【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

バリ島で格安タピオカミルクティー@KOI

2019年09月26日 22:58

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

日本はタピオカブームらしいけど、私がハマったのは20年以上も前。台湾人の親友から教えてもらって、学生時代は毎週飲むほど大好きだったのを思い出します。台湾語でボッバって言っていたような。

そのときはカエルの卵みたいな黒いタピオカ入りのドリンクは日本じゃ流行らないだろうと思っていたけど、今さらながら空前のタピオカブームって知り驚きました!しかも高いらしい。

バリ島には日本で流行り始めた頃か、その少し前くらいからChatimeが増えてきて、ウブド店も4年くらい前からあります。スタバよりは安いけど、当時のバリ島では高級だったタピオカミルクティーはウブド近郊のちょっとリッチで今どきの若者を中心に人気がありました。今はどちらかといえばタイ風ミルクティーブーム。そういえば、まだ日本ではタイのミルクティーってあまり知られていない?練乳入りでもっと甘いやつです。

流行りには弱い私。日本でKOIカフェといって黄金のタピオカを使っているところがあると知り、何となく興味があったんです。後で調べたらKOIカフェは台湾発祥でしたけど、シンガポールにもバンコクにもあったし、世界中に進出しているみたいです。そして何とバリ島にもありました👀

Mal Bali Galeria内
IMG20190828124449.jpg

店舗というよりかはキオスク。前回来た時はKOIカフェを見かけなかったので、新しいのかも知れません。しかも行列もないし、混んでいません。

価格表
IMG20190828124515.jpg

バンコクでもスモールが250円くらいしていたのにバリ島だと今のレートで155円弱の計算です。日本の3分の1くらいですよね。めちゃくちゃ安くないですか!?Chatimeよりも安いのでびっくりしました。

しかも、ちらりと見えていますが、インドネシアのスマホ決済アプリOVOを使うと30%のキャッシュバックらしいです。ちなみにOVOのアカウントは持っていますが、私はチャージしていないのでTokopediaを通してゲットしたポイントのみ。ウブドじゃあまり使えないけど、クタとかだと使えるお店も多そうです。

もちろん即ゲット!(Sサイズ)
2019-08-28-12-47-05.jpg

甘さを選べますが、私はいつもハーフで。それでも十分に甘いです。聞いた話によると、タピオカミルクティーの糖分が一日の摂取量の倍以上するらしく、習慣化すると糖尿病の原因になることもあるそうです。飲み過ぎには注意です!面白い記事を見つけました➡https://www.nationthailand.com/news/30372795

ところでモルバリってクタのDFSに隣接のショッピングモール。昔からあるモールですが、地下にはハイパーマートも入ってるし、ユニクロ、H&Mも入ってるし、マタハリデパートもあるし、フードコートも充実しているので地元の人にも人気があります。日本だとお高いKOIのタピオカミルクティーはバリ島だと安く飲めるので、ハイパーマートでお買い物のついでにぜひどうぞ。

ちなみにバリ島にはもう一店、 Discovery ショッピングモールにもあるみたいです。

それでは良い夢を!
明日に備えておやすみます 💤

↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓


絶景を見ながら飲めるコーヒー@Kintamani Eco Coffee

2019年09月01日 01:14

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

深夜を越してしまいましたが、昨日の続きです。最近いろいろあって寝不足気味💦疲れるから変な時間に寝てしまい、また夜更かししちゃうというパターンです。

バグースジャティ滞在2日目はもともとは丸一日お籠りでのんびりする予定でしたが、じっとしていられない私はやっぱりギブアップ。早起きは三文の徳といいますが、朝からヨガとスパをしたら2時過ぎから時間を持て余してしまいました。時間がもったいない⌚

そこで急遽思いついたのがキンタマーニ観光。ありきたりですけど、キンタマーニはバリ島に来たら行っておくべき場所の一つだと思っていますし、何だかんだで数回行ったことがありますが、ウブドからは遠いのでちょっと覚悟と準備が必要なんです。それがバグースジャティからだと40分ほどで行けちゃうので、せっかくバグースジャティに泊まっているこの機会に行かない手はない!ってことで思いついたらさっそく行動です。

