【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

死にそうなくらいのチョコレートケーキ!@カフェワヤン

2012年05月29日 14:59

観光客に一応おすすめする(したくなる?)レストランの一つ、カフェワヤン。数多くあるモンキーフォレストト通りのレストランのうちでも老舗のレストランです。先日、日本から幼馴染のお友達が来たときに行ってきました!最後に行ったのは数年前だったはず。ガイドブックとかでも紹介されているから旅行者には人気のお店だし、ホテルのお客さんからも好評のレストランです。最近は多忙中につき、街のレストランに出歩く機会がないのでお客さんから情報収集に励む日々・・・(反省)。でもやっぱり自分で行ってみないと分かりませんよね。

カフェワヤンはやっぱりロケーションが◎。お友達の滞在宿から徒歩ですぐの場所にあります。ウブドでおすすめのレストランを紹介するときは料理の種類とお店の雰囲気、そしてロケーションが重要だと思うのですが、やっぱりモンキーフォレスト通りやデウィシタ通り付近にあるレストランはおすすめしやすいですね。メータータクシーがないウブドではタクシー代が意外に高かったりするので、ウブドの中心部から遠いレストランは躊躇してしまいます。ホントはおすすめのところがもっといっぱいあるんだけれど・・・。

元祖バリ風?とも言えるバリ風ガーデン
P5041472.jpg

ベベブンギルもガゼボとガーデンが有名ですが、最近はこのようにお庭があるお店は減ってるかも。個人的にはMiro's Gardenがおすすめ!カフェワヤンやベベブンギルと比べると知られていないけど、伝統的な雰囲気とおいしいインドネシア料理が食べられる老舗レストランです。カフェワヤンは欧米人やアジア人旅行者で賑わっていました。珍しく日本人も見かけましたよ。

インドネシア料理は飽き飽きなのでペンネを注文(左)
P5041467.jpg

お友達夫婦はミーゴレンとパイナップルナシゴレンです。

味は普通においしいんだけど、プレゼンテーションが20年前のバリ風な感じ。逆にそれがいいのかも知れないけど、ペンネもミーゴレンも付け野菜が同じというのもちと気になる。職業柄、どこに行ってもついつい仕事の目線で見てしまうのが最近の悪い癖です。しかも以前より目と舌が肥えてきたのか、ホテルスタンダードで判断してしまうため、評価もついつい厳しくなってしまいがち・・・。

イブウブ子のお友達は大食い&甘党が多いのですが、彼女も甘党。食事の後は昼夜かまわずデザートです!

strawberry CheesecakeとDeath by Chocolate
P5041473.jpg P5041474.jpg

カフェワヤンのケーキって、オーストラリアのケーキみたいにデカくてこってりしてるから、疎遠になっていましたが、ストロベリーチーズケーキはかなりおいしくてびっくり!値段は確かRp.38000くらいとかなり高級でした。お友達は死にそうなくらいのチョコレートケーキ(笑)を注文。チョコレートソースをさらにかけていただきます。ダークチョコレートとチョコレートソースでチョコレート好きにはたまらん!?

お友達とは約30年来の付き合いで(歳がバレる!)、ウブドもこれが二回目。イブウブ子の日本の友人たちはバリ島に興味がない人がほとんどなので、そういう中はるばるウブドまで来てくれる彼女は本物の友達だなぁとホントに感謝の気持ちでいっぱいなのです☆今回は旦那様とも初対面だったのにもかかわらず、猛烈なガールズトークぶりを久しぶりに披露してしまう羽目に・・・(汗)。そして酔っ払いの最中に仕事の電話!こういうのってかなり気分が冷めちゃうんだけど、そこはプロの意識で何とか乗り越え、危機脱出。ことごとく夜の電話にはハラハラさせられますゎ(涙)。

お互い日本でも離れていてなかなか会えないのに、ウブドで会えるってスゴイことなんだな、と改めて実感しています。理解のある旦那様で良かった、良かった~!やっぱり夫婦っていいですね。いい刺激になりましたよ^^。お料理もケーキもおいしかったし、閉店間際までステキな時間を過ごすことができました。

ご馳走様でした♪そして日本のコーヒーもありがとう!

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

日本人ウェイトレスがいるレストラン!?

2012年05月26日 19:17

バリ島ウブドより、こんばんわ!

