【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

ドンムアン空港から市内移動@タイ旅行1日目

2019年06月07日 12:49

スラマッパギ~🎵 おはようございます!

さて、昨日は前書きが長すぎて本題に行けなかったので今日こそはバンコク初日レポを。自分のために旅の備忘録?日記として綴っていくので、まとまりがなくて分かりにくいところがあったらスミマセン。



ドンムアン空港到着


デンパサール空港の出発はほぼ時刻通り👏 でもこれ、すべての乗客の努力によりけりだと思うんです。たとえば時間にルーズな国の人が多いと搭乗時刻になっても全員揃わず遅れてしまうだろうし、行く国や利用する航空会社の客層によりけり。LCCだからと舐めていましたが、エアアジア時刻通りに出発したのは素晴らしいです。

タイランドに無事到着!バリ島との時差はマイナス1時間なのでジャカルタと同時刻になります。

Welcome to Thailand👐
IMG20190529060032.jpg

飛行時間は4時間半弱でしたが、狭い機内で寝れたのは1時間半くらいだったと思うので非常に疲れます💦まあ、安いチケットだったし、翌日到着から丸一日あるので良い点もありますね。入国審査はガラガラだったのに、私の前の人が思いのほか手こずって別室に連行され、ちょっと待たされましたが無事入国できました。預け荷物の場所に着いたタイミングでちょうどスーツケースも出てきてくれて、6時前には到着ロビーへ。

SIM購入&両替


まずはネットで事前購入していたSIMカードの受け取りを。たくさんカウンターがあってどこも同じ料金だったのですが、ネットで買ったほうが割安でした。正規料金でも1000円程度なのでSIMカードは空港で購入したほうが便利だと思います。本当は販売店の人が設定までやってくれるようですが、私のスマホはDual SIMになっており、WhatsAppも使いたかったからインドネシアのSIMも入れたままでお願いしたら、一つのSIMじゃないと設定できないと言われ(意味不明!?)、仕方なく自分で設定する羽目に。。。といってもどこをどう設定したらいいのか分からず、すでにデータ通信も可能な状態でしたので、そのまま放置してしまいました。インドネシアのプルサも減っておらず結果オーライ!

旅慣れている人はもうご存知かと思いますが、、、
★本国のSIMは出国前にデータ通信をオフにする
★その場合、ローミングもオフにしたほうが安心
★データ通信をオフにしても電話やSMSは受信可能(電話は受信料金が発生)
★機内モードは安全だが、電話の受信もできないので緊急の際は不便

それにしても海外のSIMってけっこう複雑ですよね。私はAndroidなのでSIMが2つ入って便利だけど、iPhoneは一つだけだから元のSIMを外して入れ替えないと使えないし、そうしたらチャットアプリのWhatsAppが繋がらなくなるから不便。日本人の場合、LINEが主流だからあまり関係ないけれど、WhatsAppは電話番号がIDなのでSIMを変えると使えなくなるんです。WhatsAppが主流の欧米人観光客はみんなどうしているんだろ?

日本の空港でルーターレンタルもあるけれど、日数分だとけっこう高いし、個人的にはあまりお勧めしません。二人の場合は、一つのスマホにSIMを入れてテザリングする方法が節約にもなるのでおすすめです。私も今回、自分のAndroidのスマホにタイのSIMを入れて、相方のiPhoneにはBluetoothでテザリングして使いました。テザリングはWIFIで飛ばすことも可能ですが、ネット情報によるとバッテリーの消耗が激しいとのことだったので、若干スピードが落ちるBluetoothにしてみました。ちなみに購入したのは8日間使い放題のパッケージ。使用量が3GBを過ぎたらスピードが落ちるらしいのですが、二人で5日間使っても2GBも達しなかったので、スピード的にはまったく問題なかったです。

バリ島でのおすすめSIM


バリ島の場合、ウブドなどの観光地では意外にSIMを扱っているお店がないので、空港で買ってそのまま設定してもらったほうが手っ取り早いです。もしかしたら町のほうが安いパッケージがあるのかも知れませんが、万一、お店が見つからなかったら困るし、在住者の私でも何を買えばいいのか分からないくらいたくさん種類があるし、言葉が通じないと逆にぼったくられる可能性も無きにしも非ず。今は外国人のSIM購入にはパスポートの番号も義務付けられているので、手間を思えば空港で購入するのが便利かなって思います。