急な思いつきにもかかわらず、ホテルに車を手配してもらってさっそく3時からお出かけしました。ちなみにバグースジャティのドライバーさんは1時間18万ルピア(税込み)。ウブドへは一日2便(午前・午後)の無料シャトルが運行していますが、キンタマーニへのシャトルバスはないのでプライベートチャーターです。例えばシャトルバス以外でウブドに行きたいときも片道18万ルピアになります。

行きたい場所はユネスコ世界遺産を巡る旅と称して・・・


Kintamani Eco Coffee


この日はお昼抜きだったので、まずは軽くお茶タイムということで向かったのがKintamani Eco Coffee。知る人ぞ知る名店です☕

コーヒーショップに行きたいというと、ほとんどのドライバーさんはコーヒー農園だと勘違いするので、ここに行きたいときは必ず正確な名前とグーグルマップでナビしてあげて下さい。ツアーではまず訪れることがないお店ですので、手段はカーチャーターのみです。日本語ガイドで行ったことがある人なら問題なし。コーヒー農園は観光客向けですが、ここは正真正銘ローカル向け。客層の8割以上はインドネシア人なんです。

オープンして3年くらいかな?流行りに敏感な若者やお金持ち風のローカルに口コミで大人気のカフェで、土曜日ということもあってか大繁盛。屋外席はほぼ満席だったので、カウンター席を譲ってもらって確保できました。カップルも多くてデートにもおすすめの場所です。

キンタマーニって観光地なので、ランチはどこのレストランもインドネシア料理のビュッフェが中心。絶景を見ながらのランチはより美味しく感じるものですが、残念ながらどこも食後のコーヒーはバリコピしか飲めません。なので、ここのカフェの登場は画期的でした。しかも観光客をターゲットとしていないのも斬新👍あっ、でもメニューはコーヒーと軽食中心なので、ランチは別のところでビュッフェで食べてからランチ後のお茶タイムにぜひおすすめしたいです。

テガラランから北上して反時計回りに進んだ山側(右手)
IMG20190811145856.jpg

駐車場はお店の正面に少しありますが、道の反対側にも新たに出来たようです。駐車料金は整理係の人に別途支払う仕組み。基本的にカーチャーターには駐車料金は含まれないので、小さなお札を用意しておくと便利です。ガイドさんによっては小さな金額だと自分のポケットマネーで払ってくれることがありますが、そういうときは後でその分を含めたお礼を渡すようしています。

テーマは自転車🚲
IMG20190811145904.jpg

キンタマーニからの下り坂サイクリングと関係あるのかも知れませんが、サイクリングしているお客さんはいないようです。支払い方法はスタバのように最初にレジにて支払うスタイル。

コーヒーマシーン完備
IMG20190811150049.jpg

マシーンを使ったコーヒーも飲めますが、ここのイチオシはV60と呼ばれる日本式のドリップコーヒー。近年インドネシアではHARIOのドリップが大人気のようで、日本の倍くらいの値段がするけど買うことができるんです。おかげさまで私はインドネシア人のボスから譲ってもらったHARIOを使って、毎朝ドリップコーヒーを飲める日々に感謝。

キンタマーニ産のコーヒー豆も販売中
IMG20190811153715.jpg

日本人のアドバイザーの方もいらっしゃるそうなので、日本にも輸出しているのかも知れません。豆だから買わなかったけど、購入したら直接挽いてもらえるなら次回購入したいです。

コーヒーも本格的で美味しいのはもちろんですが、ここをおすすめする理由は・・・

何といってもこの絶景!
IMG20190811150836.jpg

バトゥール山とバトゥール湖が一望できちゃいます。2万年前以上から続く火山の噴火によって形成されたこのカルデラのエリア一帯はユネスコ世界遺産にも登録されているほど、価値があるんです。この湖もバトゥール山の噴火によって出来たそうです。黒く見えるのは溶岩が固まったもの。バトゥール山は朝登山のツアーでも人気ですが、実はまだ活火山。登ると分かりますが、あちらこちらで湯気が噴出しているんです。