昨晩はホテルのイベントに協力して、ぬぁんと初MCやっちゃいました。イベントと言っても近所の子供たちのバリ舞踊披露だったのですが、人前が大の苦手(涙)。まさかこれからずっとやる羽目になっちゃったらどうしようと、ちょっとこの先不安だったりする・・・。

さて日本はGWが終わって、田植えしたばかりの水田が多いかも知れませんが、バリ島では3期作が主流。常夏で太陽の光も強いので植物の成長も早いんです。稲も3ヶ月弱で稲刈り、その後1ヶ月ほどは鴨を放し飼いにして土を休ませ、新たな土壌作りの時期をむかえます。そのうちヴィレッジ周辺の田んぼでも鴨が見られるので、泥沼でもそれはそれで風情があります。自然の恵みを受けたウブドの景色は素晴らしいです。

機械を使わないので、一つひとつの田んぼがちっちゃいのが特徴
P5221650.jpg

こうやって近所の農家の人たちが手作業で刈入れしていきます。
P5221649.jpg

昔の日本にもこんな風景が広がっていたんだろうな。今週末にはすべてが終了しそうな見通しなので、残念ながらしばらくは稲穂の景色はお預けです。

レストランはコの字型
P5251788.jpg

日系旅行会社のツアーに含まれているため、ランチのお客様はほぼ100%日本人。しかも田んぼが見える方のウィングを使うようにしているため、テーブルは日本人で埋まっちゃうことも珍しくありません。さらに今後も取り扱い先が増えるんだとか!仕事内容で占めるレストランの比率が6割以上なので、フロント業務よりメインになっちゃっていますね。ガイドさんにもウェイトレスだと勘違いされてるし、えぇこうなったら何でもやります、はい。お皿は三つ以上運べないけど・・・(汗)。

ところで先日あるエージェントさんとお話する機会がありましたが、やっぱり日本人ってブランドイメージや知名度に弱いんだそう。悲しいけど今のところはランチのホテルとしか知られていないのが現実であります。本来はホテルへの集客目的として力を入れたレストランですが、マーケティング的にはあまり効果が出ていなさそう(汗)。ランチのお客さんは特にウブドに興味があるわけでもないし、ウブドヴィレッジがヴィラだということも知らない方も多いのです。もちろんエージェントさんとの信頼関係も重要だとは思いますが、今後の課題は有名になること、らしい。うーん、簡単そうで難しいわ(汗)。ってことで地道な活動の一環として、ブログでのアピール作戦(笑)。

ランチのお客さんが帰った後にこっそりお一人様ランチを・・・

ナシゴレン
P5251791.jpg

久しぶりにレストランで食べたけど、おいしかった!ナシゴレンってシンプルなお料理ですが、レストランによって味が違うんです。ここのナシゴレンは一見中華風。そして醤油風味なので、香辛料を使っている赤いローカルワルンのナシゴレンとは丸っきり別料理!上品な味付けで辛くないので、日本人好みの味付けだと思います。このナシゴレンを食べちゃったら、当分はローカル飯食べられないな。

もう一つ、レストランの自慢はフレッシュジュース。もちろん新鮮な果物をミキサーにかけて一つひとつオーダーを受けてから作るため、若干時間がかかるけれどもおすすめです。個人的にはミカンジュース、バナナジュース、パイナップルジュース、ミックスジュースが好き!ミカンジュースは水も加えずにそのまま絞りたてを出すのでビタミンC摂取に最適です。最近のマイブームで1日一杯飲んでるので、お肌の調子も◎。バナナジュースは牛乳入りなのでかなりお腹が膨れますが、砂糖もシロップも加えていないバナナジュースってこんなにおいしいんだとびっくり(飲みすぎると太りそう)!パイナップルジュースはサラサラした飲み心地が暑いバリにはぴったり!ミックスジュースはパパイヤ、パイナップル、バナナが入っているので迷ったらこれがおすすめです。

ランチの時間帯だけ日本人で賑わうレストランですが、実はホテル宿泊客の大半は欧米人。日本人の宿泊客はまだまだ少ないので、これからはホテルの集客にも力を入れていこうと思っています。

