【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

ローカルに人気のグリル系@warung teras

2011年01月25日 17:43

最近、ローカルに人気の食べ物といえば何といってもグリルフード!特にイガバカールと呼ばれる、いわゆる豚肉のスペアリブ。

これも昔はそうでもなかったのだけど、Nuri'sでスペアリブのおいしさに目覚めてしまいました。

ウブドのレストランでもNuri'sのスペアリブが相変わらず人気だし、ここ数年の兆候として老舗Nuri'sに負けじとこぞって各レストランでオリジナルのスペアリブを出してきました。国籍関わらず人気のお料理なのだと思います。

とはいえ、Nuri'sはこっちに住みだすと気軽には行けないお値段。だからローカルワルンで気軽に食べられるようになって助かってます。もちろん、マイベスト推薦☆☆☆はd'waroengで文句なし。あの値段であの味はめったにお目にかかれるものではないですよ。

サンギンガンやマスにもおいしいイガバカールを出すワルンがあるらしいけれど、その前にまずは地元プリアタンに去年暮れ頃から登場したWarung Terasに行ってみることに。。。プリアタン通りのWarung Jawa Timurの向かい側です。

ここは実は昔、Warung Joniがあった場所。ナシゴレンがおいしくて大好きだったのだけど、Joniさん?契約切れなのか、撤退してしまったようです。残念!でも新しくオープンしたWarung Terasはローカルに口コミで人気らしく、毎晩ローカル客で繁盛しているんです。これは行ってみるべし!

地元の青年たちが運営しているのかな?同じ緑のTシャツを着たオトコの子たちがスタッフです。みんなが協力し合っていて、チームワークが良さそう!会計係、フロア係、キッチン係に分かれてテキパキ働いていました。

まずはビールで乾杯☆
P1140969.jpg

嬉しいことにピーナッツ付き!ワルンなのに。そして籠の中に入っているスナックは有料で1袋Rp.1000です。待っている間、ビールのつまみに食べちゃいました。ワルンによって若干種類は異なるけれど、ピーナッツやクルプックなどです。

イガバカール
P1140972.jpg

大きい!でもスペアリブだとおいしそうな響きだけど、イガって何となくイメージが・・・。ローカルワルンとレストランの違いは名前だけじゃありません。ローカルワルンの場合はソースなし、サンバル付き。レストランだと甘くておいし~いソースをたっぷり塗って焼いて出てくるので、味が肉に染み込んでいるのです。豚肉にもやっぱり差はあって、Nuri'sの肉はデカイだけじゃなくて脂肪もたっぷりなので美味。それでもお味のほうは、下手な観光客向きレストランよりはおいしかったと思います。そしてプチ発見!サンバルとテーブルに置いてあるケチャップマニス(黒くて甘いソース)を混ぜ混ぜするとなかなかおいしいオリジナルソースの完成!それにお肉を付けて食べると◎。そっか、自分でソースを作ればいいのだ!

イカンバカール(焼き魚)
P1140973.jpg

ちと焦げすぎ・・・。こっちのお料理って揚げ物は揚げ過ぎだし、焼き物は焼き過ぎだし、どうも日本人の感覚とは違うようです。もう少し控えめだとジューシーで柔らかいのに、と思ってしまう。パスタや寿司をバリ人が食べておいしくないと思うのと同じかな。でも毎晩繁盛しているということは、地元の人には好まれる味なのでしょう。この日は人気のグラミー(白身の淡水魚)が売り切れでキンタマーニの湖で獲れるお魚でした。

写真には写ってはいませんが、ここのヒットはツナスープ。出汁がきいていて久しぶりにおいしいお魚のスープを飲みました。グリル専門のお店なのでナシチャンプルとかはありません。

ここのキッチンのお兄ちゃん、ずっとイブウブ子たちを見ていて「何でだろう?」と思っていました。ビールを持ってきたときも両手を合わせて笑顔でお辞儀するし、ますます『???』。でも最後にようやく気づきました。彼は耳が聞こえなくて手話を使って他のスタッフと会話していたのです。日本だとそんなに珍しい光景じゃないけれど、バリでは初めて見たのでちょっと驚きました。

バリでは障害者の方をほとんど見かけません。仕事をせずに家にこもっている人が多いし、表向きは差別していなくても、現実は日本よりも障害を持つ人への風当たりは強いと思います。障害者を支援する団体がバックについているのかな?とも思いましたが、彼は障害をまったく感じさせないほど、生き生きしていました。しかもけっこうイケメン!そしてよく見ていると彼が仕切ってるボスっぽい。

ここのスタッフ全員に共通していることですが、一人一人がやる気と意識を持って働いているように感じられます。ローカルビジネスがもっともっとがんばって、バリ人の生活が豊かになるように貢献してくれるとバリの将来ももっと明るくなるのでは?