上から見ても広大ですが、湖畔付近やバトゥール山のふもとはバリ島で一番のパワースポット。登っているときは山の中に入っているので台風の目のように穏やかなのですが、周辺のエネルギーがスゴイんです。バトゥール湖は昔の伝説にあるようにバリ島発祥の地としても語られています。

カウンターのタイルが可愛い🤗
IMG20190811153313.jpg

2階エリア
IMG20190811151101.jpg

輸出用?2階には大量のコーヒー豆が詰まったビニール袋が並んでいました。

バルコニー席
IMG20190811151109.jpg

以前はなかったけど、今はベランダから外に出られるようになっていました。ビーンクッションが並んでいて、まったりできますね。

2階からはより絶景が望めます👍
IMG20190811151126.jpg

下のバルコニーはこんな感じ
IMG20190811151150.jpg

やっぱり一番人気は1階のバルコニー席のようです。でもキンタマーニは標高が高いので、風が強く、けっこう肌寒く感じるかも知れません。でもそんな方には毛布の貸し出しもあるのでご安心を!

カフェラテとキャラメルバナナのアイスクリーム乗せ
2019-08-11-15-21-55.jpg

ウブド辺りだとこういうカフェはたくさんあるので珍しくはないけれど、何といってもここはキンタマーニの田舎。本格的な美味しいコーヒーが飲めるお店はここしかありません。キャラメルバナナはバリ島らしくチーズがけ。揚げバナナはローカル風ですが、ちょっと凝ってグリルになっているのがポイントです👍バリ島に住んでいたら特に珍しくないおやつだけど、初めて食べた母はとても気に入ったようです。バニラアイスが添えられていて、美味しかったです😋

ここにいるインドネシア人たちは今どきな感じで立派な一眼レフカメラを持っていたり、ドローンを操作していたり、とちょっとお金持ち風な人が多いです。言葉も違うので、ジャカルタやスラバヤからの旅行者が多いのかも知れません。ウブドの田舎から行くバリ人はあまりいないかも。

気になるお値段ですけど、ブラックだと2万~3万ルピア程度とウブドのカフェとあまり変わりません。外国人旅行者にとっては普通ですが、ローカルにとってはちょっとだけ高級かな。それだけの価値があるので、ローカルにも大人気なんだと思います。軽食がメインなのでランチには向かないと書きましたが、カフェ風のサンドイッチやパスタなどもあるようなので軽く食べたい人はお食事もどうぞ。

デザートは私が絶賛していたニューヨークスタイルのチーズケーキはもう出していないようで残念ですが、ブラウニーも美味しそうでした。二人でシャアするならここでしか食べられないキャラメルバナナもぜひ!



トリップアドバイザーの口コミはこちら👈
住所 Jl. Raya Penelokan, Kintamani 80652, Indonesia
電話番号 +62 878-6132-2552
営業時間 8:00-19:00(土日のみ20:00)

Pura Ulun Danu Batur


コーヒーと絶景を満喫した後は、母のリクエストに応じて寺院観光へ。12年前に来たときはティルタエンプルに行ったから、違うところを見てみたいとのことだったので、バトゥール山にあるウルンダヌバトゥール寺院に来ました。

よくおすすめの寺院はどこ?と聞かれますが、観光向けの寺院なら、ウブド方面はティルタエンプル、スミニャック方面はタナロット寺院、ジンバラン&ウルワツ方面はウルワツ寺院があげられます。

ティルタエンプルは聖水が有名で沐浴ができる寺院として知られていますが、近年は沐浴している人の大半が外国人観光客という状況だそうです。沐浴ツアーブーム?日本人にも人気ですが、ヨガや瞑想好きな欧米人が特に多いです。もともとはバリ人が満月の日に沐浴していたけど、時代が変われば仕来りも変わる!?少なくとも満月の日は現地の人で身動きも取れないほどのギュウギュウ詰めなので、外国人は遠慮したほうが良さそうです。