ちなみにバリ島のSIMはKLOOKのネット購入がおすすめ!30日間使える6GBのプルサが6月末まで通常10万ルピアのところ7万ルピアで買えちゃいます。多分この値段は町で買うより絶対安いし、空港内の出口すぐのカウンターで受け取り&設定もしてくれるのでかなり便利だと思います。もしKLOOKを初めて使う方ならこちらのクーポンで割引あり!
👉お得な割引クーポン MZ3NZ



両替&市内行きバス


さて無事SIMを入れ替えて準備完了!次に両替です。ネットで調べたらドンムアン空港の両替はレートがあまり良くないらしいということですが、バリ島や日本より全然マシ。ターミナル内と外にありますが、どこで替えても規定によりすべて同レートでした。とりあえず移動費と朝ごはんのために6000円両替しておきました。2019年6月の時点だと1バーツは約3.5円ほど、ルピアだと500ルピア弱です。海外に来るとレート計算が面倒くさい💦

いよいよ市内への移動です。元々バスと決めていたのですが、下調べ情報ではバスは7時が始発らしいので、それまでセブンイレブンを探して時間つぶしする計画でした。旅先では予習が肝心!ですが、現地での情報収集も欠かせません。両替ついでに偶然見つけたインフォメーションセンターでバス乗り場を再確認。そしたらすぐ近くの6番出口だということ、そしてBTSモーチット駅行きのA1バスは6時半からあるということを知り、聞いてみるもんだなー。

左がインフォメーションセンター情報、右がバス停情報
IMG20190529060737.jpg IMG20190529061746.jpg

面白いのが実際にA1バスが来たのが6時25分。バス停に着いたとき(6:20)に前のバスが出たばっかりだったので、実際は6時過ぎからバスは運行していることになります。この適当さ、すでにタイに親しみすら感じます(笑)。しかも料金は一人30バーツ(約100円/15000ルピア)と庶民的。中サイズのスーツケースが一個ありましたが、スペース的にも問題なく持ち込むことが出来て一安心です。

BTSのRabbit Card


モーチット駅までは30分ほど。ホテルはアソーク駅なのでさっそくプリペイド式のRabbit Cardを購入することに。というのもバンコクのBTSチケット売り場はとにかく列が長いということで、今回5日間の滞在にあたり購入したほうが便利だと思ったから。ちなみにRabbit Cardの初期購入にはパスポート提示が求めれます(チャージ時は不要)。そして町の両替所では毎回オリジナルのパスポートが必要なので、タイ旅行の際はパスポートを常に持参されることをおすすめします。コピーしか持っていなかった外国人は厳しくノーと断られていました。

ラビットカードは初期カード費用が100バーツ、自動的に100バーツがチャージされて合計200バーツから購入可能。そのときは何も考えずにチャージ分100バーツで買いましたが、モーチット駅からアソーク駅までですでに43バーツ。その時はあまり両替していなかったので仕方ありませんが、もしお金があれば最初に300バーツ分チャージしておいても無駄じゃないと思います。タイにはMRTと呼ばれる地下鉄とBTSと呼ばれる電車の二種類がありますが、Rabbit Cardが使えるのは今のところBTSのみ。とはいえ、市内移動はほとんどがBTSで行けると思います。料金はシンガポールの地下鉄と比べて、案外安くはないかな。

バンコクの人の多さと都会っぷりにクタクタになりながらも、予定より早く8時にはホテルに着いちゃいました。初日の予定は荷物を預けて市内観光!

次回に続く。。。

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓
banner_blogranking.gif
関連記事


コメント

  1. balihi | URL | mYbggkm6

    WhatsApp simカード差し替え

    確かにWhatsAppは電話番号がIDですが、初期設定さえ済んでしまえばWhatsAppアプリ使用時にはIDの電話番号と異なるsimカードが入っていても問題ないです。また、simカードを抜いたwifi接続のみのスマホでもWhatsAppアプリは使用できます。
    ですから、欧米人がタイやインドネシアに旅行に来て現地simに差し替えても普段と同じIDでWhatsAppアプリを使用できます。

  2. イブウブ子 | URL | -

    balihi 様へ

    そうなんですね。初期設定の仕方がよく分かりませんが、できるとは知りませんでした。今度日本で試してみます!

コメントの投稿

公開されるので入力しないで下さい!
(必須)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/2217-162e89f1
この記事へのトラックバック