【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

ロッキー観光&氷河へ行こう!@バンク国立公園

2011年09月20日 19:36

バンフ2日目は朝から国立公園とコロンビア大氷原へ!

バンフは町も含めて国立公園内に位置しており、世界遺産にも登録されているんだそうです。そういえば今回の日本の滞在中から世界遺産巡りにはまっていましたが、これは偶然!生きているうちにどれだけ世界遺産を巡れるかな。

この一日ツアーは実に多くの湖を回ったので、正直名前とかはっきり覚えていないのですが、すばらしい景色が広がっていました!一応、覚えている限りでは・・・

最初に行ったレイクルイーズ
P9090790.jpg

バンフの隣りの町にあります。快晴だったのでこのように湖面に山がきれいに反射しています!

P9090795.jpg

湖のすぐ隣にある高級ホテルです
P9090800.jpg

素晴らしいの一言!
P9090816.jpg

なんでロッキー山脈と呼ばれるのか、納得です。大きな岩のような山々が広がっていました。

P9090822.jpg

日本の山にもありそうなレストランと宿泊施設でお昼を食べました。
P9090825.jpg P9090826.jpg

いよいよ氷河へ!
P9090832.jpg

山小屋から出ているバスを乗り換えてとうとう到着です。
P9090835.jpg

氷河を走るアイスエキスプローラー
P9090838.jpg

氷河の溶け水
P9090844.jpg

細菌のないきれいな水らしく、1口飲めば10年若返り、2口飲めば20年若返り、3口飲めばお腹を壊すと言われているそう(笑)。

ドライバーと記念撮影
P9090848.jpg P9090869.jpg

こちらの氷河はアサバスカ氷河という名前。ガイドさんが、ケサ(今朝)バスカじゃないですよ~と言っていたのがおかしかったです。日本人のガイドさんがずっと案内してくれたのですが、よくいろんなことを知っていて説明も分かりやすくて上手でした。1万5千年以上も前の氷河が今も残っているのはすごいことですが、やはり温暖化の影響かものすごいスピードで減っているのは一目瞭然。氷河は溶けながらも常に移動し続けいているんだそうです。遠目からみると残雪と対して変わらないのですが、厚みは300メートルほどあると聞いて驚きました。この氷河も50年も経てばなくなるのかな?それでもコロンビア大氷原は氷原といわれるだけあって、ものすごく大きいみたいです。空から見ないと分からないけど・・・。アサバスカ氷河はかなり溶けていて、足元にずぼっと穴があったりしました。これがもう少し冷え込むと滑ってしまいそう!

これが一番印象的だったペイトーレイク
P9090856.jpg

岩の粉が混じって季節によってはこのようなミルキーな色あいに変化するんだとか!
P9090860.jpg

この景色はガイドブックで見たので感動しました。ホントにこんな色なんですね!自分が撮った写真とは思えないほどですが、絵になる風景でした。

ボウレイク(だったかな?)
P9090864.jpg

すごくきれいな景色だけれど、カナディアンロッキーは意外にも紫外線が強いらしく、日本の5倍くらいあるんだって!この日も写真を見る限り涼しそうですが、かなりの日差しで暑かったんです。氷河時代から続いているロッキー山脈にとてつもないスケールの大きさを実感しました。

夜はやっぱり日本食が恋しくなり・・・
P9090885.jpg

懐かしいアメリカ風のロール寿司を食べました。日本では寿司=にぎりのイメージですが、個人的にはロール寿司のほうが好きなんです。カナダ産のスモークサーモンの押し寿司もすごくおいしくて、追加注文しちゃったくらい!外国で食べる寿司もまたいいものですね。

氷河の溶け水を使ったカナダビール!
P9090884.jpg

飲みやすくて美味しかったです。

あっという間のカナダ旅行でしたが、すごく貴重な体験ができたことを感謝しています。旅行ってやっぱりいいですね。今回は家族旅行だったので現地での人の交流はなかったものの、ずっと離れて暮らしている家族との良き思い出になりました!

最終日、カルガリー空港へ向かう途中のご来光!
P9090888.jpg

朝のフライトから見下ろすカナディアンロッキー
P9100891.jpg

今度はどこに行こうかな?なんて、ちょっと今から楽しみになっている自分がいたりします♪そろそろ心はバリ島に戻ってきたかな~。

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

バンフの街に到着!

