アンカサのハンバーグ&新メニューたち

2010年04月11日 09:23

先日ブログで一度も食べたことがないと言っていたアンカサの特製ハンバーグをとうとう食べました!

チーズとソースがたっぷりでおいしそう。。。
P3294567.jpg

こだわりがぎっしりと詰まったハンバーグです。まず感激したのがサラダのドレッシング。普通ドレッシングって液体っぽいけれど、これは半分くらい固体?味音痴なのでドレッシングの味は説明できないのですが、食べ応えのあるサラダです。普段はサラダはあまり好んで食べるほうじゃないのですが、アンカサのサラダは本当においしいのでパクパクいけちゃいます!

次に玄米入りライス(しかもオーガニック!)。イブウブ子は健康主義に徹底しているわけじゃないけれど、玄米とか赤米があれば食べたいほうです。ウブドにはヨガする人やベジタリアンが集まる傾向があるので、最近では普通のレストランでも選べるところが増えてきたみたいです。日本にいたときからご飯は五穀米とか食べていたのでこういう配慮は嬉しい♪人によっては好き嫌いもあるかも知れないけれども、玄米は大好き!希望によってフレンチフライにも換えられるみたいです。

さて最後は決めてのハンバーグ。とろけるチーズが乗っています。感想は大人のためのハンバーグ!ハンバーグってお子様ランチとかに多いし、子供のころからの人気メニューなのでお子様のイメージがありますが、アンカサのハンバーグは大人の味がしました。ソースも甘ったるくないし、ペッパー風味のハンバーグ。ボリュームも満点なので、やっぱり大人が食べるハンバーグだと感じました。このメニューを完成させるまですごく試行錯誤を繰り返したと聞いていますが、細かいこだわりが十分に伝わってきます。

こちらはカルボナーラピザ
P3294571.jpg

たっぷりのチーズと半熟卵の組み合わせが◎。

新メニューのピザネロ
P3134136.jpg

ネロとはイカ墨のことです。焼き上がりは独特の香りがして食欲がそそられます!ところでアンカサのピザはかなりおいしいです。今まではピザと言えばピザ・バグースみたいな常識でしたが、個人的にはあまりピザ・バグースのピザがそこまでおいしいと思ったことはないかも!?アンカサのピザは小ぶりで上品な感じがします。生地も薄くてパリパリ!

新しいアラック「アラック・グレ・オレ」
P3244352.jpg

グレ・オレとはGrapeとOrangeの略だそう。最初はグレている俺?なんて思ってしまった(笑)。さっぱりしていて甘すぎず飲みやすい味でした。お酒は弱くてあまり飲めない体質なのですが、アラックはけっこう好きです。けっこう強いけど・・・。

バナナ・チョココンビ
P2213445.jpg

あっ、いっぱい紹介していますが一度に全部食べちゃったわけじゃありません。これまでのを溜めておいてまとめてみました。今年に入ってようやく常連になれそうな感じです(笑)。パスタ以外にもお料理がおいしいので、もっといろんなものを食べてみようっと。夜11時まで営業しているのもありがたい!

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

バリ島の火葬式

2010年04月09日 19:26

先月、知り合いの家族の火葬式がモンキーフォレストであったので、見に行ってきました。イブウブ子はバリの儀式についてはあまりよく知らないのですが、お友達の話だと亡くなった日にすぐに家族や親戚が集まって、お供え物を用意したり、飾りを作ったり・・・と毎日すごく忙しかったようです。通常、人が亡くなったらバリでは一旦土の中に埋めるらしいです(お墓)。お葬式は人生の一大事!ということでお金もかかるため、とりあえず埋めて、お金が用意できたら掘り起こして火葬するのが一般的とのこと。費用を節約するために共同火葬式をする場合もあります。ただし、裕福な家や兄弟が多い家庭などでは亡くなってから比較的すぐに火葬を行うこともあるみたい。

火葬式まで数々の準備があるのですが、当日はハノマン通りの実家で地元の偉いお坊さんを呼び、朝から一連の儀式を行って、お昼過ぎに火葬場のあるモンキーフォレストまで担いで行きました。火葬式はクリメーション(英語)またはンガベン(バリ語)と呼ばれていて、運が良ければ観光客でも見ることができます。亡くなった家族のお家での儀式に参加する場合は、敬意を示すために外国人でも正装することが好ましいのですが、火葬を見るだけなら普段着でもOK。でもお寺に行くとき同様、肌の露出が多すぎ服装は避けたほうがいいと思います。

