【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

プリアタンの薬局「Kimia Farma」

2007年11月25日 20:45

日本から持ってきたビタミンサプリメントがそろそろ底をついてきました。普段からビタミンは補充するようにしていたので、何とかして良いビタミン剤を探さねば・・・ということで、さっそく口コミで情報を得ました。

ウブドからも比較的近いプリアタン通りに、インドネシアの大手ドラッグストア「Kimia Farma」があると聞きました。これまでプリアタン通りは何度も行き来していたのですが、案外気づかないものです。注意して探したら、プンゴセカンの少し手前、右側に青い看板を発見!

店の外観
kimia_farma1.jpg

でも、左側通行のインドネシアでは、右側の店に入るのは結構面倒くさい。イブウブ子が運転下手なだけかも知れないのですが、何となく右の店に行くのは苦手です。何とか駐車して店内へ・・・。

入ってすぐ右側にはアメリカ製の高級ビタミンがずらっと陳列されてます。
kimia_farma3.jpg

そして体重計も!
kimia_farma2.jpg

なぜか、ここはオーバースタッフじゃないと思うほど、スタッフが多いのが気になりました。しかも、入るや否や、右の高級ビタミン剤を2人、3人と誘ってくるのです。値段は、日本と同じくらい=インドネシアではありえないほど高額。日本人だからお金持っていると思われているのでしょう。各ブランドごとに担当がいるらしく、1列目、2列目、3列目と別の女の子が勧誘してきます。本当に落ち着いて見られない!日本みたいに、お客さんに選ばせて欲しいのと思いました。インドネシアは、デパートでもそうですが、各コーナーに一人ずつ配属されていて、通るたびに声をかけられるのです。スタッフ多すぎじゃんって思うのはイブウブ子だけ?こんなにいっぱい人がいるから、給料が低くなるのでは?と余計なことを考えてしまいます。

確かに、輸入品ビタミン剤は興味ありましたが、アメリカで買ったほうが安いと思ったし、アメリカ製というだけで信頼もできなかった(怪しげな通販で売られているようなヘルシー風のサプリメント)ので、奥のインドネシア製のサプリメントコーナーへ行きました。お姉ちゃんたち、ちょっとがっかりしていたようだけど、観光客ならまだしも、在住者のイブウブ子はそんな高級なサプリメントを毎日摂れないよぅ。

インドネシアの製薬会社が出しているビタミンもあったけど、パッケージが何ともレトロで中身もちょっと心配だったので、ドイツのBayer(バイエル薬品)から出ているサプリメント(Berocca)を購入しました。バイエル製品は世界中に会社を持っていて、こちらももちろんジャカルタで生産されているものです。つい先月、インドネシア・バイエル社の方がマヤ・ウブドで泊まってミーティングされたこともあり、何となく好感が持てたのも理由のひとつです。ドイツ製は、何でも信頼できると思うのはおそらく万国共通では?

ついでに美容効果の期待できるビタミンCとビタミンEも購入しちゃいました。こちらは両方ともインドネシア製品らしいのですが、パッケージがモダンで英語でも説明があったので、信頼できるとみた!ビタミンCはカプセルで12時間かけて吸収されるのと、ビタミンEは天然のものだということが分かりました。

本日購入したビタミンE(16個入りRp.14000ほど)、ビタミンC(4個入りRp.4500ほど)、Berocca(5個入りRp.8500ほど)
kimia_farma_myvitamin.jpg

普段の食生活が基本なので、サプリメントだけに頼ることはできませんが、ビタミンとミネラルは意識して摂るようにしたいものです。ちなみに日本で売っているビタミン剤は、アメリカやヨーロッパの基準と比べると容量が少ないです。今のがなくなったら、Bayer製品の総合ビタミンSupradynカプセルを買うつもりです。

ポチっとお願いします!

関連記事

パダン料理@Puteri Minang

2007年11月24日 20:58

またまた食ネタです(笑)!