2011年09月19日 16:25

この旅行中にいかにカナダが大きな国かということを思い知らされたように思います。4泊6日というスケジュールのうち、実に2日以上は移動にかけていたような。東西の時差が4時間半もあるそうですよ。

さて、ナイアガラの滝を楽しんだ翌日はもう一つの目的地、カナディアンロッキーへ!トロント空港からカルガリー空港まで飛びました。飛行時間は4時間、時差は2時間・・・

カナダ人に愛されるコーヒーショップ「Tim Hortons」とメープルクリーム入りのドーナッツ
P9070755.jpg P9070756.jpg

アメリカ人=スターバックスというように、カナダ人=Tim Hortonsらしいです。スタバと違ってこちらは国内営業のみなので、カナダ人が自国に戻ってまず行くのがTim Hortonsだとか!気取らないカナダ人気質が出ているのか、お店はいたってシンプルでカジュアルな雰囲気。コーヒーが有名とのことですが、ドーナッツ類も豊富ですごくおいしかった!

日本だとミスタードーナツみたいな感じかな?料金もスタバの半額ほどとお手頃だし、カナダ人に愛されるのも分かります。甘党のカナダ人だけあって、レギュラーコーヒーというのにはすでに砂糖とミルクが混ざっているんだそう!ブラックはあまり飲まないらしい・・・バリ人みたいだ!なので、頼むときは必ずブラックコーヒーと言わないといけません。レギュラーがミルクx1、シュガーx1なのですが、中にはダブルダブル(ミルクx2、シュガーx2)を頼む人もいるんだとか。ブラックコーヒーは苦味がなくてさっぱりした味で飲みやすかったです。ドーナツとの相性も◎。ここ、かなり気に入ってしまい、最終日の朝食もカルガリー空港で同じものを食べてしまいました^^。

カルガリー空港に無事到着したのですが、そこからバンフへの道のりがまたまた長~いのです。だだっ広い牧草地の中の高速道路を走ること2時間弱?途中ガイドさんの説明によると、カルガリーという町は今すごく人気があって、住宅も増加し続けているんだそう。でも日本の新興住宅街のように隣との距離がなく、すごく密集していました。この町は油田があるので、経済的にかなり豊かなんだとか。消費税も日本同様5%のみ。お土産を買うならアルバータ州がお得です!途中、カルガリーオリンピックのときに使われたジャンプ台も見えましたよ。

バンフにようやく到着!
P9080759.jpg

カナディアンロッキーが目の前に見えます。
P9080766.jpg

マイナスイオンで溢れていたナイアガラとは違い、こちらはすごく乾燥した気候。指やかかとがひび割れるほど・・・これじゃウン万円もする化粧品を使っても皺が取れなさそう(汗)。山のふもとなのでナイアガラより寒いかと思いきや、こちらは晴天で気温も30度近くありました。日本でもそうだけど、山に近くても特に夏が涼しいわけじゃないんですね。山の人に言わせたら、山だから暑いんだとか!?

見つけちゃったバーガー車
P9080771.jpg

移動でほぼ1日かかったので、夕方から少し散策して、ディナーはホテルの目の前のステーキハウスでいただきました。ホテルは便利な街中のホテルにしたので、けっこう便利でした。バンフの中心部は道はウブドより広いものの、規模はウブドよりこじんまりしてました。お土産ショップやレストランの数は断然ウブドのほうが多いっ!それでも初カナダのイブウブ子にとってはお土産は興味をそそるもの。メープルを使った食品やアンモライトのジュエリーなど、ウブドには売っていないものがたくさんありました。そして意外にもお店の店員さんに日本人が多くてびっくり。それだけ日本人旅行者も多いのかしら?

アルバータ牛のステーキ
P9080778.jpg

アットホームなレストランだったのですが、はい、このディナーが旅行中で一番おいしかった思い出になりました!

翌日はいよいよカナディアンロッキーと氷河の旅へ!