ずっと前に観光ツアーに参加していたとき、通りがかりの道で偶然お葬式の一行を見かけたことがあります。そのときは神輿みたいのを正装した男性が楽しそうに大声を出しながら運んでいて、ときにはぐるぐる回ったりしていたので、お祭りかな?って一瞬思いましたが、ガイドさんから火葬式だと聞きびっくりしたことを覚えています。今回もそんな感じでモンキーフォレストまで続いたのだと思います。一番下の息子が牛のようなシンガ(獅子)に跨ったらしい。細かいやり方やンガベンの形状はカーストによって違いがあるみたいです。

今回は2体
P3204291.jpg

火がつけられます。
P3204294.jpg

煙がもくもくと上がります。
P3204299.jpg

見る見るうちに燃えちゃいました。
P3204305.jpg

観光スポットとして有名なモンキーフォレストですが、付近の住民にとっては火葬場と墓地でもあるって知っていましたか?イブウブ子は最初に行ったときにいろいろ散策しようと思って、ある階段を上ってたまたま墓地を見つけてしまいました。そのときに何とも言えない寒気とゾーっとする感触が今でも忘れられません。その場所だけがなぜか他よりも涼しく感じられて、不思議だな?って思った瞬間墓地だと悟ったのです。今回の火葬場の下にも多くの遺体が埋められているので行く前は少しビクビクしていましたが、何しろ大勢の参加者と見物人がいたのであまり気になりませんでした。

火がつけられると見物人はいっせいにカメラを向けて写真やビデオを撮っていましたが、遺族たちは少し離れた別の場所で最後のお別れの儀式をやっていました。バリのお葬式って華やかなイメージが強いのですが、やっぱり残された人たちの悲しみは万国共通。もっとも亡くなってから数年間も経った後の火葬ならばそこまででもないのでしょうが、今回はすぐだったのでまだまだ悲しいムードがいっぱいでした。

普段なかなか見られない火葬式を見学できたことに感謝しています。クバヤも作ったことだし、これからも少しずつバリの儀式に参加していければいいな~って思える自分がいたりします。一見楽そうに見えるバリ人の生活ですが、実際はいろいろやらなければいけないことがいっぱいで大変。法律&お金の悩みは尽きませんが、バリで外国人として生活しているのがいかに気楽なことか・・・。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

イギリス風?ハイティー@West End Cafe

2010年04月07日 13:56

去年サンギンガン通りにオープンしたウェストエンドカフェですが、友達から勧められていつか行こう!と決めていました。オーナーはイギリス人女性で、本場のイギリス風ハイティ(アフタヌーンティ)とおいしい紅茶が有名らしい。

かわいらしい小屋のようなお店
P3204322.jpg

ピンクに統一された女の子にはたまらない空間!
P3204308.jpg

ウブドとは思えない。。。
P3204307.jpg

テラスもあります。
P3204309.jpg

店内は冷房が効いていて、しかも無料WIFIもできます。アフタヌーンティが有名だけれど、軽いお食事もあるのでランチにもおすすめ。セレブっぽい雰囲気がどことなく漂うカフェです。例えて言うなら、Sex and the Cityの仲良し4人組がいかにも好きそうな感じ!?仲のよい女友達やグループでおしゃべりしながら過ごすにはぴったりのカフェだと思います。男性は一人じゃ入りづらいかな。

チャイニーズチキンサラダ(だったか、名前忘れた)
P3204317.jpg

ちょっとアジア風の味付けのサラダでおいしかったです。

こちらはお皿が段々になっているティセット
P3204320.jpg

一人前と二人前がありますが、これは一人分。マフィンやサンドイッチ、焼き菓子と紅茶(ポット入り)が楽しめます。マフィンはふわふわで、バターとジャムとも相性がぴったり。女性だったら軽いランチ代わりになるかな?男性だったら物足りないと思います。