まずはウブドヴィレッジの特長は5ヘクタールという広く平らな敷地と美しく整備された庭。名前のとおり、「ウブド村」をイメージできると思います。次においしい朝食とレストランからの田園風景。親切でフレンドリーなスタッフたち。そしてウブドならではの開放的で広々としたプライベートプールヴィラ。ほどよく伝統的なバリ建築とモダンなデザインがマッチした、シンプルで過ごしやすいヴィラです。朝9時から夜10時まで利用可能な無料シャトル。最後にほとんど知られていないけど、高級感のあるスパ。←こちらは後日、詳しく紹介します^^

このブログを読んでくれている方々の頭の片隅に少しでもヴィレッジのことを知ってもらえるきっかけになると嬉しいです♪

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

ぶらっとランチ@gourmet cafe

2012年05月25日 22:23

皆さん、こんばんわ。

まだまだ5月下旬だというのに、何だか忙しい毎日です。バリのハイシーズンって6月から本格的にスタートするんですよね。ホテルでは7月中旬以降に追加料金がかかるところが多いけれど、最近は欧米人メインになってきているので7月1日からハイシーズンチャージが追加されるところも増えてきているみたいです。

これは気のせいだけど、バリ人の日本語理解率ってだんだん下がっていませんか?っというか、若い世代で日本語が話せる人がいないような気がするんだけど・・・。知り合いでも日本語が話せる人やガイドさんはほとんど30代後半~40代だし、ここにもバブルの影響があるのかな。20代で話せる人、ホント少ないです(汗)。どうにかならないか?と悩んでみるも、日本人観光客が減っているから仕方がないのかも知れませんね。それよりも最近は英語が重要だなと再認識している日々です。

さぁて、スミニャック&クロボカンの最後の話題。

お友達からランチにおすすめだと聞いていたGourmet Cafeに行ってきました!宿泊先のヴィラアイルからも程近い距離なので、歩いて行けちゃいます。道はぼこぼこ、悪いけど!

店内はガラス張りでエアコン付き
P5131592.jpg

ショーウィンドーの素晴らしいケーキたちは撮影禁止らしく、諦めました(涙)。

アイスクリームも有名らしく、すごくおいしそうだったのですが、珍しく甘いものを欲さなかったため「ケサディア」をチョイス!
P5131588.jpg

鶏肉などの具がたっぷりで食べ応え◎。これはバリ島で久しぶりにおいしいと感じたメキシカン料理だったかも。味もしみ込んでいるけど決して重たくなく、トルティーヤの焼き具合とも絶妙にマッチした一品です。もちろんグアカモリとトマトサルサもたっぷり付いてくる!聞いた話によるとここはアイスやケーキなどのスイーツとともに、サンドイッチも人気らしいです。Subwayみたいにパンの種類や中身を選んでオリジナルサンドイッチを食べられるんだそう。

ジュースもフレッシュでおいしかったので、飲み物だけでもOK。隣のテーブルのお客さんは同じくケサディアを注文してました。オリジナルサンドイッチはシートに記入してオーダーする仕組みらしく、後で入ってきたオージーらしきグループが頼んでいました。飾らないお店なので、気軽に立ち寄れるのもいいですね。おいしかったのでまた機会があったら行ってみたいと思うお店でした。

ちなみに夜は9時閉店と早いので、朝食~ランチ~アフタヌーンティなどにおすすめです。クタにも店舗ができたらしいです。

Gourmet Cafe
Jl. Petitenget No. 77A Kerobokan
tel:0361-737324
open:7:00 - 21:00
http://www.balicateringcompany.com/cafe/

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

クーデタ派?それともポテトヘッド派?

2012年05月23日 22:12

こんばんわ。何かバリ島に縁のない人ならさっぱり意味不明の題名ですが、バリ島の有名なビーチクラブのことです。

最近のウブドはめっきり過ごしやすくなってきました。よく日本のお客さんには夏が一番暑くなると勘違いされていますが、南半球に位置しているだけあって、これからの夏の季節は一番涼しくなるバリ島。だいたい5月中旬以降から本格的に乾季に入ります。ただし、ビーチ側や南部リゾートの気候は分かりません。2週間ほど前にクロボカンに行ったときは同じバリ?と思うほど湿度も高くて暑かったです(汗)。やっぱり暮らすのはウブドがいいね!ってことで、しばらくはウブド宣伝に専念しようと心に決めました^^。何がいいかって?やっぱり人間がいい!個人的にはハード面においてはウブドのホテルはスミニャックやヌサドゥアのホテルにはかなわないと思うことが多いのですが、ソフト面は勝てると思っています。数多くあるヴィラやホテルの中でウブドの宿が上位にランクインしていることも納得ですね。これからハイシーズンに向けて気合入れて行きますぞ~!