イガバカールもなかなか満足したし、グラミー魚も食べてみたいし、ぜひまた今度行ってみたいと思うワルンでした。

これからもイガバカールの挑戦は続く・・・。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事

バリ島の名歯科医@Rudi先生

2011年01月24日 16:07

これまで半年以上封印していた超おすすめの歯医者さんを紹介しちゃいま~す!

うーん、でもあまりにもおすすめ過ぎて内緒にしておきたい気分・・・

バリ島に住んでいて一番困るのが医療。これは南部に住んでいても同じかと思うけど、距離的に空港から1時間以上もかかるウブドにおいてはもっと大変なのです。たとえば緊急事態とかでも搬送するのにそれだけハンディが・・・最近は渋滞がひどいし、イブウブ子みたいに車のない独身者なんかはドライバーの手配もしないといけないので、バリ島に住んでいる限りは病気や怪我をしないよう日々心がけています。

バリ島の病院に関しては外国人向けのビジネス医療みたいイメージが先行しており、どこがいいのか分からない。ホテルみたいに施設とマーケティングが完璧なら良い病院というものじゃないし、特にウブド周辺は全滅ですね(汗)。ウブドで唯一信頼のできるお医者さんはいるらしいけれど、やはり良い治療を受けるには南のほうまで出て行かねばなりません(涙)。在住日本人の方たちはみんなどこに行っているのかな?どなたか良いところがあればお知らせくださいまし。

病院はさて置いておき、歯医者のお話に戻ります。

正直、バリ島の歯医者ってすっごくイメージが悪い(汗)。ウブド近郊にあるローカル歯科医にはたとえタダでも怖くて行けません!こっちに住んでいる欧米人にもどこの歯医者がいいか聞いてみたこともあるけど、バリ島に長く住んでいても母国を行ったり来たりしている人がほとんどなので、治療はすべて母国で済ませるとか。

そんなとき、バリ島でビジネスを営むインドネシア人(バリ人じゃない)の方数人から良い情報を得ることができたのです。これまでとは別の情報源、でも考えてみたらインドネシアのことは信頼できるインドネシア人に聞いたほうが確実なんだと今さらながら納得。バリ人は歯医者に行く人がほぼ無なので聞いてもムダでした

先生の名前はRudi Wigianto先生。場所はデンパサールのアートセンターの近くです。○○デンタルクリニックというような英語名もない、ローカルの歯科医らしい・・・。ウブドからだとちょっと遠いけど、サヌールから10分足らずで行けることを思うと全然近いです。それにしょっちゅう行くわけじゃないし、たまにはウブドから脱出するのも良いことなので・・・。

薬局の建物です!
PC280731.jpg

ちなみにこの薬局の名前はApotek Hijau(緑の薬局)。Apotek Hijauの看板が目印です!

DOKTOR GIGIの表記(右)
PC280733.jpg

GIGIというのは人の名前ではなく、歯という意味。こういう看板はインドネシアでは一般的なものでウブド周辺のローカル向け歯科医も同じです。

最初に行ったときは(バリ島においてはあまり頼りにならない)グーグルマップを片手に日が暮れてから行ったので、見つけるのが大変だったのですが、今回は2回目。夕方だったのでまだ明るく、迷うことなくたどり着くことができました。最初のときは大雨だったし、初めての訪問ということもあってすごく心細かったのが本音。しかもこのローカル風の看板と建物を見て、「失敗した!」と一瞬帰ろうかと思ったほど(汗)。