タナロット寺院は敷地が広くてお土産屋さんがたくさんあるので、まるで一つの市場か町のようです。引き潮なら海の上を歩いて岩場の寺院まで行けますが、一般客は中には入れないので見るだけです。でも寺院のところに聖水をかけてくれるお坊さんがいるので、お布施をして清めてもらうことが可能。混んでる時期などは行列になるようです。寺院らしくないけど、ここの見どころは夕日。写真を撮ったりするのに向いています。ウルワツをマネしてケチャダンスもやっているようですが、評判はイマイチでお客さんも少ないんだとか。

ウルワツ寺院はクタや空港から1時間ほど南にあって意外に遠いのですが、ここも夕日が有名です。でもここは猿が多いので要注意!かなりの悪戯なので、日中行くときは身の回りの持ち物やサングラス、アクセサリーなどにお気を付けください。そしてここの目玉はやっぱりケチャ。また今度詳しくレポートします!

話を戻しますが、もしウブド観光からキンタマーニまで足を延ばすなら、ぜひウルンダヌバトゥール寺院をおすすめします!というのもここはブサキ寺院と並ぶバリ島ヒンドゥー教にとって重要なお寺だから。世界遺産にも登録されている由緒ある寺院です。その割にはあまり観光客に知られていない?いつ行っても空いています。

入場料は35000ルピアで、ミネラルウォーターかジュース込みでした。でもサロン(腰巻)レンタルは別料金。私は一人25000ルピア請求されましたが、他の日本人は一人50000ルピア払ったそうです。高いね!ここでは相手の言い値です💦ブサキ寺院も悪質ですが、バトゥール寺院も評判がイマイチなのはこのせいなのかも?

ウブド近郊のお寺は入場料を支払えば無料でサロンを借りられたように思いますが、県が違うとシステムも変わるのでバリ島旅行中は一枚サロンを持参すると安心です。

ところでウブド近郊の寺院や値上がりして今年から一律一人50000ルピアになりました。これはギャニアール県の新しい価格設定なので他の地域では分かりませんが、寺院観光はけっこうお金使います。

とはいえサロンに関して言えば、私が知る限り高級ホテルなら無料で貸し出してくれるはず。まずはフロントで聞いてみてください。自分で手配したドライバーの場合は事前にお願いしたら用意してくれると思います。

さて、サロンを借りたら若い女性が途中まで案内してくれましたが、私がインドネシア語を話せるからなのか、写真ばかり撮っていたからなのか、入口で帰っちゃいました。バリ島の寺院で勝手に案内人が付いても断り切れずに最後はチップを請求されることが多いので、つい警戒してしまいます。寺院観光はドライバーより日本語ガイド付きのカーチャーターをおすすめします!

圧巻👏
IMG20190811155617.jpg

もともとこのお寺はバトゥール湖のふもとにあったそうですが、山が噴火して寺院が焼けたか、埋もれたかで移動して今の場所に移ったそう。さすがはパワースポットなだけあって、敷地内は神聖な空気が漂っています。

伝統的なバリの割門
IMG20190811155439.jpg

寺院中央の広場
IMG20190811155856.jpg

写真には写っていませんが、端のほうで地元の人たちが竹のペンジョールみたいのを用意していました。また大きなお祭りがあるのかも知れません。ここに来たらバリ島ヒンドゥー教の寺院の特徴がすべて見られると思います。

お祈り中の家族
IMG20190811160024.jpg

バリ人にとって重要なお寺なので、平日でもお祈りに来る人がいるんですね。お祈りの後はみんな自撮りばかりしていたのが面白かった(笑)。

メルと呼ばれる塔
IMG20190811160401.jpg

タマンアユン寺院もメルが美しくて人気がありますが、バトゥール寺院のほうが厳かで伝統的な感じがします。タマンアユン寺院は塀に囲まれていて中に入ることができませんが、バトゥール寺院は開放的でどこまでも入ることができました。でも観光客はほとんど見かけません。今回で三回目の訪問ですが、インスタ映えなど無縁の厳粛で格調高いお寺だと感じた限りです。観光地化されていないのが逆にいいのかも知れません。バリ島の歴史や寺院に興味のある方にはぜひ一度足を運んでみてください。



