚げ物もおいしそう!
P3023693.jpg

ブギス・ストリート楽しすぎ♪日本にいたときもそうだったけど、やっぱりデパートとかよりこういう庶民的なお店とかが好きです。安くてかわいい洋服もいっぱい売っていたけど、試着できなかったので今回はパス。時間もないので次の目的「マーライオン」へ!

マーライオンはシンガポールのお土産で必ずと言っていいほど使われているので、絶対この目で見てみたかったんです!ブギス駅から地下鉄で2駅のラッフルズ・プレイスという場所で下車します。この駅に降りた途端、ここは別世界!イメージどおりのモダンなシンガポールがそこにありました。ここは国内外の金融会社がいっぱいあるビジネス街でもあるみたいで、かっこよくYシャツとネクタイで身を整えた長身の白人たちがわんさか。うゎ~!感激。バリ島じゃめったに見ないからね。で、ビジネスマンたちに目が眩んで(笑)、マーライオンがさっぱりどこにあるか分からなかったため、通り過ぎる人たちに聞きながら橋と海を目指し歩きました。道路を渡った先にありました!

東京みたい
P3023705.jpg

高級ホテルのFullerton
P3023701.jpg

モーターショーみたい!
P3023702.jpg

シンガポールには一流高級ホテルがいっぱいあります。今回行けなかったけど、歴史のあるラッフルズ・ホテルとかにも行ってみたかったなぁ。こっちのホテル就職事情とかにも興味があります。部屋数多いし、日本人のビジネスマン・観光客の利用も多そうなので、当然日本人スタッフも必要とされているのでは?

あれれ?こんな小さかったっけ・・・
P3023707.jpg

本物はこの先!
P3023709.jpg

クローズアップ
P3023712.jpg

口から水がいっぱい出ています!はい、写真も撮って満足したので、次はチャイナタウンへ!この時点ですでに3時を過ぎていたのでお腹はペコペコ。友達から聞いた手打ちラーメンのお店に行こうと決めていました。

まだチャイニーズニューイヤーの飾りが
P3023716.jpg

スミス通りにあるこのお店なのですが、なぜか閉まっていた
P3023719.jpg

せっかく来たのに残念!
どうしようか迷っていたら、隣のお店のポスターを発見↓
P3023724.jpg

そしたらお店の主人から声をかけられ、そのまま店内へ。空腹でもう何でもよかったので言われるがままに店内に貼ってあったシンガポールの日系旅行雑誌の記事と同じメニューを注文。

名前忘れた
P3023723.jpg

ランゾーラーメンとは違ったけど、まあおいしくいただきました。

カキ氷発見!
P3023727.jpg

一番人気のマンゴーカキ氷
P3023728.jpg

一人で食べていたら日本人観光客がやってきて同じものを食べていました。
P3023730.jpg

バリのカキ氷は氷がでか過ぎだけど、これくらい細かいと食べやすいしおいしいのに・・・。

日本のたこ焼きもありました!
P3023732.jpg

さあ、遅めのランチを食べたらインド街へ!でも時間がないので今回は通り過ぎるだけ。

お供え用?のインディアンフラワー
P3023738.jpg

ちなみに生花でした。色合いがインドっぽい!街の顔もインド人ばっかり。シンガポールってインド系が多いのに驚きました。インド街に限らず地下鉄でもよく見かけました。混沌とした母国から来たら戸惑いそうだけど、どうなのかな?

インド街だけどモスク
P3023746.jpg

アラブ街への途中で見かけた泥棒市場
P3023750.jpg

誰が買うの?って思うガラクタみたいのもいっぱいありました。上野公園の骨董市場を思い出した。

途中で見かけたカラフルな公団住宅
P3023754.jpg

センスがいいのか悪いのか・・・住むならピンクがいいな~(笑)。普段履かない靴で歩きっぱなしの1日だったので、靴擦れになるわ、腰は痛いわ、本当に疲れました。バリに戻った後も数日は筋肉痛と腰痛が取れませんでした。都会に暮らすと自然と運動量が増えてエネルギー使うもんだと実感。ウブドでの暮らしは楽チン過ぎなんだ。もう一度自分にムチ入れなおす時期が来そうです。シンガポールで再びビジネスウーマンになる日を夢見て・・・。

追記:シンガポールではなぜかインドネシア人に間違えられた。顔がジャカルタっぽくなってきたのか・・・?最近バリでもジャカルタから来たのか?と聞かれたり(話すまでは!)、日本人離れしてきた自分に危機感すら覚えます。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. Nob

    Re: シンガポール観光②

    シンガポール、 住みやすそうで好きなんですけど自分のまわりも興味無い人ばかりで・・・

    シンガに住んで週末タイやバリに遊びに行くとか、 楽しそうだと思います。

    ブギスの公団、 自分も写真撮りました。
    あとチャイナタウンにも真っ黄色の大きな公団ありますね。 壁に巨大な漢字の文字が書いてあって、 ものすごい存在感です。

    ラッフルズホテルは、 本当にオススメです、次回はぜひ行ってみて下さい。

  2. にぽぽ

    Re: シンガポール観光②

    私がシンガポールへ行ったのは、20年位前かな~?だいぶ変わっているでしょうね。

    それにしても、結構な観光ぶりで、そりゃ足腰痛くなるでしょう~!

    顔がジャカルタっぽく(笑)・・・焼けたの?かわいいから大丈夫よ!

  3. イブウブ子

    Nobさんへ

    シンガポール、東南アジアのど真ん中!にあって意外に良いところでした。チャイナタウンの公団はあまり時間なくて見ていないかも。

    ラッフルズホテル、今度行く機会があればぜひ行ってみます!

  4. イブウブ子

    にぽぽさんへ

    そうですよね。私の観光は超ハードなので誰も友達を連れていけません・・・。顔、そんなに色黒じゃないですけど少しは焼けたのかも。私はどこに行ってもその土地の顔に紛れるのが得意なので、仕方ないですね(笑)。

  5. 爺ちゃん

    Re: シンガポール観光�

    ウブ子様
     シンガポール観光は何よりの事でした。 久し振りの近代都市観光に目が覚めた事と思います。それにしてもAIR ASIAに搭乗され、爺ちゃんは「先にやられたか!」 と地団駄を踏んでおります。
    新しいAIR LINE に乗る事を趣味としている爺ちゃんはその昔SILK AIRで威張ってみたりしておりました。
    シンガポールは、なま水が安心して飲めるので気楽です。
    ジョホール水道上空から見る浄水場の設備には感心しました。 原水はマレーシアから買っているのです。  太い太いパイプが何本も通って来ております。
    you tube でAIR ASIA のFAを何度も楽しみました。
    爺ちゃんはSQの方が魅力的だと思いましたよ。
    次回シンガポール空港では、時間待ちに MY FOOT の足マッサージをお楽しみ下さい。
    SQからSQ乗り換えのゲートが並ぶ向かい側にあります。
    LAX 出張では大阪を出発後、成田でワザワザ SQに乗り換えて向かうSQ 大好き爺ちゃんなのです。    ではお元気に!

  6. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    シンガポールはこれまで自分の中で「最も魅力のない観光地ナンバー1」だったのですが、見事にやられました!食わず嫌いってこういうことを言うのかしら?でもシンガポールは観光地というより、住む場所に向いているかなと思いましたよ。将来移住計画ありかも!?

    シンガポール航空はおそらく一番乗りたい航空会社でありますが、バリからだとついつい安いところを使ってしまいます。。。エアーアジアはギャル系ですがSQは乙女系?品がある感じがしますね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/941-91e16fe6
この記事へのトラックバック