こちらはMustオーダーのキャロットケーキ
P3204321.jpg

中身も重量感あるし、上の白いクリームもすごくおいしかった!キャロットケーキって日本であまり見かけないけど、欧米ではすごくメジャーなケーキなんです。大きかったしカロリーもすごいんだろうけど、おいしいのでぜひお試しあれ!ウブド在住の欧米人にも人気なので間違いないでしょう。

お店は日曜定休、平日は午後6時まで営業しています。何か余裕を感じますね。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

久しぶりのWarung Igelanca

2010年04月04日 19:12

すっごく久々にワルン・イゲランチャで食べてきました。ウブド通りに面していてロケーションがすごくいいし、雰囲気も何となくお洒落なので落ち着きます。夜通りかかるとお客さんでいっぱいのワルン。ローカルワルンより若干高めだけれど、観光客にとっては十分安いのでいつも人気のレストランです。

フラットヌードル
P3184235.jpg

ナシゴレン・チャプチャイ
P3184242.jpg

チョコレートケーキ
P3184246.jpg

味ももちろんおいしいし、お皿もかわいいんです。そして統一されていないのがまたいい!特にコーヒーカップは何ともレトロ。そうそう、ここのチョコレートケーキは知る人ぞ知る、おいしさなのです。ちょっと大きいので半分で十分かな。でも残すのがもったいなかったので無理やり食べましたけど(苦笑)。ちなみにブラックコーヒーを飲みましたが、バリコーヒーにもかかわらず粉っぽくなく、しかもかなり濃くておいしかったです。お茶するのにもおすすめのワルンですね。

ここのお料理は温かいジャワティーがついてきます。そしてRp.25000以上の飲食の場合、アンカサカードで10%割引もあります!何か最近ずっとアンカサカードが使えるお店ばっかりかも。。。在住者にとってはかなりありがたい特典です。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

ナシチャンプル特集(其の3)

2010年04月01日 22:45

そろそろナシチャンプルの話題にも飽きられそうですが(笑)、ナシチャンプルって本当に奥が深い食べ物。。。あっ、グルメじゃないのバレバレ?日本で言う家庭の味っていうのか、例えばお弁当の中身が駅弁でもコンビニ弁当でもいろいろ種類があるのと似ていて、ワルンによって味付けやおかずが違うのが楽しい♪レストランに行っても注文に迷ったらとりあえず「ナシチャンプル!」といった感じです。

さて、久しぶりにMangga Maduに行ってきました。と言っても、ブログで紹介するのが久々なだけで、先月は2回くらい行きました。ここの客層はバリ人や外国人在住者が半々くらい、そしてたま~にガイドブックを片手にやってくる日本人観光客。ディナーよりもランチのほうが観光客が多いのかも知れません。その時間帯に行ったことがないのではっきりと分かりませんが。

ローカルワルンでこれだけ繁盛しているところはウブドでは数えるくらいしかないかも。まあ、ワルンと言ってもここはローカルのレストランって感じかも知れません。観光客にとってはすごく安いけれど、バリ人にとっては他のワルンより少し高めだし、ちょっと家族でお食事となるとけっこうな値段になる。若いカップルがデートで使っていたりするけど、ここら辺の若者にとってはちょっと本格的なデートになるのかしら。女の子は結構気合が入っていておしゃれしたりしています。特に土曜の夜はね!ちなみに向かいのWarung Minaはもう少し高級です。

雰囲気は高台にあるWarung Minaには敵いませんが、個人的にはMangga Maduのメニューのほうが好きです。おいしくて、しかも早い!ローカルなのにあの手際のよさは客の入っていないウブドのレストランにもちょっと見習ってほしいくらいです。

7時過ぎにはテーブルが埋まる
P3174233.jpg

キャンドルライトのテラス席
P3174234.jpg

チキンカレー
P3174228.jpg

ナシチャンプル
P3174229.jpg

チキンのBBQプレートやカレーがおいしいので、ずっとナシチャンプルをここでは食べていませんでした。久しぶりのナシチャンプルでしたが、これがかなりおいしかった!やっぱりローカルワルンのお持ち帰りの2倍近くの値段だけあって、おかずもたっぷりだし、いろいろ入っています。これ、最近のマイブームになるかも。。。でもボリュームあるからすごくお腹が膨れます。お腹がペコペコのときに食べたいです。おいしいです。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事