バリ人女性の強さって

2010年05月27日 19:13

先進国、特に欧米諸国では男女平等というのが徹底されています。そもそも男女平等という発想自体が女性は弱いものだという前提なのでしょうけど、スカンジナビア半島にある国々ではシングルマザーのサポートが充実していると聞くし、日本も含め社会的には女性が不利になることのないように法律で守られているのが一般的な見方です。それでも日本は欧米と比べるとまだまだのようで、男女平等といいつつも実際のところはそうじゃなかったりするようです。

アジアの発展途上国においては女性の立場が低く、男女不平等は当たり前、しかも男尊女卑が残っているところが多い。バリ島では働く女性の割合は日本よりも多いくらいだし、結婚して出産したからといって仕事を辞められるのはよほど裕福な家に嫁いだ証拠!男性が働かない家庭もあるため(諸事情もあるのだろうけど、バンジャールの活動が忙しくて普通の仕事はできないとか?)女性の働きぶりは目を見張ります。産休もありますが、出産の前後に3ヶ月だけというのが一般的なので、お母さんたちは産後2ヶ月で職場復帰が普通。やっぱり社会的なサポートが少なく、女性の働く条件は不利。求人情報なんかには希望する性別や年齢も記載されていて、給料の差はなくなりつつあるけれども不平等なのは否めない。男尊女卑の思想も根強いです。職場でも女性上司の言うことに素直に従う男性は少ないですし、男性がリーダーというのが一般的。では家庭ではどうなのでしょう?

男性よりも法律的に不利に扱われ(すべては旦那さんのものになるので妻の権利はない)、時には肉体労働の仕事に就き(男性の肉体労働者はほとんどが他の島出身者らしいので、女性もバリ人じゃないかもですが)、家庭では料理、洗濯、掃除、お供え物作りなどすべてを文句言わずにこなす・・・役割分担がはっきりしていて、男性はバンジャールの地域活動の参加義務もあるのですが、日本人であるイブウブ子から見てもバリ人女性はやることがいっぱい。生まれ変わってもたぶんバリ人女性にはなりたくないなぁというのが本音です。

さて前置きが長くなりましたが、アジア人女性は奥ゆかしく優しいというイメージがあるようです。確かにイエローフィーバー(本来は黄熱病という意味だが、皮肉で欧米人が黄色いアジア人にはまる症候群)という言葉があるように、一度アジア人女性にかかると一生治らないとか!?欧米人男性から見ると欧米人女性にはない部分を多く持つアジア人女性はエキゾチックでさぞ魅力的なのかも知れませんね。

でも!強さについてはアジア人女性は負けてはいないでしょう。欧米人の女性は物事をはっきり言うし、離婚率も高いし、見た目の気の強さは人一倍。これを「アグレッシブ(攻撃的)なパワー」と例えるならば、アジア人女性の強さは「パッシブ(受動的)なパワー」。ビジネスにおいても家庭においても密かに主導権を握っているのがアジア人女性です。バリもそう。

一見、アグレッシブなパワーのほうが強そうに思えるけれど、実はパッシブなパワーのほうがよっぽど怖い。欧米人だと旦那さんも自己主張が強いので、何かを決めるのに妻の許可を求めることはあまりないだろうけど、バリではまず奥さんの許可をもらうのが重要だったり、奥さんの同意なしには何事も進まないらしい。確かにバリ人の女性は欧米人と比べると自立していません。女性の権利は少ないし、表向きは男性社会。シングルマザーなどもってのほか!宗教や慣習を守って生活しています。結婚すると妻は男性の所有物のようになり、どこへ行くのも一人じゃ行かせてもらえません。でも、無力そうに見えつつも実は旦那さんを影で操り、家庭によっては姑とのいざこざもそんじょそこらのことじゃへこたれない肝っ玉母ちゃんだったりするバリ人の女は強いと思います。決定権は奥さんが握っていたり、案外家庭における女性のパワーは偉大。話は逸れるけれど、すぐに離婚できる欧米諸国とは違って、バリで離婚するのはほぼ不可能とも言われているのは逆に見えざる女性の強さだったりするのでは!?

日本でも強い女性が持てはやされる時代になりつつありますが、頑丈な強さより、竹や柳のようにしなやかだけれども決して折れることのない受動的なパワーを併せ持つ女性のほうが本当の意味で強いように思えます。イブウブ子も強がっているだけではなく、芯の強さを身につけて生きていきたいと思える今日この頃なのでした(独り言)。

ダドン(バリ語でおばあさん)
P2263534.jpg

追記:イブウブ子はフェミニストではないので悪しからず!

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/988-d7afb5ec
    この記事へのトラックバック