太ると言われて最近ご無沙汰だったパダン料理ですが、今晩なぜかすっごく食べたい症が出てきて、バイクでひとっ走りしてきました。

自分で言うのもなんだけど、イブウブ子、まずいものは分かるという自信があります。あまりグルメじゃないので、まずいもの以外はすべておいしいと感じてしまうのです。(変かな?)

パダン料理はウブドでいくつか試しましたが、今のところプトゥリ・ミナンが一番おいしいです。ウブドにはメイン通り、Warung Igelancaの隣りとモンキーフォレスト通り沿い、ちょうどハノマン通りと交わるU字路あたりにあります。味はメイン通りのほうがおいしいという声もありますが、イブウブ子的にはどっちも同じくらいじゃないかと思います。偶然なのか分かりませんが、モンキーフォレスト通りのほうが安かったように思います。でも、メイン通りのほうが近いので、よく行くのはこっちです。バリ人に聞いたら、パダン料理はナシチャンプルより値段もちょっと高めだそうです。ウィンドウにいろんな具がお皿に入って並べられているので、好きなものを選ぶことができます。中には豚の足?のような、かなりグロテスクなものもありますけど・・・。

お店の中にはテーブルもあります。
puteri_minang3.jpg

でも、店内は男の人が多いので(日本でいえば牛丼屋みたいな感じ?)、いつもブンクス(持ち帰り)で食べます。

チキン、テンペ、野菜、ポテトコロッケなり
puteri_minang4.jpg

テンペはいくつか種類があったのですが、これを選んで正解☆ 今まで食べたことのない、おいしい味付けでした。ポテトコロッケもお気に入りです。やっぱりカロリー高そう・・・。でも、ナシチャンプル屋が夕方くらいには閉まるのに比べ、パダン料理は夜10時~12時くらいまで遅くまでやっているので、便利です。

ポチっとお願いします!

関連記事

レモンチーズケーキ@Pizza Bagus

2007年11月23日 21:46

今日は、久しぶりにプンゴセカン通りにある(ハノマン通りをずっと進んだら、ある地点からプンゴセカン通りになる)ピザ・バグースへ。ここのピザは、カリカリ風。個人的にはふっくら&ソフトが好きなのですが、アンカサ・カードで10%割引があるために、ついつい行ってしまいます。そしてラップトップを持ち込めば無料でワイヤレスでインターネットができるのも魅力的☆ でも、プラグがなかなか見当たらないため(もしかしたらあるのかも知れないが)、せいぜい1時間がバッテリーの限度か・・・

そうそう、このアンカサ・カード、なかなかおすすめです。イブウブ子の場合、観光客で来ていたときにたまたま王宮反対側、イブオカの少し先にあるアンカサ・カフェに入ったときにこのカードをもらいました。やっぱり日本人の性分なのか、ポイントカードというだけでそのときは保管していましたが、実はこのカードはなかなかの優れもの☆ アンカサ・カフェでの飲食にポイントが付くほか、20%割引になります。また、漁師ウブド店、影武者などのレストランで10%割引、その他ウブドのお土産屋さんなどで割引や特典が付いているんです。ただし、自己申告制なので、知らなかったり、ついつい忘れちゃうこともあって悔しい経験もあり・・・

今日はピザは腹八分目にしておいて、デザートを注文してみました。

レモンチーズパイとカプチーノ
pizza_bagus_cuppucinocheesecake.jpg

ティラミスと同じく、素朴な外観がいい感じ♪ 味は、そこまでおいしいというほどじゃなかったですが、家庭的な感じで個人的には好きです。でも、かなりボリュームがあったぞ。カプチーノはまあまあおいしかったです。っていうか、カプチーノはどこで飲んでも味が同じに感じるのはイブウブ子だけなのかなぁ・・・

ポチっとお願いします!

関連記事

リバーカフェの赤米ピラフ!?

