【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

スミニャックの休日@ヴィラアイル

2012年05月17日 22:38

先月に続き、今月もまたスミニャックに行ってきました!今回のヴィラはちょっと高級で日本人にも人気のVilla Air Bali。スミニャックやクロボカンと言えば、プライベートヴィラの密集地でもあったりします。数多くある魅力的なヴィラの中でヴィラアイルを選んだ理由はズバリ、トリップアドバイザーの評価が高かったから。

日本人はパックツアーに含まれる有名なホテルやガイドブックに載っているところを好むけれど、欧米人はネットで情報収集というのが多いです。その中でも世界中で一番有名なサイトと言われるのがトリップアドバイザー。もともとは英語中心だったけれども、最近は各語対応になってきて、日本人の投稿も増えてたみたいです。実際、ホテルで働いているとホントにトリップアドバイザーの影響ってスゴイなと思う。でもネットの情報というのは一人歩きしがちで、怖いものでもあります。もちろん人の意見は千差万別だし、最高と思う人もいればそうじゃない人もいるわけで、ネット上の口コミをすべて鵜呑みにするのは良くないけれど、良い意見が多いほうが全体評価が上がり、おすすめ度もアップすることは確かです。ってなことで期待度◎で臨んだヴィラアイル滞在でした!

仕事の後、準備してウブドから向かったので到着したのは午後8時半過ぎ。まあ、ぶっちゃけ個人的には夜のチェックインはあまりおすすめしないのですが、スケジュール的に仕方なく(涙)・・・。日本からはガルーダだと夕方着なのでそこまで遅くなりませんが、シンガポール経由だと10時過ぎちゃいますね。

ヴィラでのウェルカムドリンク
P5111507.jpg

ライム系?ちょっと忘れちゃったけど甘すぎず、さっぱりしていて飲みやすかったです。

半屋外のリビングルームが広くてびっくり!
P5111510.jpg

でも半屋外なので蚊は多いです(汗)。もう一つ、ウブドと違ったのは昼間にも蚊がいることかな。そして湿気もウブドと比べて全然高いです。テレビとかステレオとかすぐ壊れちゃわないかな?と思わず心配になりました。

テレビはプラズマスクリーン。何より感激したのがケーブルTVの充実度です。アメリカの番組や映画チャンネルも充実していて◎。ウブドのホテルやヴィラでここまで充実したケーブルTVが見られるところがあまりないと思う(大体はベーシックな契約内容で各国のメインチャンネル1局ずつ。NHKも海外向け発信の英語放送で、吹き替えになっていたりもするので日本人にとってあまり役に立たなかったりするんです)。

ダイニングスペースと奥には簡易キッチン
P5111505.jpg

まあ、キッチンは使わないかな。嬉しいのがビンタンビール2本を含む、ミニバーが毎日無料で補充されること。このあとさっそくビンタン飲んじゃいました^^。そしてお部屋にはピーナッツ類のおつまみも常備。写真はありませんが、お部屋にはPCも付いていて、24時間無料で使えます。しかも壁紙にはちゃんと名前も入ってるという粋な演出も!

豪華なバスルーム
P5111498.jpg

ヨーロッパの映画に出てきそうなバスタブも!
P5111496.jpg

まず驚いたのがバスルームに冷房がついていたこと。ベッドルームと同じくらいでかなり広々としていました。そしてシャワーもカップル使用で、ぬぁんと2つ並んでシャワーヘッドが付いてるんです!もちろん水圧もばっちりでした。レインシャワーとハンドシャワーの両方あるのもいいですね。アメニティには石鹸や虫除けスプレー、アロマセラピーのボティスプレーなども充実していて、最終日にはバスソルトとスクラブのギフトもありました。

