チキンカレー@mangga madu

2009年08月04日 13:46

在住者に圧倒的な人気を得ているウブドのワルンといえば、マンガ・マドゥ。ガイドブックや口コミのおかげで日本人の旅行者にもよく知られています。

こっちのワルンは食事の時間を楽しむ目的で作られていないので、仲間や友達とのんびり食べて、飲んで、話して・・・というのができない。けれど、マンガ・マドゥはテーブルの雰囲気も良いし、値段もお手ごろなので、居酒屋気分でついつい長居しちゃいます。それほど居心地が良いワルンなのです。

いつもはチキンステーキばかり頼みますが、初めてチキンカレーを注文してみました。
P7091041.jpg

ツナカレーもありますが、チキンカレーだけ卵付きのようです。まろやかで食べやすい味付けでした。また頼んじゃうかな。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif

にぽぽさんと再会@Mangga Madu

2009年05月30日 21:26

ゴールデンウィークにさかのぼりますが、ブログで知り合ったにぽぽさんがウブドに来ていたので、一緒にディナーをしました。前回はカサルナで食べましたが、今回は庶民的なマンガ・マドゥへ!偶然にもにぽぽさんはまだ行ったことがなかったらしいです。

マンガ・マドゥはウブドのメイン通り(Jl.Raya Ubud)を東に進み、大きな石像が見えたら、さらに直進すること数十メートル。右手にあります。

ここは外国人在住者ご用達の安飯レストラン!でも、最近はガイドブックを見て高級ホテルなんかに泊まっている観光客もやってきます。ここはローカルのバリ人に見習って欲しいほどの繁盛振り!昼間も夜もお客さんが大勢います。流行っている理由は、もちろん安さだけじゃありません。味がとても◎なのです。他のインドネシア料理店と比べてもその差は明らかです。

さて、ここに来るといつも同じものばかり頼んでしまいます。

チキンなんだけど、いまだに名前を覚えていない・・・
P5140094.jpg

テーブルに写真入のメニューがありますが、その中の一つです。

にぽぽさんはナシ・チャンプル
P5140096.jpg

レストランの右側にはちょっと洒落たテラス席(プラスチックだけど)があって、キャンドルなんかもあったりして、ちょっとロマンチック♪おすすめのワルンです。

食事の後は、恒例のカキアンでのお茶。前にブログでベークドチーズケーキがあるといいなって書いていたのですが、何とありました!

P5140098.jpg

中にブルーベリーが入っていて、甘すぎずすっぱすぎず、そして乾燥しすぎずいい感じでした。なかなかいいのでは?チーズケーキってケーキの中ではシンプルな存在ですが、実はいろんなタイプがあるので奥が深いと思います。地味なんだけど、案外難しいのがチーズケーキ。値札もまだ手書きで出来ていないようなので、数ヵ月後に消えてしまわないように願っています。テスト期間の売り上げが良くなかったらなくなるのかな・・・?

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif

マンガマドゥで一人ディナー

2008年11月08日 21:41

最近、いよいよ本格的に雨季に突入したらしく、夜は11時以降に必ず大雨が降ります。夜に降る分には構わないんだけど、バイクしか持っていないイブウブ子は夜間外出禁止令!だって、こっちの雨は半端じゃなく勢いがあるので、雨具を着ても濡れちゃうんです。今晴れていても、2時間後は分からないので、あまり気軽に外出できません。これが12月、1月になるとだんだん夕方とか昼過ぎとかにどしゃぶりになる日が増えて、もっと雨季っぽくなるんだろうな・・・。

不安な天気の日は近くでお食事を、と言うことで、最近またマンガ・マドゥに行ってきました。

看板
mangga_PB010641.jpg

いつもはチキンですが、今回はツナステーキにトライ!
mangga_PB010643.jpg

熱々で湯気が立ってます。似たような名前でどっちがどっちか忘れましたが、写真入りメニューの上のほう(値段が若干高いほう)です。フライじゃなくてグリルのほうかな?観光客用のレストランで食べる分厚いツナとは違いますが、おいしくいただきました。

ここはいつ行っても、在住者やローカル、観光客で繁盛しています。この日は日本人の女の子二人と来ていたガイド(ローカルボーイ?)がいました。新しいスタッフが入ったのか、笑顔がかわいくて英語が話せる子がいました。ローカルの場所で笑顔で迎えてくれる場所はないので、ちょっと意外!でした。(そう、バリに来るとみんなバリ人の笑顔に癒されると言われますが、あくまでも観光客慣れしている人だけの話です。一般のバリ人はこっちが笑わないと無愛想なままです・・・)

mannga_PB010640.jpg

ちょっとローカルの雰囲気でローカルフードを食べてみたいと言う人には一押しのワルンです。ローカルと言っても、よっぽどお金持ち者じゃない限り、安くはないのですが・・・。家族で1ヶ月に一回のご馳走って感じかな。若者のデートだったら、ちょっとがんばっちゃうって感じです。

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?

チーズチキン@Mangga Madu

2008年09月16日 16:04

この前、久しぶりにMangga Maduに行ってきました。

7時過ぎに行ったのですが、平日にもかかわらず(っていうか、バリは年中ホリデーだから関係ない?)、次々とお客さんが入ってくるのにはびっくり!

