【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

またカキアンでデザート☆

2008年01月31日 19:15

妹が滞在中(3泊)、何と2回も通ってしまいました。といっても、カキアンに泊まっているので、カフェを通らずにして戻れないというか・・・。

ウブドで夜、コーヒーとデザートを気軽にできる場所はやっぱり限られています。その点、ここは11時まで開いているから助かります。

この前はシュークリームとトリュフを食べたので、今回はマンゴータルトとチョコレートケーキ♪です。マンゴータルトはもうブログで紹介したので、写真撮りませんでした。チョコレートケーキは初登場です。(といっても、食べたのは妹) イブウブ子は実はあんまりスポンジケーキが好きじゃないんです。なのに、デザートは好き! タルトが好きです。いつからだろう?スポンジケーキが好きじゃなくなったのは・・・・?子供のころはストロベリーケーキとか大好きでした。

妹はチョコレートケーキを一口食べるなり、「んま~い!」と言っていましたが、本当に飲み込んでから言ってたのだそうか?ちょっと反応が早すぎた気もしないではないけど・・・(笑)。そして次にイブウブ子のマンゴータルトをあげたら、「これはマジで、んま~ぁい!」とこっちのほうが反応が若干上かな?

チョコレートケーキ
kakiang_chocolatecake.jpg

そういえば、チーズケーキがチーズケーキスティックに変わっていました。そういえば、日本でもよく見かけたな。でも1万ルピアとちょっと割高なので(貧乏性)、まだ試していません。でもおいしそうでした。

ポチっとお願いします!

関連記事

夜はマンガ・マドゥで♪

2008年01月30日 19:38

3日目のディナーは、マンガ・マドゥで。滞在中、妹はナシゴレンを食べたいと言っていたので、実はまだナシゴレンを試したことのないマンガ・マドゥへ行ったのだ~。

お座敷もあるし、外のテラステーブルみたいのもあるし、座る場所に困っちゃいそうですが、上の座敷席にしました。

とりあえずはビンタン☆ビール大1本!そして妹は当然ナシゴレン、イブウブ子はまだ食べたことのないNasi Mangga Pacel(だったと思う)を注文しました。

ナシゴレン
mangga_madu_nasigoreng.jpg

色白(!)でチャーハンみたいです。卵ものっていないし、サテもついていない・・・ちょっと味見しましたが、味のほうは◎のようです。あまりインドネシアっぽくないです。

パチェル
mangga_madu_pacel.jpg

これはナシチャンプルに似ている感じだったのですが、ピーナッツソースとかが効いていて、ガドガドとナシチャンプルを足したような味です。ちょっとこってりし過ぎかな?食べられるけど、もう頼まないかも・・・。

ポチっとお願いします!

関連記事

カキアンでアフタヌーンティ

2008年01月29日 17:42

この日は日差しが強くなくて涼しいほうだったのですが、ウブドで歩き回ると本当に体力消耗しちゃいます。普段歩きなれていないせいか、段差が多いからか、足もくたくたになりました。

カキアンのアフタヌーンティは3時から5時までなので、それに間に合うように一度戻りました。泊まっているのは妹だけだったのですが、坊やは気を利かせて二人分?って聞いてくれたので、「テリマカシ♪」って甘えちゃいました。

数分後にお部屋に運ばれてきたケーキとコーヒー(バリコピです)
kakiang_afternoontea.jpg

バルコニーでおいしくいただきました。

ついでに景色も!
kakiang_view.jpg

隣の田んぼでおじいさんが働いていました。この田んぼがなくならないことを願ってます。

食べた後、二人でうとうと昼寝してたら、坊やがノックして片付けに来ました。寝ぼけ状態でチップ渡す余裕なかった・・・えーん

ポチっとお願いします!

関連記事

お買い物@kou

2008年01月28日 18:44

ウブドでのお買い物の続きです。あまり所持金がないのにも関わらず、今さらのようにやっぱりお土産買わないと・・・と焦る妹。翌日はチェックアウト後にキンターマーニ、テガララン、サヌールの観光予定が入っているし、ゆっくり買い物できるのは今日だけ。ウブド市場からの帰りに、Dewi Sita通りのおいしいパン屋さんを見せに行ったついでに、日本人に有名なkouという石鹸専門店へ立ち寄りました。

このお店は比較的新しいほうだと思うのですが、ガイドブックや口コミで有名になり、よく日本人観光客がお土産に買っていくようです。さすが日本人オーナーなだけあり、お店の雰囲気もディスプレイもサービスも◎。ただし、価格は最近値上げされたようで、かなりお高い!日本と変わらないかも。

しかし、店員はよく教育されていた。日本語も話せるし、入るとすぐにサンプルの石鹸を削って香りを嗅がせてくれました。頼んでもいないのに、一つずつ丁寧に見せてくれるので、思わず頭が下がります絵文字名を入力してください

ミニサイズがいろいろ入ったギフトボックス
kou2.jpg

とてもかわいいパッケージなので、お世話になった方におすすめかも知れません。箱入りタイプもあって、こちらはお中元とかお歳暮に使えそう!

購入はレジ前のイスに座ってお会計をします。何となく購入価値があるようで、いい気分♪
kou1.jpg

ここはもちろん定価。別に割引があるか聞いたわけじゃないけど、イブウブ子たちの会話を聞いて「はい、申し訳ございません・・・」とマジ申し訳なさそうに値段を告げる店員さんが印象に残りました。確かに彼女たちからしてみれば、石鹸にこんなにお金を払う日本人の気が知れないというのもあるのだろうか・・・?

店は確かに高級だけど、石鹸は天然素材の良いものを使っているようだし、後でゴミになりそうなありきたりのバリ雑貨みやげより、ウブドでしか買えないkouの石鹸のほうが十分付加価値があると見た!

追伸:ちなみに今日、お客さんからJasmin Whiteの石鹸をいただきました☆ ホワイトニング効果もあるらしく、香りもとっても良かったです。ぜひ使わせてもらいます。どうもありがとう絵文字名を入力してください

ポチっとお願いします!

関連記事

グヌン・ルバ寺院

2008年01月27日 17:19

イブウブ子も妹もさほど寺院めぐりは興味がないのですが、せっかくバリに来たのだし、一つくらいは見たほうが良いと思い、グヌン・ルバ寺院を訪れました。ここはイブウブ子も好きな寺院で、以前も紹介したことがあったのですが、場所はIBAHのすぐ横にあります。

ここは夕方頃に来るとローカルのデートスポットにもなっているのだが、お昼過ぎだったため、バリ人の姿は全く見かけず、坂を下りていった先には外人グループしかいませんでした。自分たちでバイクを乗って観光できるヨーロッパの若者は「自立していて旅慣れているな~」ってつくづく思っちゃいました。遠いところではキンタマーニまで行ったりするんです。日本の男子に偏見はありませんが、欧米人と比較するとたくましさには欠けているのは事実。ホテルでも町中でも、対して頼りになっていないような気がして・・・。

次はどこへ?
pura_gunung_lebah2.jpg

話は戻り、ここは水の近くのお寺なので、より神聖な感じがします。イブウブ子、水のあるところが好きです。でもビーチ派ではないので、波の音よりも川の流れの音のほうが落ち着きます。

グヌン・ルバ寺院の正面
pura_gunung_lebah3.jpg

バリらしい石像
pura_gunung_lebah4.jpg

ここはバリの観光地にしては珍しく、サロンの着用や寄付が不要のお寺です。何となく、神社に似たような懐かしいような雰囲気が個人的には好きです。ガイドブックの情報によると、ここがウブド発祥の地だそうです。

ポチっとお願いします!

関連記事