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

ナイアガラ観光@Canada

2011年09月18日 12:35

ナイアガラの町はアメリカ人観光客が多いので、すごくアメリカっぽい感じがしました。そしてカナダ人はかなりの甘党!肥満の人がすごく多かったのが印象的でした。

甘そうなカップケーキ
P9070704.jpg

チョコレートで有名なHershy'sにて
P9070708.jpg P9070709.jpg

ランチの後は付近のナイアガラオンザレイクという、イギリス風の街並みが残る町にて自由行動。時計台のあるメイン通りが端から端まで500メートルほどのこじんまりとした町で、小さなギフトショップやレストランが並んでいますが、歩道にはカラフルな花壇があったり、少し離れた町の駐車場から無料バスが常時運行されていたり、落ち着いた雰囲気の漂うステキな街並みでした!日本で言えば軽井沢みたいな感じなのかな。

スターバックスもこの通り
P9070712.jpg

景観重視の街並みなので、スタバもロゴを取り外し、色合いも変えているようです。ウブドのスタバも街に合う感じになっていますよね。

おいしそうなクッキー
P9070715.jpg

覗いてみたり・・・
P9070719.jpg

メープルコーヒーとなるものを飲みましたが、紅茶のようで正直微妙。実は自分用のおみやげに買ってしまったことをちょっぴり後悔してしまいました。

その後はワイナリー見学へ
P9070724.jpg

国内外でたくさんの賞を受賞しているんだそうです。
P9070723.jpg P9070730.jpg

カナダのワインで有名なのが、アイスワイン。凍った葡萄から作られた甘みの強い最高級のワインだそうで、試飲しましたが食前酒に向いてそう。ほかのワインもいろいろ飲むことができまた。白ワインとかは10ドルほどからあるようで、バリ島のハッテンワインが12ドルもするのが不思議なくらい。。。

さて夜はまたナイアガラの町へ
P9070733.jpg

今回はナイアガラの滝から1キロほど離れたおもちゃ街のようなストリートへ繰り出しました!9月に入ったので、けっこう人が少なくなっていましたが、アメリカ人やカナダ人の家族客が大半で、子供が楽しめそうな感じです。

P9070736.jpg

観覧車
P9070738.jpg

乗りましたよ。5回くらい回ったかな?ちょうど夕日が見られる時間だったので、空が幻想的でした。右の壁を登っている人は人形ですよん!タクシーもぶらさがってるし!

前からみるとこんな感じ
P9070741.jpg

キングコングもいるし、面白いことに建物自体が斜めに建てられているんです。

こちらはフランケンシュタインとコラボしたバーガーキング
P9070740.jpg

お化け屋敷にもなっているんですって。ちなみにカナダ人はお化け屋敷が大好きだそうで、この地区にはお化け屋敷がたくさんあるようです。ところで空の色が怖くてびっくりですが、実際もこんな感じで特に加工していないんですよ。

おっ、これはジャックスパロウか!?
P9070745.jpg

蝋人形の館やギネス記念館みたいのもありました。エンターテイメントもたっぷり楽しめるナイアガラの観光地でした~。

夜はHard Rock Cafe
P9070752.jpg

なぜかアメリカ系のチェーンレストランばかりで食べてしまいましたが、ファーストフード系とホテルを除くと、なかなかそれ以外のレストランって見当たらなかったのです(涙)。カナダを旅しているのかアメリカを旅しているのか、よく分からなくなりましたが、やっぱり量は半端なくデカイ!!!アメリカ生活で慣れていたはずですが、すっかり忘れていました。やっぱりグルメを楽しむ場所ではないのか・・・とちょっぴり今後のカナダの滞在が不安になっちゃいました。

次回はカナディアンロッキーの町バンフに続く・・・

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

霧の乙女号に乗船!@Niagara Falls

2011年09月16日 11:14

今回の帰国中、日本国内でも旅ばかりしていましたが、実は今回の帰国のハイライトともいえるのがカナダ旅行。母、祖母、妹の四人で贅沢にもナイアガラの滝とカナディアンロッキーに行ってきました!えっへ^^ ちなみにアメリカ8年間も住んでいたのに初カナダです!

普段は一人旅ばかりしているので、予約も計画もすべて自分で取り仕切っているのですけど、家族で行く旅行はもっぱらパック旅行。旅行会社に申し込んでおけば全部やってもらえるのはホントに楽チン♪成田空港に15時45分に集合とのことだったので、5分前に間に合うように時間ぴったりに到着しました!でもこれが計算ミス?家族のメンバーは14時過ぎには到着していたとのこと!いつも余裕のない自分の行動っぷりが出てしまった(汗)。ともあれ、遅れなかったのでセーフとしよう。

今回利用したのはエアカナダ。スターアライアンス系の航空会社だったのでマイルもゲットできて◎。さすが旅行会社で予約するとすごいと思ったのが、仲良しシートと言われる席の確保が可能なこと!でも横3列までしか取れず、一人だけ前列の真ん中になってしまった(汗)。いつもは日本とバリの往復ばかりなので7時間弱と短い飛行時間ですが、今回はトロント行きだったので12時間も乗ることになりました。空港は大好きなのですが、飛行機が苦手。機内にいるときはありえないほど窮屈で、あまりにも長い飛行時間に発狂しそうになったけれど、何とか無事トロントに到着しました。8時間を越える飛行はちょっとムリかも・・・(汗)。