ベッドとデイベッド
P5121528.jpg P5121531.jpg

ベッドは寝心地最高☆☆☆ しかも薄い羽根布団と枕を使っていて、肌触りの良さも◎。枕も快適で熟睡できました。

翌朝の感じ
P5121536.jpg

プライベートプールとガゼボがあります。
P5121541.jpg

実は写真には写っていませんが、このお庭にピンクのプルメリアの木があったんです!朝起きるとお庭いっぱいにピンクのプルメリアのお花が落ちていて、すごくきれいでした。

初日の朝食
P5121517.jpg

フルーツサラダにミューズリとヨーグルトが選べるのが嬉しい!キレイなオムレツです。

実は滞在中、ずっと天気が優れなくて終日雨や曇り続き。ウブドなら分かるけど、スミニャックでこの天気はホントにアンラッキーでした。プールも冷たくて結局数十分入った程度。イブウブ子はバリ島にもう住んでいるし、今回のヴィラ滞在の目的はお篭りステイだったからあまり気にしなかったけど、旅行者の立場からみると天気は本当に重要です。1日観光とかアクティビティの予約をしていても大雨だったりするとホントに凹んじゃうだろうな。買い物するにもびしょぬれだし・・・。こればかりは運なので誰のせいにも出来ませんが。しかもバリ島には天気予報がない!っていうか、本当はあるのかも知れないけど聞いたことがないです。日本や外国だと天気予報がすごく重宝されるけど、バリ島だったらティダアパアパ。

お部屋の前に飾ってあったヒンドゥー教の石像
P5121545.jpg

こういう雰囲気の石像、好き。ちょっとアンコールワット遺跡を連想しちゃいました。モダンなアジア建築の中にもバリらしさが滲み出ています。

こちらはロビー
P5131584lobby.jpg

オープンで気持ちいい空間。正面にあるパーキングスペースはヴィラにしてはかなり広々としていて、気持ちよかったです。

ヴィラへ続く道
P5121547.jpg

塀に囲まれたプライベートヴィラが並んでいます。10番のヴィラに泊まりました。

翌日は結婚式パーティのため、レストランは貸切
P5121551.jpg

今回のプランは2泊だったのでディナーと一時間マッサージ付きでした。一泊400ドルと決してお安くはありませんが、その他にもヴィラでの毎朝食、空港送迎などの特典があるのでお得感があります。残念だったのが期待度◎だったアフタヌーンティをいただけなかったこと。初日はケーキが品切れになってしまったらしく、2日目はレストランが貸切で午後の時間のアフタヌーンティがなくなってしまった・・・(涙)。でも新郎新婦もブライズメイドもグルームズマンもすごく美しく、衣装も素敵でした♪ 2泊しかないのに結婚式と重なってしまった偶然は何か示唆するのかな(笑)。幸を分けてもらったつもりです。はい、近い将来ぜひ!

1回付いているディナーの時間も少し遅めにお願いしました。
P5121573.jpg

確かメインは4種類から選べたかな。いっぱいだったらどうしようと思いましたが、日本人的にはちょうどのボリュームで◎。赤米のパンが気に入ったので、翌日の朝食にもリクエストしちゃいました。

素敵なデザートも^^
P5121576.jpg

一つのお皿でクレームブリュレとアイスクリームとフルーツがついてきました。コーヒーはバトラーがヴィラで作ってくれましたよ。

二日目の朝食
P5131581.jpg

チーズ入りのスクランブルエッグがすっごくおいしかった!チーズの味がしっかりしていて、久しぶりに感激した卵料理でした。

午後はマッサージ♪
P5121520.jpg P5121523.jpg

ここのスパ最高☆まずオイルがいいです。ベトベトしないし、シャワーしたらすぐに落ちる感じ。逆にもったいなくて体を洗いたくなくなったほど。マッサージも上手で途中から寝ちゃいました。かなり満足だったのでチップも弾んじゃいました♪ 最終日にチェックアウトした後にもヘッドスパを受けましたが、高級感と清潔感があったし、ヘッドマッサージもすごく気持ちよかったです。時間があればまたボディマッサージを受けたかったな。セラピストもみんな礼儀正しくて好感が持てました。

スタッフによると泊まっているお客さんはほぼ日本人なんだそうです。といっても、ヴィラなのであまり他のお客さんを目にすることはありませんでした。日本語は使わなかったので分かりませんが、基本的なことは通じるのかな?施設内の案内や食事のメニューは日本語と英語が併記されていたので困ることはないと思います。

最後にドジをしちゃって、大切な指輪をバスルームに忘れてしまったのですが、ヴィラアイルの迅速な対応には感謝でいっぱいです。まず見つかったことに感謝。そして日本じゃなくてウブドに住んでいて良かった、良かった♪ 昨日無事に手元に戻ってきました。皆様、お忘れ物には十分お気をつけくださいませ~。いつも自分はお客さんに言っているのにね(汗)。