さてさて、クロボカンの続きです。

スミニャックやクロボカンに行くならやっぱりナイトライフ♪ といっても踊りまくるクラブはもう卒業。最近は大人のバーやオサレなラウンジに興味ありますの(笑)。

ウブドの友達からいろいろ情報を集めて勧められたのが、1)Potato Head 2)Ku De Ta 3)Cocoon。今回はポテトヘッドとクーデタに行ってきました。

まずは前回のリベンジなるか?Potato Head。同じく土曜日の夜だったのですが、先月よりも空いていました。お洒落なんだけど、広すぎるというか、開放感があっていいのだけど集まる人たちの種類がちょっと合わないかも。ジャカルタ資本なのでけっこうローカルの富裕層も多くてこっちのお金持ちの子たちや、パーティ好きな若い欧米人(オージー?)が多い感じかな。お金持ち風の在住外国人もいっぱいいて、派手好きで賑やかなのが好きな人が集まる場所です。2回目のトライも失敗だったのは音楽が前回も今回も好みじゃなかったのも原因かと思う。もともとレストランにしてもホテルにしても大型なところは落ち着かないので苦手です。でも昼間やサンセットの時間ならもっと印象が違うと思うので、好みによるのかな。大型プールもあるので、どちらかというと日中のほうがおすすめかも知れません。保養施設みたいだと表現した友達の意味がよく分かる(笑)。

P4071289small.jpg P4071294small.jpg

そして翌日は憧れだったKu De Taへ!ここはセキュリティが厳しい。といってもカバンの中身の確認のみですが・・・。ドレスコードチェックもあると聞いてましたが、普通に短パンとビーチサンダルでパスできました。外国人には甘いのかな。お客さんのほとんどが欧米人といった感じです。

まずはレストラン
P5121569.jpg

正面玄関を抜けるとレストランがあり、その真ん中を通るとビーチバーへ抜ける感じです。もうこの時点でドキドキ!まず感じたのは落ち着いている雰囲気。大人の場所ですね。

ラッキーにもラブチェアを確保
P5121565.jpg

デッキチェアがいくつか並んでいるので、カップルにはおすすめ!寝そべられるのが◎。ポテトヘッドはお友達やグループでワイワイしたい場所ですが、クーデターはドリンクを片手に恋人と語り合うというのが正しい過ごし方だと感じました^^。もちろんレストランではお友達数人と楽しくお食事する人たちが多かったですが、デッキチェアは恋人同士に限りますな。といっても3人は楽に寝そべられるほど広々サイズ!そしてここのDJは最高☆ ヴィラでディナーの予約があったので9時前に帰りましたが、ホントにもっと長く居たい!と感じさせる素敵な空間でしたよ。ここは絶対にまた来たいっ!お友達がみんなおススメするのが分かりました。今度はサンセットからのんびりドリンクを飲みつつ、まったりしたいと思ったのでした。

まだまだ奥深いスミニャックのナイトシーン。ウブドでは体験できないのでとっても楽しかったです♪ ちなみにドリンクのお値段はKu De Taのほうがちょっと高かったみたい・・・素敵な夜をありがとう♪

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

アフタヌーンティ@Bali Bakery

2012年05月20日 20:47

今の時期、バリ島は乾季への移り変わりで天気が不安定。残念なことにウブドより天気が良いはずのスミニャックでは週末ともに雨模様でした(涙)。それまでは晴れていたらしいから、たまたま運が悪かったのかも・・・。今週は天気も回復して気持ちの良い日が続いています。

アフタヌーンティのリベンジとして向かったのがスミニャックスクエア。スミニャックとクロボカンはバリ島で最もトレンディーなエリアと言って間違いないだろうけれども、お店の数も多く、広範囲なので知りつくすのはウブドよりも大変そうです。ガイドブックで事前に研究はしたものの、やっぱり実際に行ってみないと分からないものですね。バイクだったら簡単に移動できちゃいそうですが、今回はタクシーでの移動です。とにかく土地勘がないので、とりあえずはスミニャックの中心部であろうスミニャックスクエアに行ってみたというわけ。付近は有名レストランが多数並ぶグルメ街でもあります。前回行った日本食レストラン、Kuni'sも徒歩圏内です。