日本でいう雑居ビル風の階段を上り・・・
PC280737.jpg

イブウブ子が小学生のころに行った古めかしい歯医者を思い出させる入り口
PC280738.jpg

やっぱりちょっと怖くなって帰りたくなる!?でもご安心ください。

待合室
PC280741.jpg

お客さんはデンパサールに住むお金持ちインドネシア人たち。中華系が多かったかな。最初のときは大雨ということもあってかガラガラでしたが、今回は天気も良かったので7,8人くらい出入りしていたように思います。イブウブ子は仕事帰りで疲れていたので、待っている間上を向いて熟睡しちゃってました(汗)。やっぱりここに来るインドネシア人たちは自分の会社をやっていて、金銭的にも余裕がある人が多いみたいで、ブルガリやセントレジスなどの高級リゾートの建設に携わったという会社の社長さんにも偶然お会いしちゃいました。あ、まだそんなヴィラ建設の予定などないのですが、名刺やプロジェクトのCDなんかもいただいちゃいました(苦笑)。

バリ島の医者や歯医者って夜まで営業していることが多いです。そして評判の良い先生になれば要予約!Rudi先生のクリニックは午前9時から13時、そして午後5時から21時までやっています。もちろんイブウブ子も前日に予約してから行きました。

モダンな診察台
PC280742.jpg

使う器具はすべて密封されています。
PC280745.jpg

小さなクリニックなので3台のみですが、使っている器具や治療用材料は最新で日本の歯科医と変わりません。

日本では歯医者が多すぎてどの歯医者が良いのか検討もつきませんが、日本の並みの歯医者と比べてもRudi先生の腕前はかなりすごいと思います。先生はインプラントの手術が専門とのことですが、審美歯科においてもかなりの知識と経験があるらしい!インドネシアの歯科学会にも所属しており多忙なお方。そしてびっくりなのは、ぬぁ~んと日本語ペラペラなの!

これはホント驚きました。行ったら最初に「どうされましたかぁ?」とフツーに聞かれます(笑)。普通に日本の歯医者さんに見てもらう感じで会話できちゃいます。日本語できるから良いと言うわけじゃないけど、Rudi先生は技術も高いうえ、日本語もできる方なので信頼できますね。後で知ったけれど、徳島大学に留学経験があるんだって!

前回は奥歯のセラミックが欠けて埋めてもらう治療だったのですが、高いセラミックを押し売りすることなく、日本の歯医者でも難しいと言われているCRを使っていかも簡単に治してくれたのです(CRというのは日本では保険治療が効く白い素材のことらしい)。日本で歯医者をしているお友達曰く、日本で使っている素材というのは世界でもトップクラスとのこと。バリ島では先進国で使っているような最新の素材が入手しにくいのに、Rudi先生は自信を持って「最新の素材を使えばできます」と断言してくれました。白い歯にこだわり銀歯にしたくなかったイブウブ子には強~い見方!その後もまったく問題なし。

そして今回の目的はクリーニング。上と下の両方を同時にやってもらいましたが、日本でやるのと同じレベルの治療が受けられて感激です。本来は3ヶ月に1度受けるのがいいらしいけど、なんせウブドから行かないといけないものだからせいぜい半年に1回くらいかな?と思っていますが、これで歯の治療に関しては心配無用なのでこれからもバリ島にいる間は診てもらうことになりそうです。

クリーニングは上下で25万ルピア、CRは1本30万ルピアでした。保険は効きませんが、日本で健康保険を使って支払う金額とさほど変わらないのでは?

教育も経験豊富のRudi先生ですが、朗らかで謙虚な姿勢の方なので歯の問題があるときには気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。旅行者でもたまに詰め物が外れたとか、歯が痛くなったとか困ったことがあればぜひ!それにしてもこんな優秀な歯科医がバリ島にいたとは・・・それなのに全然宣伝とかしていなくて、それが逆にいいのかも知れませんね。

Dr.Rudi Wigianto
Jl. Hayam Wuruk 96、Denpasar
Tel: (オフィス) 234918
午前:09:00-13:00 (menurut perjanjian)
午後: 17:00-21:00

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事

Dewi Sita通りに臨時移転?@カキアン

2011年01月23日 17:19

在住者にも旅行者にも人気の高いカキアンベーカリー。最初は日本人客が大半だったけれど、今では口コミで広まりインドネシア人や欧米人も多く訪れるウブドで人気No.1のケーキ屋といっても過言じゃないと思います。

そのカキアンが何と改装中につき一時閉店!との噂・・・でもご安心ください!ベーカリーは以前FISH SPAがあった場所に移転して営業しています。

何か日本のケーキ屋みたいでいい感じ♪小さいからかわいい!
P1150987.jpg

いつも仕事帰りとかウブドでの夕食の帰りに立ち寄っていたカキアンですが、場所がデウィシタ通りになると家と反対方向のため、ちょっぴり足が遠ざかっていました。でもやっぱり長いことカキアンのケーキを食べないと禁断症状が(汗)・・・。