やっぱりヴィラはいいですね。特にプールヴィラ!泊まってみて初めてその良さが分かると思います(虫が苦手じゃなければ)。特にカップルにはおすすめです。ヴィラアイルはリビングルームも広くて快適だったので、外出したくなくなるほどでした。インテリアもシックな感じでまとまっていて、大人なヴィラ。ヴィラで過ごす休日というのは贅沢そのものですね。これは癖になりそうかも。十分甘やかされてきました。自分へのご褒美ということで^^。

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

お気に入りの街スパ♡♡♡@Cantik Spa

2012年05月15日 18:17

ウブドに住んでいるお友達にも口コミでおすすめしているチャンティックスパ。スグリワ通りというマイナーなロケーションなのであまり旅行者には知られていないけれど、ブログの影響もあってか、ゲストコメントを見ると日本語ばっかり。お客さんは日本人が大半のようです。

街スパというより、近所のローカルスパに毛が生えたみたいな感じかな?トリートメントルームは2部屋のみとこじんまりしているので、いつも貸切り状態。二人で行くと完全に貸切りになります^^現在セラピストは二人のみですが、この二人のコンビネーションがなかなかイケるのだ。好みに分かれるけど、癒し系と萌え系(笑)。熟練トレーナーのデウィさんはもういないけれど、さすが彼女からトレーニングされているだけあって、技術的にもかなり満足。設備的には高級スパには劣るけれど、コストパフォーマンス的には断然お得感がある!街スパはセラピストの個人差が大きいので、逆に小さなスパのほうが管理が行き届いて安心かも・・・。

P5081481.jpg

一般的なスパのおすすめは6種類のアロマオイルから選べるCantik Balinese Massage。この価格帯の街スパでオイルが選べるのって嬉しいです♪ イブウブ子のお気に入りはローズ。甘くて優しい気持ちにさせてくれます♪ でもここのリフレクソロジーとクリームバスとフェイシャルもかなりおすすめだったりする。フェイシャルはスチームできちんとやってくれるし、プロダクトもナチュラルなので日本人にも安心だと思う。

P5081487.jpg

仕事で疲れたときにふらりと立ち寄れる感じのアットホームなローカルスパという感じかな。余計なサービスはないけれど、清潔だし、癒しの場所・・・行けるのはいつも夜に限られてしまいますが。あまり旅行者向けじゃないのであまり知られていないけれど、興味がある人はぜひ!穴場です。スグリワ通りはローカルの住宅街が続く裏道ですが、近日開拓されてきて、ワルンソパをはじめ、近くにはどら焼きやピザのお店などがオープンしました。ハノマン通りとジェンバワン通りの中間にあるので、中心部からも徒歩で行けちゃうので便利です。街歩きも楽しそうですね♪

P5081484.jpg P5081492.jpg

Cantik Spa
Jl.Sugriwa No.15 Ubud
Tel: (0361)808-1414
Open: 11am-8pm 

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

丸ごとバナナ!@Kakiang

2012年05月09日 08:46

ウブドで一番人気のあるケーキ屋さん!と言っても決して過言ではないでしょう。旅行者だったころからずっと愛し続けているカキアンです。いろんなケーキショップを訪れても、何となく一番安心で落ち着くのがここですね。最近はドーナツも販売していますが、このドーナツもおそらくウブドで一番おいしいかも。甘党なのでよく夜食としていただいています。

さて、GWの多忙だった時期も思わず立ち寄ってみた・・・

この日の客層にはビックリ!最近2階席にはジャカルタ系?と思われるギャルや若者のグループ、そして地元の富裕層バリ人がよく集っていますが、ぬぁんとこの日は全員メンズ。しかも欧米人の中年?いやそれ以上と思われる恰幅のよい男性たちがいかにも優雅にケーキを食べている光景はちょっと珍しいものがありました。昔は日本人を中心に人気だったけれども、カキアンのおいしさはヨーロッパを中心とする欧米人たちにも人気があるんです。やっぱりおいしいものには国境はない!

