お土産屋とコーヒー農園@Genta Argotourism

2019年08月26日 18:48

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

ここ数日、急用が立て込んでブログ更新さぼってしまいました。っていうか今もドタバタ💦

さて母娘旅行の2日目はサヌールからバグースジャティへ移動の日。ここからが本番です!

サヌールからバグースジャティまでは2時間弱。ウブドを通過するので、カーチャーターしてついでに観光やお買い物をするのがおすすめです。私たちもカーチャーターして向かいましたが、自分のペースで回りたかったので何時間とか決めずに終わった時間までという緩い設定。おかげで時間を気にせずに楽しめました。バリ島の観光はツアーより好きなところを回れるカーチャーターが定番になりつつありますが、最近は道路事情も分からないし、予定が変わるかも知れないので時間はオープンにするのがベター👍

最初に行ったのが格安お土産ショップと知られているBAGUS。日本人にはバグースと呼ばれていますが、正式名はCening Bagusといってジャワ島からの大型バスが連日押し寄せるローカル観光客向けのお土産屋さんです。スーパーじゃ売っていないローカル観光客向けの名産物の品ぞろえが豊富なのが特徴。最近はスーパーでもお土産コーナーが設けられていますが、Cening Bagusに来たらとりあえずバリ島らしいお土産(特に食べ物)が揃うと思います。

おすすめはPie Susu
IMG20190810135131.jpg

1箱(9個入り)で2万ルピア弱と安いです!香港のエッグタルトをペッちゃんこにして、クッキーみたいにした食べ物ですが、バリ菓子にしては美味しいほう。中の黄色いのはカスタードクリームですが、そこまで濃厚じゃなくあっさり風味。ローカル市場にも売っていますが、市場に売っているのはお土産屋さんで売っている箱入りとは別物で、全然美味しくありません。Cening BagusのPB商品が2種類あったので、食べ比べに買ってみました。左の白いパッケージはソフト、右の緑のパッケージはクリスピーで、緑のほうが人気だそうです。中は小分けになっているので、職場へのバラマキ土産にイチオシ!賞味期限ですが、常温で7~10日前後なので心配なら帰国日か前日に買ったほうが良さそうです。ちなみに冷蔵または冷凍保存しても美味しく食べれるので、私はひと箱買って冷凍庫に入れています。1か月くらいはオッケー👌

バリ島名物のピーナッツもたくさん
IMG20190810135616.jpg

ピーナッツが有名ってバリ島に来てから知りましたが、なぜか日本人にはピーナッツが人気あります。おすすめは緑の葉っぱが入っているやつ。名前は忘れちゃいましたが、こぶミカンの葉が入っているのが美味しいです。あと、バリコーヒーもたくさん種類がありました。スーパーであまり見かけないようなものもあったので、お土産にもよさげです。

サロンの腰巻
IMG20190810135633.jpg

クバヤも
IMG20190810135717.jpg

透け透けの薄いレース生地。バリ島に最初に来た時は驚きました。保守的なイメージだったバリ人女性がこんなに大胆とは!しかもおばちゃんもブラ透け透けで着ています(笑)。日本から来る方は黒のキャミソールを持ってくるといいと思います。

これは安いサロン
IMG20190810135745.jpg

値段はピンキリですが、クバヤはすぐに着られるのでとりあえずここに来たら民族衣装揃います。これを着てランプヤン寺院とかブサキ寺院を回ると楽しそう。京都の浴衣レンタルみたいなビジネスは私が知る限りバリ島にはないので(というか買ったほうが安い!)、コスプレ感覚で着てみるのもありです。タイの寺院ではお寺がレンタルサービス(有料)していたなぁ。

洋服は他にもありましたが、ローカルぽいダサいものばかりだったのでここでのおすすめは食べ物系だと思います。とりあえず私たちはPie Susuを5箱ほど購入。

さて次はコーヒー農園に☕

バリ島にはたくさんコーヒー農園があって、ほとんどがテガラランからキンタマーニ地帯に集中しています。農園によってはルワックコーヒーが飲めたり、実際にルワック(ジャコウネコ)を飼育していたり、ジャングルの景色が楽しめたり、ブランコがあったり、といろいろあります。コーヒー農園はバリ島の定番コースなので、ツアーに含まれていたり、ガイドさんからも勧められることが多いかも知れません。基本的に入場無料でいろんなコーヒーを試飲できたり、コーヒー豆の説明、焙煎デモンストレーションなど。最後にお土産ショップで購入という流れになります。さすがに何も買わないで出てきちゃう人は日本人ならいないと思いますが、コーヒーに興味がない場合は最初から断って寄らないほうがスマート。

ウブドの南にあるコーヒー農園
IMG20190810141913.jpg

今回は以前からずっと行きたかったGenta Argotourismに行ってきました。ここには噂のぽっちゃりルワックがいるとのことですが、全然ぽっちゃりじゃなかった!