クッキーやジャムも売ってます
P1150991.jpg

パンも人気
P1150992.jpg

ほのぼのする空間
P1150994.jpg

夜9時過ぎに行ったのだけど、まずびっくりしたのがケーキがほぼ完売だったこと!前のロケーションのときよりゼッタイ売れてるっぽい。。。人通りも多いし、これまでカキアンを知らなかった欧米人観光客が増えたのかも!テラス席はテーブルが2つだけなので店頭販売が基本とのこと。持ち帰り用の入れ物でサーブされます。

マイ好物のチョコレートケーキ
P1150995.jpg

閉店前なのにお客さんがひっきりなしに訪れていて、相変わらずのカキアン人気に今さらながら感心!やっぱりカキアンのケーキはおいしいです。コーヒーもillyロゴが出ているのでポイント高し!プンゴセカンのカキアンバンガローはGW前くらいまで改装予定ですが、工事が完了してもDewi Sita通りの臨時カフェはこのまま継続して欲しいと願うイブウブ子なのでした。

関係ないけど最近買ったミニおぼん
P1170998.jpg

ベッドの上でコーヒー飲むときに重宝してます♪これまでコースター使ってたけど、こっちのほうが安定して◎。何でもっと早くに気づかなかったんだろう・・・

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事

小娘ちゃんがかわいいローカルサロン@Yulia Salon

2011年01月22日 21:27

バリ島といえばスパ。世界でもここまでスパがいっぱいある観光地はないのでは?でもスパが増えたのはここ10年ちょっとだとか・・・。といってもヨーロッパの温泉保養施設であるスパとは違って、バリ島のスパはマッサージがメインです。高級リゾートに併設されているスパも多いけれど、その中でもウブドの特徴は1時間1000円程度のお手ごろな街スパと呼ばれるマッサージ屋が多いこと!もちろん値段の違いはロケーションや施設、清潔度、サービス、使っている素材によりけりなのですが、街スパでも技術が高いところも増えているので、安いから良くないとは一概には言えないかな。

といっても街スパにはバリ人のお客さんは行かないですね。ターゲットはあくまでも観光客ですし、1時間1000円でもローカルにはまだ高いのが現実。もしお金があっても見ず知らずのスパに行くのはやっぱり恥ずかしいっていうのがバリ人同士ではまだあると思います、特にウブドでは。

バリニーズマッサージという言葉もあるように、マッサージはバリ人の生活に密着しています。そしてクリームバスも庶民に人気のトリートメント。ローカルのバリ人は街スパよりもお手ごろな地元サロンに行くようです。

イブウブ子の住んでいるプリアタンはウブドのローカルにとっては商業が盛んな地域なので、地元の生活に密着したさまざまなビジネスが見受けられます。サロンもいくつかあってお気に入りはRindu SalonとKarina Salonなのですが、最近ローカルサロンが楽しい♪のでプリアタンでも老舗の「Yulia Salon」に行ってみました!

緑で目立ってます^^
P1140965.jpg

こっちのお店ってなぜかグリーンな壁が多いです(汗)。意味不明だけど、緑って人気の色なのかな?それともラッキーな色?

日本人が珍しいのか、興味深々の子供!
P1140960.jpg

クリームバス中・・・
P1140964.jpg

ここはローカル率100%なのでしょう。日本人や外国人が来ることはよほど珍しいようで、スタッフの女の子たちもずっと話しかけたくて仕方ないようでした。ここのスタッフは16歳と17歳の女の子二人だけ。ペニダ島出身のいとこ同士だとか。休みナシで朝9時から夜8時まで働いているみたいです。

さすがローカルとびっくりしたのは実際に使っている製品と入れ物が違うということ。こっちのバリ人に聞いてみると安いブランドのものを詰め替えていることはよくあるらしく、指定した種類のものを本当に使っているかどうかを事前に確認するとか!そう思えば惜しみなくバンバン使っていたので、超ラッキー!と思っていましたが、なるほどそういうわけなんだ。結局どのブランドを使っていたのかは不明ですが、ケチることなくたっぷりつけてくれたので満足しました。