P4201416.jpg

おいしそうなケーキたちが待っています♪
P4201415.jpg

最近の新メニュー、丸ごとバナナ(左)とエクレア(右)
P4201412.jpg P4201413.jpg

カキアンの生クリームは独特で口の中で溶けるような食感がたまらないのですが、両商品ともそんな生クリームファンには嬉しい限りです。

さっそく翌日の朝食に・・・
P4211420.jpg

バナナはこっちのなので、日本のバナナより細くて固めでしたが、日本で売っている丸ごとバナナがウブドで食べられるなんてホントに感激しちゃいました。っていうか、日本のよりもゴージャスででっかい!ママが大好きで、帰国中はよく食べていたのでちょっと日本が恋しくなっちゃった・・・。カキアンにはホントに感謝☆ これからもおいしいスイーツの追求を続けていってもらいたいです。

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

ぼったくり健在!?@空港

2012年05月06日 20:06

こんばんわ。日本は今日がゴールデンウィーク最終日ですね。バリ島も普段は日本人客少ないのですが、4月下旬から日本人旅行者が少し増えました。といっても日系旅行会社の情報によると例年よりも少なめらしい。ブログで知り合った方々、同級生のお友達もこの時期に遊びに来てくれたので、嬉しかったです♪

肝心なお仕事のほうはというと、2週間ノンストップで働いていたのでかなりハードでした(涙)。でも、このブログを読んでいただいている方がお泊りになったり、いろんな方から励まされ、ありがたいことに特に問題もなく無事に全員チェックアウトされてようやくホッとしているところです。接客の仕事って体力・気力を使うけれど、やっぱり人から感謝されるときが一番嬉しいですね♪どんなに疲れていても、お客様からの「ありがとう」の一言で救われます!

レストランからの田園風景
P5041429.jpg

ちなみにこのレストラン、バリ島1日観光ツアーのランチに含まれていることが多く、毎日多くの日本人のお客様がいらっしゃいます。なので混んでいるときは日本のレストランみたいな状態になってしまいますので(汗)、せっかく外国にいるのにこれじゃ日本と同じじゃん!と思われるかも。ここはガイドさんの間でも人気のレストランなので、けっこうおすすめしてくれているみたいです^^。お食事もおいしいよ!この田園風景は貴重かな。あと1ヶ月足らずで刈り入れですが・・・。

こちらは旅行会社からの予約限定のインドネシア料理メニューの一部
P2020590.jpg P2020593.jpg
P2020592.jpg P2040661.jpg

パン、スープ、ナシゴレンまたはナシチャンプル、ピサンゴレンと盛りだくさん!もちろん食後のコーヒー、紅茶もついてきます。ツアーじゃない方にはアラカルトのランチもありますので、個人でいらっしゃる方も大歓迎です。西洋料理もおすすめです。

さてさて、前置きが長くなってちょっと宣伝チックになってしまいましたが、今日の本題は空港でのぼったくり。いや~、少しはマシになったと思ったのにGWを狙ってか、お友達がまんまとやられてしまいましたゎ(涙)。こんなことを書くとバリ島のイメージダウンとまた言われそうですが、事実は事実。これから訪れる方のために正直に書いていこうと思います。それにしても母親と妹が来たときも空港でやられたし、意外に遭遇率が高いのかも!?

まずお友達の例。

①空港で両替した際に、10万ルピア札ばかりの大きな紙幣で貰ったために小さな額に交換してもらうようにお願いしたらしい。そしたら明らかにお札の数が減っていておかしいと抗議したら、新人だったから間違えてしまったとのいいわけ。うーん、バリ人がお金の計算苦手で間違えることは十分ありうるが、両替商が間違えるとは思えん!新人というのもホントかウソか・・・一応お金が戻ってきたので良かったですがここでアドバイス!両替の際は必ず領収書をもらって、その場で同時に金額を確認してください。空港での両替はレートは街中よりも劣るものの、ホテルで両替するよりはレートが良いので到着後1万円を両替することはおすすめします。というのも到着するのが夜の場合、街中の両替所を見つけることが難しくなるから。何で1万円かというと、ディナーやタクシーの分を考慮しても一晩過ごすには十分だし、何よりレートx10000倍で計算しやすいからです。5000円でもいいけれど、細かいことをするとぼったくられる確率が上がります。そして5万ルピアとか2万ルピアとか1万ルピアとか、小さな金額に換えてもらうのは相手にチャンスを与えているような行為なので絶対しないほうがいいです。どうしても、という場合には、受け取り後に10万ルピアなら1万ルピアx10枚というふうにお願いしましょう。