2007年11月22日 20:06

日本や海外のメディアからよく撮影の依頼があるのですが、最近の流行はスパらしい・・・。先日も、日本からの撮影があり、ついでにランチをリバーカフェで食べてきました。

リバーカフェは大好きなのですが、メニュー名と実際に出てくる食べ物のイメージのギャップが・・・。予想しづらい内容のものは、個人的にはあまり注文しない主義なのですが、リバーカフェのヘルシーメニューは本当に謎なんですぱんだもびっくり

たとえば、これがレッドライス(赤米)のピラフとか
rivercafe_redrice_pilaf.jpg

鶏肉のクリームシチューとレッドライスが別々になってる・・・でも、これイブウブ子のお気に入りのひとつ☆ レッドライスはヘルシーだし、歯ごたえもあって味もおいしいのです。これをクリームシチューに混ぜて食べると◎。

こちらはブラウンライス(玄米)とサーモンのリゾット
rivercafe_brownrice_salmon.jpg

・・・なんだけど、ちょっとイメージと違う!おいしいけどボリュームがなさすぎなのがちょっと。

こちらは定番サラダ
rivercafe_salad2.jpg

数種類あるけど、確かリバーボウル・サラダだったっけな? 前に友達が来たときもこれを注文したと思います。

これはエビヌードル
rivercafe_shrimp_noodle.jpg

ちょっとピリ辛でおいしいです。

ナシゴレン(リバーカフェ版)
rivercafe_nasigoreng.jpg

具とご飯が分かれて、上品に盛り付けられているのが特徴です。味は辛くなくて食べやすいと思います。味はマヤ・サリ・レストランと同じような感じだったと思いますが、マヤ・サリでは普通のナシゴレンです。

いっぱい頼んでいるように見えますが、みんなで少しずつ分けていただきましたにっこり お食事もおいしいけれど、環境がまた良いのです。川のせせらぎを聞きながら、時には下のプールにいる人を観察しながら(笑)、おしゃべりしながら楽しいひとときを過ごしました。

ポチっとお願いします!

関連記事

クリスマスツリーお目見え@デルタ・デワタ

2007年11月21日 15:28

久しぶりにデルタ・デワタに買い物に行ってみたら、何とクリスマスツリーを準備してるでないか!?(正確には昨日だが)

男性スタッフと女性スタッフ数名で、わいわいしながらツリーの飾り付けをしている瞬間で、これは写真を撮らねば!と思い、シャッターを押したのがこの写真。

deltadewata_chrismastree.jpg

イブウブ子がシャッターを切っていると、スタッフは小恥ずかしいのかちょっとツリーから離れてしまいました・・・。クリスマスをバリで過ごしたことがないので、バリにもクリスマスツリーがあるんだとちょっと驚きました。バリ人もクリスマスをお祝いするのかなぁ?

へそ曲がりかも知れないけど、イブウブ子は実はクリスマスの時期が苦手なんです。これまでの人生で彼氏と過ごしたのは1回だけだし、それ以外も友人たちと過ごしたりはしたのですが、クリスマスの日というよりも、クリスマスまでの日々が何となく憂鬱なのです。町中でクリスマスのデコレーションが始まると、虚しさがこみ上げてきて、クリスマスソングなど聴くと悲しくなっちゃうのは変?クリスチャンでもないのに、クリスマスだからって気合を入れるのも嫌です。多分、この時期に限って、普段さほど気にならない他人の幸せさが目立つから、逆に自分の孤独や寂しさが余計感じられるのかな?それとも冬だから、気分が塞ぎがちになるせい?

でも、なぜかバリ島はクリスマスの時期が一番暑くなる(南半球にある)せいか、ウブド田舎でそこまでデコレーションも目立たない(ビーチエリアとかだとモールとか多いし、観光客向けに派手にしそう)せいか、全く季節感が感じられないのです。デルタ・デワタでクリスマスツリーを見たときも、憂鬱どころか、ハッピーになっちゃいましたキラキラ(ピンク) 夏が好きなイブウブ子なので、クリスマスでも夏っぽいバリが合ってるのかな。

ポチっとお願いします!

関連記事