それでは良い夢を!
明日に備えておやすみます💤

↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓


タピオカを超える美味しさ!ダルマン@warung warung

2019年07月27日 23:49

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

数か月間ずっと水シャワーだったんですが、ようやく給湯器を修理してお湯が使えるようになりました。さすがに乾季は夜冷えるので、水は耐え難いです💦バリ人は今でも温水器がない家が多いけど、寒くないのかな?ついでに数日前からはトイレの水漏れで床がびちゃびちゃだったので、ホースごと新しく取り換えて気分一新です!

それにしてもバリ島生活に故障はつきもの。給湯器は三代目だし、バイク、エアコン(ないけどね)など、とにかく電化製品がよく壊れます。電話一本で何でもお願いできるホテルの観光客とは違い、在住者の身だとすべて自分で手配&解決しないといけないのでストレスが溜まります。我慢ばかりのローカル暮らしですが、やっぱりお湯でシャワーが出来る幸せには代えられないですね。節約生活はほどほどに、これからはQOLの向上を目指します👆

さて、今日は珍しく南部の話題を。

ジンバランにあるWarung Warungというレストランで頼んだDalumanの飲み物がとても美味しかったんです。ダルマンって簡潔にいうと、緑のゼリー。そのダルマンを使ったドリンク、エスダルマンはバリ島に古くから伝わる伝統スイーツみたいなものです。作り方は簡単でダルマンの葉っぱに水を加えて揉んで、出てきた汁がしばらくすると固まって緑色のゼリー状になるんだそう。ダルマン自体は植物なので無糖で味がないけれど、それにココナッツミルクやパームシュガーなどを混ぜていただきます!

Es Daluman (Rp.22000)
2019-07-11-11-47-17.jpg

市場の数倍美味しくて、久しぶりに感動😋

ちょっとシンガポールのチェンドルを連想させる味わいです。観光客向けのレストランでメニューではめったに見かけないので、思わず注文しちゃいました👀

でもこのダルマン、ウブドでは意外にマイナーで近所の市場でもほとんど見かけません。5、6年前にデンパサール在住者に教えてもらって、初めて知った超ローカル食材!近所で売っているのは午後から営業の屋台の一店のみなんです。手間がかかって作り手がいないのか、割に合わないのか、分かりませんが、自分の中ではかなりのレアもの。もしかしたら私が知らないだけで、ウブドのレストランにあるのかも知れませんが、もしあればお店を教えてください。

最近日本はタピオカが大人気らしいけど、ダルマンのほうが絶対美味しい!しかも天然食材なのでとってもヘルシー。食物繊維も豊富でデトックスや美容効果もあるそうです。

Warung Warungの入口
IMG20190711115114.jpg

ワルンといってもローカル向けワルンではなく、観光客向けのレストラン。アラカルトのインドネシア料理もありますが、美味しそうなお惣菜がたくさん並んでいて、お好みで選べるナシチャンプルが人気のようです。

豊富なおかず
IMG20190711114226.jpg

どれも美味しそう
IMG20190711114159.jpg

とても清潔です!
IMG20190711114203.jpg

いろいろあって迷いそう
IMG20190711114206.jpg

エアコン完備の店内
IMG20190711114145.jpg

地元の人も利用していました。ローカル向けのワルンは衛生的に不安ですが、ここなら外国人も安心して地元のお料理が楽しめると思います。特にメニューが素晴らしい!インドネシアならではの地元料理や伝統的なお菓子、ドリンクなど観光客向けのレストランでは食べられないようなローカルグルメが揃っています。

たぶん化学調味料なども使っておらず、味も辛すぎず上品な味付けだと思います。口コミの評価もとても高いので、もしまたジンバランに行く機会があれば、ここでランチしてみたいです!