この仕事をしていて思うのは、日本人は案外ゼロに慣れていない人が多いということです。ただでさえルピアは万単位なので、不安な人は電卓持参されることをおすすめします。イブウブ子も最初の頃はゼロが多くて、よく間違えていました(汗)。

②空港タクシーのカウンターは出口の右横に並んでいます。もちろん料金表も出ているので価格はクリアのはず。ウブド行きは確か変わっていなければ19万5000ルピアが相場ですが、なぜか言い訳されて25万ルピアになったそうです(空港タクシーの料金はもしかしたら価格表が古いままの可能性もありそうなので、今週末に確認してみます)。ちなみにお友達の泊まったホテルはウブド中心部。英語で何を言われているか分からないというのも相手にとっては良い条件になります。もしウブドでもサヤン、クデワタン、パヤンガン地区など遠方になれば料金は追加になりますが、その際も価格表を確認されることをおすすめします。

③空港タクシーだけかと思いきや、出口カウンターにはいろんなトランスポートのおじちゃんたちが客引きしているらしい!もしかしたら同じ空港タクシーのドライバーかも。おそらく価格規定を結んでいると思うので窓口の価格より安くなることはないと思いますが、会社を通さずに交渉金額でということもあるのでご注意ください。そしてドライバーとグルになっているのか、スーツケースなどの荷物を車まで運んでくれるという粋なサービスも!?ってことはまずありません。バリ島では旅行会社のガイドさんやホテルのスタッフ以外に親切心で荷物を運んでくれる人などいないと思いましょう。そして荷物を運んでもらう行為にはチップが必要になります。空港内のポーターは悪態がつきたのか、最近は荷物1個につき5000ルピアという料金で収まりましたが、空港外では論外。お金を払うつもりがないならば、すぐにNoと断わることをおすすめします。もちろんチップを払う覚悟でお願いするのはありですが、そのチップも法外な料金を請求される可能性もあるので気をつけましょう。通常チップは気持ちなので、払い手が決めるもの。貰い手がチップの金額を指定すること自体変ですよね。やっぱり一番のおすすめは宿泊先のホテルのタクシー、または旅行会社の送迎をお願いすることです。到着したときに誰かが名前カードを持って待っていてくれるというのはなかなか嬉しいものです。昼間到着の便で旅慣れている人なら空港タクシーの利用もありですが、夜到着の便だとちょっと不安になってしまいます。ましてやウブドまでならなおさら。暗い夜道をどこに連れて行かれるのかも分からずに1時間も揺られるのはけっこう怖かった思い出があります。

バリ島は危険ではないですが、騙されたり、ぼったくられたりすることは残念ながらまだあるようです。バブル絶頂期のバリ島ですが、旅行者との貧富の差はまだまだありますし、ハワイやグアムなどの先進国を旅行するのとは違うかも。こっちに住んでいてもお金のことになると常に気を引き締めていないといけないので、旅行者に限ったことじゃないですが。

バリ島の空港は一般の人は中に入ることはできません。これは日本人でも同様。見送りもお迎えも空港の外までのみ。だから空港内で起きていることは案外知られていないのかも知れませんね。バリ島を訪れる旅行者にとってのまず最初のハードルは空港なのかも・・・早く新しい空港が完成してモダンなサービスとシステムに生まれ変わることを期待したいです!

追記:それとブサキ寺院について、最近は改善されたと聞いていましたが、やっぱりガイド料金など法外な料金を請求されるようです(参拝料は別途受付にて支払います)。ブサキ寺院のガイド同伴というのが条件。ガイド料金は基本的に交渉になりますので、人によっては2万ルピア~20万ルピア以上とまちまちのようですが、価格交渉はかなり手ごわいとのこと。もちろんすばらしい説明をしてもらえるなら少々高くても満足できると思いますが、実際のところチップをさらにあげようとしたらチップが少ないからもっと払えというガイドすらいると聞きました。バリヒンドゥー教の総本山なのに残念なことです。それでもブサキ寺院は素晴らしいお寺ですので、訪問者は絶えません。どうしても行かれたい場合はホテルや街角トランスポートのカーチャーターではなく、旅行会社主催のガイド同伴ツアーをおすすめしたいです。

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事