最後にドライヤーで乾かしてもらって(ブローではないです)、ヘアビタミンをつけてもらって、オーナーが決めた値段(4万ルピア)を支払いました。ローカル価格よりちょっと高かったけど、女の子たちもかわいかったし、楽しい時間を過ごせたのでいいかな。でもやっぱりワルンにしてもサロンにしても値段表がないのはちょっと入りづらいですね。ローカルサロンのクリームバスはいつも安いものしか使っていないせいか、頭皮には効きそうですが髪がサラサラになったことはあまりないかも(汗)。

イブウブ子のローカルワルンの挑戦は続く・・・

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事

見直した!おいしくて安いスパゲティ@ブラックビーチ

2011年01月21日 14:02

在住者にも旅行者にも人気のブラックビーチ。先日、こっちのオンナ友達と行ってきました!

P1130943.jpg

アンカサファンのイブウブ子としては、これまでなぜか高いイメージな割にお味がソーソーな感じを持っていて、あまり行ったことなかったんです。でも、ちょっぴり見直しちゃったかも。

まずウブドでの商売の基本を覆す?3階でのレストラン。

路面店が主流のバリ島ではこれはよっぽど努力しないとこれまで流行らないのに、口コミだけでここまで人気が広がったのはすごいこと。

定期的に映画鑑賞の日があるらしいのだけど、この日は偶然その日だったようです。オーナーがイタリア人なので映画もイタリアン。字幕が英語だったし、日本人にはちょっと大変そう。映画はというと、白黒でローマの休日のようなクラシックな感じでしたよ♪

こういうの、影武者とかでやってもらえたら面白いかも!三船敏郎の主演映画とか、やって欲しい。昔見た『七人の侍』は感動したなぁ。けっこうウブド、日本好き欧米人が多いし(隠れファンも含め!)いけるのでは?

前のほうに陣取っている方々はイタリア人率高し。皆様、かなり真剣だったので、久しぶりのガールズトークに花を咲かせているイブウブ子たちはちょっとうるさかったかな。その後グループで入って来た人たちはちょっとお叱りを受けていたようでした。そういえばチャイナムーンによく来ていただいているお客様にも偶然遭遇・・・実に狭いウブドなのです、はい。

次においしくて安い!

値段だけ見ているとそうでもないのだけど、ボリュームが半端じゃない!それであのお値段はかなり良心的だと思うのです。

トマトブルシェッタ
P1130946.jpg

フレッシュトマトがこれでもか~!というほどたっぷり。写真じゃ分かりにくいけど、パンは長くて2個のみです。でもホントこれがおいしかったのよん。チリオイルを振って食べるとピリ辛になっておいしさ↑。

トマトとナスのスパゲティ(Rp.37.000)
P1130951.jpg

これ、ボリュームありすぎです(汗)。正直、トマトとナスのパスタなら日本でもっとおいしいのが食べられるかも。。。写真が暗かったので今回はナシですけど、お友達が食べたマッシュルームのスパゲティがすっごくおいしかったので、次回はマッシュルームに決定!しかもお値段がRp.25.000という激安ぶり。

デザートもオーダーしちゃいました。

ティラミス(Rp.35.000)
P1130958.jpg

これもでっか~い!ハートマークがかわいくてオトメの心をゲット!このデカさなので半分ずつで十分かと・・・。その前に食べた料理も完食していたので、ホント満腹になりました。もちろんブラックコーヒーと一緒に!

このティラミス、けっこうヒットしました!初めて食べたけど、甘ったるくなく、しかもレイヤーもきちんとあっておいしいです。日本人がイメージするティラミスはもう少しクリーミーかな?とも思いますが、これが本場イタリアのティラミスと言われれば納得。

細長いレストランはあまり好きじゃないし、階段から上がってすぐにテーブルが置いてあるのは落ち着かないので(スタッフも階段付近にたむろって、おしゃべりしてるし・・・)、奥のほうのテーブルがおすすめ。日中は景色が360度見渡せるし(といっても民家の屋根しか見えぬが・・・)、ロケーションもウブド通りからハノマン通りに入った比較的手前にあるので徒歩でもへいちゃらです。カジュアルな雰囲気で無料WIFIもあるし、イタリア人にとってのアンカサみたいな存在なのかな?

ところで最近気づいたのですが、イブウブ子ってもしかして大食?周りの女友達も一緒に出かけると同じ量を食べていますけど、もしかしたらみんなムリしていた!?どうなんでしょう。。。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事