っていうかデブだし😅
IMG20190810142248.jpg

ここの農園で飼っているジャコウネコなのですが、とても大人しくて慣れているので抱っこさせてくれます。私も抱っこさせてもらいましたが、15キロほどありそうな重量感でした。ホントに重かった~。最後に手の甲を二回ペロペロ👅タヌキみたいだけどネコの舌と同じでザラザラしていてビックリしました。ちなみに名前はゲンタ君じゃなくてラダ(胡椒)なんだそう。

可愛らしい橋
IMG20190810142851.jpg

コーヒー農園の中には宿泊施設や小さなヨガスタジオ、カフェなども点在していて、この日もワークショップが行われていました。欧米人に人気のナチュラルでエコな施設みたいです。

ヨガバーンっぽい雰囲気
IMG20190810143834.jpg

農園で採れたコーヒーやハーブなど
IMG20190810143723.jpg

テガラランにある商用コーヒー農園に比べると観光客も少なく、アットホームでナチュラルな雰囲気です。スタッフの人も親切に説明してくれました。英語も話せると思いますが、なぜか私だけにインドネシア語で(笑)。日本語ガイドさんと一緒なら通訳お願いしたほうが良いと思います。

サフラン(左)とバタフライピー(右)
IMG20190810143419.jpg

お湯を注ぐだけでこんなにカラフル
IMG20190810143525.jpg

これだけでは味はありませんが、健康に良さそうな風味がしました。これにライムを振りかけると理科の実験みたいに色が変化するのが面白かったです。

これはルワックの糞から採れたコーヒー豆
IMG20190810143133.jpg

洗浄済みとのことで、匂いもかげます👃同じルワックコーヒーでもインドネシアの産地によって味も香りも違うんですね。どれか一つ、臭いのがありました。バリ島だったかも?ルワックってコーヒー好きには有名ですけど、今は天然のものはほとんどありません。特にバリ島産のルワックはすべて養殖です。

10年前くらいにジョグジャカルタのカフェでスマトラ島の天然ジャコウネコのコーヒーを飲んだことがあるのですが、本物は高級で当時でも一杯10万ルピア以上しました。バリ島のコーヒー農園だと半額の5万ルピアで飲めちゃいます。

焙煎のデモンストレーション
IMG20190810142916.jpg

すべて手作業で行っているんだそう
IMG20190810143004.jpg

バリ島のコーヒー農園で売っているコーヒーが高いのはこういう手間がかかっているからなんだと思う。バリ人の知り合いによると、ホームステイを経営していたお母さんが子どもの頃は同じように手作業でかまどを使ってコーヒーを焙煎し、石臼ですり潰してお客さんに出していたんだそう。それが一番美味しいんだって😋

いよいよ試飲です!奥に長テーブルの小屋があってそちらで頂いたのですが、天井が面白いので思わずパチリ📷

マグカップを逆さまにしてその中に電球💡
IMG20190810144129.jpg

各地のルワックコーヒーの特徴(クリックしてして拡大🔍)
IMG20190810144101.jpg

写真のルワックは若かりし頃のラダちゃんです💗まだ細い!

先ほどの産地別の詳しい味の説明が書かれています。

こちらは試飲するコーヒーの種類(クリックしてして拡大🔍)
IMG20190810144009.jpg

実際はこんなにカラフル🌈
2019-08-10-14-42-45.jpg

バリコーヒーが一番美味しかったけど、甘いのが好きな人はチョコレートコーヒーもいいかも。カラフルなのはハーブティでどれも飲みやすかったです。気に入ったお味が見つかったらいよいよお買い物へ。

可愛らしいショップ
IMG20190810145014.jpg

コーヒーやハーブの葉など
IMG20190810150622.jpg

バリコーヒーをお土産用に買いました。妹にあげたら、先日「バリのコーヒー、めちゃくちゃ美味しい!」と聞いてもいないのにメッセージがきたのでやっぱり高いものは違うんだなって思った次第です。以前スーパーで市販の安いバリコピを買ったら家族全員に不評だったので、お土産にコーヒーは却下かと思っていたけど今回はヒット👏コーヒー好きの母からも、あのデブネコのところで買ったコーヒー、確かに美味しいわ!との感想です。ルワックコーヒーじゃなくて普通のコーヒーでしたが、そんなに美味しいなら私も買っておけばよかった。。。

ナチュラル系バリコスメも
IMG20190810145151.jpg

ちなみにこちらのコーヒー農園は日本人にも人気のÇantika Spaと同経営のようで、オリジナルの天然コスメが買えるんです。娘さんがオーナーなんだって。アットホームでのんびりできるナチュラルなコーヒー農園。コーヒー以外にもÇantika Zestの商品も揃っているので、コスメ好きにもおすすめです。



トリップアドバイザーの口コミ👈
営業時間:9時00分~19時00分
電話: +62 812-3833-773

それでは良い夢を!
明日に備えておやすみます 💤

↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/2277-2b647cfd
    この記事へのトラックバック