営業時間:10:00-21:00
電話: +62 819-890-800
トリップアドバイザーの口コミ👈

それでは良い夢を!
明日に備えておやすみます💤

↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓


プンゴセカンに寿司屋オープン!@Nagi Sushi

2019年05月17日 23:31

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

五月も中旬過ぎていよいよバリ島も乾季に入った模様です。1年ぶりの夜の肌寒さもどこか懐かしくすら感じます。

ところでバリ島って夏休みと季節のベストシーズンが重なるから最強なんです!同じ東南アジアでもバリ島とタイの季節は真逆で、バリ島の乾季はタイの雨季で、タイのベストシーズンは冬休みらしい。

バリ島の場合、私のおすすめはハイシーズン直前の6月です!ホテルもハイシーズン追加料金がないのでお得に泊まれます。7月と8月は気候は良いけど、航空券は高いし、ホテルも割増料金なうえ、満室でサービス落ちるし、どこに行っても渋滞だし、あまり良いことありません😅 もしまだ休みが取れそうならぜひ6月が狙い目ですよ!あとはジューンブライドの新婚旅行で行き先に迷ったらぜひバリ島へ🛫

ところで最近ウブドにも日本食ブーム再到来!?

先日はIndomaretでツナマヨおにぎりを見つけたことをツイートしましたが、スーパーやコンビニでおーいお茶が普通に売られている時代になりました。寿司が食べられる和食店も増えたし、行きつけのアンカサは今や餃子とラーメンが売りの定食屋に路線変更しちゃってるし、10年前には想像もできなかったウブドの変化にもう日本に帰らないでいいんじゃないかと思えるほどバリ島暮らしは快適です。

そんな中、先月新たな日本食レストランがウブドにオープンいたしました👏寿司がメインらしく、その名もNagi Sushi。

プンゴセカンって他にも人気レストランが密集しており、Nagiのすぐ近くにもCumudaという寿司屋さんがあって競争の激しいエリア。Nagiはウブド郊外に本店があるのですが、とうとうウブドデビューです。ちなみにその時の記事はこちら👈

場所はパノラマホテルのお隣
IMG20190429200627.jpg

新しくてグーグルマップやトリップアドバイザーにもまだ載ってませんが、日本人に人気のカキアンからも徒歩圏内です👣

お洒落な店構え✨
IMG20190429200658.jpg

アンドンにある本店に負けないセンスで、ランプも素敵💕

インスタ映えします!
IMG20190429200703.jpg

オープン当初ということもあってか、客層はインドネシア人が多かったのが印象的。最近のローカル富裕層はSNSを通して得た情報や流行りに敏感なので、ローカル客を取り込めたら怖いもの知らず!その点、カキアンやNagiはアンドンのお店もローカル率高いし、マーケティングが上手だなって思います。

さっそくカップルが撮影中📷
IMG20190429200723.jpg

それより後ろのゲイシャに注目👀
IMG20190429200753.jpg

いかにも欧米人が求めるニッポンを演出しています。やっぱり外国人は神社の鳥居とか着物姿の舞妓さんとかに日本らしさを感じるんですよね。私自身も人生の半分以上が外国暮らしなので、たまに日本に行くと観光客の気分に浸っちゃうし、外から見る日本のことは分かっているつもり。でもそういう日本のイメージは嫌いじゃないです。

カウンター席も🍣🥢
IMG20190429202203.jpg

お食事メニューはアンドンとほぼ同じようですが、料金はお高め。ウブドの中級レストラン並みの価格設定ですが、驚いたのはビールのお値段。高級店にありがちな小瓶しか置いておらず、お食事に対して割高でした💦 お酒好きの方はお気をつけください😅

大好きな寿司ロール💗
2019-04-29-20-24-05.jpg

名前忘れちゃいましたが美味しかった😋
2019-04-29-20-22-47.jpg

在住者の私はバイクもあるので、行くならアンドン店かな、というのが正直な感想ですが、とにかくロケーションが便利なので中心部のホテルに滞在中の方にはおすすめです。

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓
banner_blogranking.gif

若者に人気のファストフード店@Ayam Geprek

2019年05月16日 12:48

スラマッシア~ン🎵 こんにちは!