顔ぶれを見ても、日本人、白人とインドネシア人の家族だったり、彼女だったり、彼氏だったりと実に多様。だいたい在住者は顔を見て分かるか(何しろ狭い世界だから!)、身なり風貌から予測がつきます。たぶん、お客さんの8割が在住者ってとこかな。

実は待ち合わせの時間より、ちょっと早めに行って待っていたのね。座敷席を確保したのはいいんだけど、お姉ちゃんたちはちっとも気にしてない様子。メニューすら持ってきてくれないんです。まったく視界に入っていない・・・。

ようやく呼んでメニューを持ってきてもらい、とりあえず飲み物をオーダーしました。

いくらおいしくて人気とはいえ、Mangga Maduは観光客用のレストランじゃないので、サービスも期待できないのは最初っから分かっています。なので、別に怒りもしないのですが、ローカルのレストランでいつも不思議なのは、お客さんのほうから積極的に注文しないといけないこと。そうじゃないとお店の人はぜんぜん見向いてくれません。(っていうか、むしろ呼ばれるのを待っている!)そしてもうひとつ不思議なのは、観光客向けレストランだとそれとまったく逆で、メニューを持ってきたときにすぐに注文を聞いてきます。こっちは見てすぐに即答はできないのに、横で立って待たれると何となくバツが悪い・・・。そしてローカルワルン同様、ほったらかしにされてこっちから呼ばないといけないレストランも多々あります。高めの観光客向けレストランだとそんなことはないんだけれど、そういうところは、なぜか食べ終わるとすぐにお皿を片付けるんで、何となく早く出て行けとばかりに急かされる!注文を取るタイミング、お皿を片付けるタイミング、簡単なようで案外難しいものです。たとえば何皿も頼んでいる場合、お皿が空になったら速やかに片付けたり、前菜が食べ終わったらメインが来る前に片付けるっていうのはいいのですが、やっぱり最後のお皿はお客さんが会計するまで片付けて欲しくないなぁ。もしかしたら、『食べ終わったお皿=片付ける』というマニュアルしか頭に入っていないから、それが最初に注文したものでも、最後の注文でも、まったく同じようにしか対応できていないのでは?雰囲気も味もいいのに、サービスがイマイチなレストラン、残念ながらウブドにはまだまだ多いように感じます。

一般的なバリ人を見ていると、決められたことしか出来ない人が多いです。そして何かにつけて、ボスを頼る!常識の範囲で応用を利かせることの出来る人が少ないので、そういうちょっと頭のいい人は絶対すぐに出世します(笑)。 日本人の感覚だと、それが当然であって、特に頭がいいとは思われないけど・・・。

さてさて、話に戻り、ディナーの紹介です!

Chicken Keju
mangga_madu_ayamkeju.jpg

価格は覚えていませんが、メニューの中で一番高かったと思います。フレンチフライとフライドチキンが一番高級とはいかにもバリらしい!マクドナルドやKFCなどのファーストフードはこっちではご馳走です。一昔前の日本と同じ感じかな。

まったくアンヘルシーなディナーなのですが、ビールが進む味付けで、ペロリと平らげちゃいました。特にチキンの中に溶けているチーズが最高☆ 

ついでにこっちはいつも食べているチキン
mangga_madu_chicken.jpg

名前を忘れちゃいましたが、Mangga Maduに写真入りでテーブルに置いているのですぐに分かると思います。ホットプレートがジュージューいって熱々なのがおいしいのだ~。

ポチっとお願いします!

いつもありがとう!!

宴会@マンガ・マドゥ

2008年02月20日 21:52

先日、ブログ仲間の方がバリにいらっしゃいました。実は、以前にもお会いしたことがあるのですが、そのときの「お騒がせ事件」がきっかけで仲良くなったのです。今回は全員で4人での渡バリということで、メールで密かにマンガ・マドゥでの宴会を予定していました。

現地集合ということでしたが、この日はあいにく直前に大雨に見舞われました。・・・にもかかわらず、賑わいを見せる大衆食堂「マンガ・マドゥ」!ローカルワルンで満席とはやるねピース

mangga_madu080208.jpg

ちょうど年齢も同じくらいだったし、ビンタン☆ビール飲みながらいろいろな話をしたよ。みんな、ブログをチェックしてくれていて、載っているお店に行ったりしたみたいです。

いっぱい頼んだので、メニューを紹介しちゃいます!

ソト・アヤム
mangga_madu_soto_ayam.jpg

透明なヌードル入りで味もまろやか。

BBQチキン(サミさんの犬も一緒に!)
mangga_madu_bbq_chicken.jpg

一緒にバリに来られるなんてラッキーなぬいぐるみです。ポテトがビールのつまみに◎でした。

完食した後は、いよいよナシゴレンとミーゴレンの登場!
mangga_madu_finish.jpg

ここで新たな発見です。ここのナシゴレンは卵焼きなしなのですが、注文したら3000ルピア追加で卵付きになるんです!知らなんだ・・・(ちょっと富山弁♪) やっぱり卵があるほうがいいです。ミーゴレンは麺がおいしかったです。半生タイプなのかな?日本のソース焼きそばみたいだけど、微妙にソースの味つけが違う感じです。

マンガ・マドゥ、今回も裏切りナシです!何を食べてもおいしいってすごい。そして、ここのすごいところをまた見つけちゃいました。

閉店までいたので、ホテルからタクシーを呼ぼうと思ったのですが、この日は携帯忘れちゃって、厨房まで電話を借りに行きました。そしたらオーナーらしきおばちゃんがいて、代わりにかけてくれたのですが、その際に電話代としてお金を渡したら、「そんなのいいから、大丈夫」って受け取らなかったのです。これには正直感激しちゃいました。本当に人のいいおばちゃんって感じで、ますますマンガ・マドゥのファンになっちゃいましたheart02

ポチっとお願いします!