今回泊まったのはトロントからさらに車で1時間ちょっと離れたナイアガラの滝の見えるホテル。到着したのが夕方過ぎだったこともあって、ナイアガラの町の最初の印象は富山の国道を走っているのかと思うほどド田舎でした。

まずはホテルの部屋からの眺め
P9070732.jpg

フォールヴューのお部屋だったので目の前がカナダ滝というゴージャスな景観。後で知ったのだが、ナイアガラで最高級のホテルだったらしい・・・。日が暮れるまでちょっと休憩をしてからディナーに出かけました。一応タクシーはあるのだけど、徒歩で歩いている人がほとんどです。治安は良さそう。ホテルのそばにはアメリカ系のチェーンレストランばかりだったので、肉料理で有名なTony Roma'sへ。カナダ人は愛国心が強い国民で、アメリカと一緒にされることを嫌うそうですが、ナイアガラはほとんどアメリカって感じでした。観光名所に加え、橋の向こうはニューヨーク州なのでよりアメリカ色が強いのかも知れないですね。何となくラスベガスもどきでアメリカの田舎のカジノ街みたいでしたけど・・・。

やっぱり本場のスペアリブでしょ♪
P9060652.jpg

何か肉なのか魚なのか、どの部分か分からないどでかい肉が出てきました!アメリカで食べたらもっとおいしかったような気もしないでもないですが、これはウブドのNuri'sのほうが断然おいしー。ピラフも変な味だったし、おばあちゃんは閉口してました(汗)。

翌日は8時半出発でナイアガラ一日観光へ!ちなみにホテルの朝食は高いだけあって、かなりおいしかったです。この日の予定はナイアガラの滝を近くで見られる霧の乙女号の乗船、そして日系のお土産屋さんに立ち寄り、お昼はナイアガラの滝が見えるレストランでビュッフェ、そしてナイアガラ・オン・ザレイクというオサレな町での自由行動、最後にワイナリー見学だったと思います。日本人観光客の典型的なツアーかな。

アメリカ滝
P9060675.jpg

ナイアガラの滝は英語で書くとNiagara Fallsと複数形なだけあって、アメリカ滝、カナダ滝、ブライダルベール滝の3つから成り立っているのだそう。

P9060660.jpg P9060666.jpg

これはカナダ滝の落ちる寸前!
P9060662.jpg

夜はそこまで感じなかったのだけど、ものすごい水量に驚きました。水の厚みがすごい!特にこの地点は柵の真下が滝になっていて迫力満点でした。滝に吸い込まれそうで思わず足がすくみました。

こちらが霧の乙女号
P9060679.jpg

カナダの歴史って案外知られていないのですが、なんと滝の中の遊覧船は150年前にすでにあったとか!その頃日本は幕末?今でこそ日本は先進国だけどちょっと驚きました。

ビニール袋の雨合羽を着ていざ出発!
P9060680.jpg

すごい!
P9060684.jpg

これが限界・・・
P9060688.jpg

この後、カナダ滝の近くまで寄っていったのですが、もう顔中びしょぬれになったので、ここでカメラ撮影はあきらめました。こんな大きな滝だからもっと揺れるかと思ったけど、そんなに怖くありませんでした。

カナダ滝(右)の水しぶきを見て!
P9060691.jpg

ホテルの部屋からも見えたのですが、水しぶきで近くの駐車場が常時濡れているほどマイナスイオンがたっぷりですね!

ガイドさんによると、トロントは数日前まで30度くらいの猛暑だったそうですが、突然寒くなったとのこと。行ったときはあいにくの曇り空で気温も15度くらいだったと思います。その後はお土産ショップでお買い物タイム♪カナダと言えばメープル。。試食コーナーが充実していて、どれもおいしかったので、みんなメープルクッキー、メープルシロップ、メープルチョコレート、メープルティー、メープルコーヒーなどいっぱい買い込んでいました。やっぱり日本人はお土産を買うのが好きなのかもね^^。でもツアーの場合、まとめ買いできる機会が限られるので、ついついここぞと買ってしまう心境なのかも!

世界三大瀑布でもあるナイアガラの滝に行けたことはすごく貴重な体験でした。

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