最近食ネタ続きでスミマセン。

でも他にもネタはたくさん溜まっているんです💦とりあえず、前のものから順番に更新して片づけていこうと思います。

バリ島に限らず、インドネシア料理には揚げ物が多いのが特徴。夕方から始まる屋台でも売られているものはゴレンガン(その名も揚げ物)という食べ物ばかりです。豆腐、バナナ、芋、鶏肉、魚、テンペ、ポテト、マッシュルームと何でも衣で揚げて食べるのがインドネシア流。

日本や欧米でいう、ファストフードというカテゴリかな。そう思うと、バビグリンやナシチャンプルのワルンだって、パダン料理のワルンだって、作り置きのおかずを盛るだけだし、インドネシア料理って基本的にすべてがファストフードだったりします😅

そして近年バリ島で急増しているのがケンタッキーフライドチキンまがいのフライドチキン店。バリ島発祥の人気店JFCをはじめ、ACK、BFC、CFC、Mr. Cripsなど、田舎ではコンビニより多いくらいに増えています。その中でもAyam Geprek Madagaskarはメニューもちょっとモダンで他店と一線を引くお店らしく、ローカルの若者の間では人気があるんだとか。

チェーン店とはいえ、他のフライドチキン店と比べると数が少なめで、ウブドではプリアタン、テガス地区に一店のみ。テガスの街道沿いはワルンよりちょっと高級なローカル向けのお手頃レストラン(通称レスト)が並ぶちょっとしたグルメ通りなんです。

私が10年若ければオープン早々行ったと思うのですが、今となってはあまりファストフードは食べないし、なかなか行く機会がありませんでした。たまたまお祭りの日と重なったせいか、近所のワルンがすべてクローズだった日に晩ご飯にありつけずに困ったのが初来店のきっかけです。困ったときのフライドチキン🍗

マダガスカルってカタカナで表記
IMG20190424213018.jpg

日本語は人気ないけど💦、日本人がアルファベットに憧れるのと似ている感覚なのか、インドネシアではいろんな製品に日本語が書いてあったりします。日本語が書いてあるとイメージアップでカッコいいのかな。

10年前のウブドなら想像できない光景
IMG20190424212331.jpg

夜遅い時間帯だったのにお寺帰りのバリ人の利用が多かったのは意外でした。

清潔感のある店内
IMG20190424212257.jpg

レジ
IMG20190424212239.jpg

ファストフード店ですね。昔なら外国人向けのお店だと敬遠されたと思いますが、屋台よりお高いとはいえ今じゃローカルが当たり前に利用する時代。もともと揚げ物好きな国民なので、ファストフード店の増加に伴い子供の肥満が増えたように感じるのは私だけ!?

メニュー(🔍クリックすると拡大)
IMG20190424212324.jpg IMG20190424212315.jpg

ちなみにKはゼロ3つのこと。最近はウブドのレストランメニューでもゼロを省くお店が多いです。たとえば50は50000ルピア、50Kも同じ意味になります。

お持ち帰り箱
2019-04-24-21-37-31.jpg

コンボのフライドチキン(19000ルピア也)
2019-04-24-21-37-59.jpg

レジ前のメニューには美味しそうなチーズソースの写真が載っていましたが、実際はケチャップしか入っておらず残念(>_<)。右の紙で包まれた丸い物体はご飯です🍚バリ島ではフライドチキンもご飯で食べるのがインドネシア流。おにぎりサイズのご飯は慣れるとなかなか病みつきになります!食欲ないときなどご飯だけ買いに行くことも。。。

他のお店だと安いところは11000ルピアから15000ルピアなので、ちょっとお高めですね。とはいえ、チキンはサイズも大きく柔らかくてまあまあ美味しかったです😋

せっかくならMADバーガーやMonsterフライなど、オリジナル商品を注文したら良かったかも。他のなんちゃってKFC店に比べ、店内は広く清潔感があるので、普段はお持ち帰り好きの私でもここならイートインしても良いかなって思える雰囲気でした。

ハンバーガーが密かに気になります(笑)。また近いうちにぜひ行きたいです!



それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓
banner_blogranking.gif