南部エリアはメータータクシーがいっぱい走っているので便利だと感じました。最近では最低料金を提示しているところもあるけれど、よく表示を見てみると呼び寄せの場合のみだったりして、流しのタクシーの場合は大抵メーター料金でいけるみたい。最低料金といってもRp.15.000~Rp.20.000くらいなので驚くような額でもないです。ちなみに初乗りはどこもRp.5,000.それを思うと、ウブドの白タクは高いっ!ぼったくりという言葉は適切じゃないかも知れないけれど、道端のトランスポートの兄ちゃんに聞くと近距離でもRp.40.000が標準だったりする。ちょっと離れた高級リゾートなんかだと相手を見て値段を決めるからかなり高くなるのはこちらの常識。メータータクシーの乗り入れを禁止しているウブドにはそれなりの事情があるのだろうけれど、公平に競争していけるようになればいいのにと、消費者的には思ったりもするわけで・・・。それにウブドの渋滞は悪化するばかり。

今回の印象で、やっぱりスミニャックはウブドよりも注意が必要かも、と感じたことは確かです。気持ち的なことなので、身の危険とかではなく、両替や客引き行為に関してです。ウブドの人は良くも悪くも田舎のバリ人だし、何だかんだで人のつながりが密なので街中でそう簡単に悪いことはできやしない。トランスポートの兄ちゃんたちも縄張りがあるので誰でもが勝手に営業できるわけではないと聞きます。スミニャックも同じなのかも知れませんが、両替に関しては特に注意が必要だと感じました。

現在の日本円の相場は1円=Rp.115程度なのにRp.120とか、妙にレートの良い場所が多すぎる!普通は怪しいと気づくものですが、人間というのはついつい欲を張って少しでもレートの良いところで両替をしたくなるもの。数年前に両替したことがありますが、マジックのごとくお店を出た地点で初めてお金が少ないことに気が付くんです。しかも被害は20万ルピアと決して小さくありません。レートが良すぎる両替商には落とし穴があると言って過言じゃないので、十分お気をつけください。脅かすつもりはないのですが、あれは絶対に手品の技。ちゃんとした両替ショップ、またはレートは落ちるけれどもホテルなどでの両替をおすすめします。

さて、軽くお茶したかったので、スミニャックスクエアの入り口付近にあるBali Bakeryに入りました。ここに決めた理由はLAVAZZAの看板があったから。そしてBali Bakeryは初体験!パンやケーキがおいしいと有名なカフェで、クタやデンパサールにお店がありますが、残念ながらウブドにはありません。正面はJunctionというカジュアルフレンチのレストラン。斬新な建築がお洒落でひと際目立っていました。

カジュアルな店内
P5121560.jpg P5121554.jpg

ここがバリだとは思えないですね。でもスミニャックでオープンエアは暑いです。

目が釘付け~♪
P5121561.jpg

ケーキって見ているだけで幸せな気分になるから好きです^^。どれもこれもおいしそうで、しかもお手頃価格。エクレア、アップルパイ、ミルフィーユ・・・どれもおいしそうで迷っちゃう。

ティラミスとカプチーノ
P5121557.jpg

普段はブラックしか飲みませんが、ここはちょっぴり女の子テイストで可愛らしく♪ ティラミスってお店によって味がそれぞれですが、このティラミスは好みのお味で大きさもお味も◎でした。これがウブドにあれば間違いなくリピートしちゃうレベルです。

スミニャックスクエア自体はさほど行く意味はないのかも知れないけれど、駐車場もあるし、場所も分かりやすいので、スミニャック散策の拠点としては便利な存在です。スミニャックには個性的で素敵なブティックがいっぱいありました。でもお店の数が半端じゃないし、全部見ようと思ったらかなりの距離を歩くことになりそうです。それにしてもウブド以上に日本人見かけなかったな・・・。今回は買い物はパス。サマードレスとかこっち住んでいてもめったに着ないしね。

しばらくじゃらんじゃらんをして、この後は憧れのKu De Taへ!

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事