嵐山~金閣寺~銀閣寺@京都観光

2019年12月29日 02:45

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

最近少し涼しくなってきましたが、クリスマスも過ぎていよいよバリ島もピークシーズン到来です🚙💨

年末年始の休みは短いので、外国人よりもインドネシア人観光客が急増中!日本人も比較的休暇が長いので、大晦日をピークに友人たちも続々バリ島入り予定です。

でもこの時期に来る方は渋滞覚悟で!バリ島全土に共通して言えることだと思いますが、今年もウブドの渋滞が半端ないです😓

朝10時くらいから混みだして、夜7時過ぎまで続いています。ウブドって道が少ないがゆえに抜け道がないし、一方通行だし、信号ないし、渋滞しやすいんです。たぶん、日中は一度入ってしまうと1時間半から2時間は抜けられないのでは?

カーチャーターで観光を予定されている方は、ウブドだけで丸一日終わってしまったということにもなりかねないのであまりぎっちり詰め込まないほうが後でガッカリしないかも。。。、おそらく方向が違う観光地は無理です💦どうしても行きたいときは朝7時スタートで!

さて前書きが長くなりましたが、京都の続きです。

本文もかなり長いです。書き終わったら深夜を過ぎてしまいました。

京都もバリ島同様、渋滞がひどいということで時間を有効に使うために早朝スタート。朝8時過ぎには伏見稲荷大社を出て、嵐山へ電車で向かいました。


※①と②は前回の記事をご参照ください。

嵐山


嵐山は京都駅からJRで行けるのでアクセス良いです。数年前に嵐山に行ったことがあるのですが、竹林の手前で引き返してしまったのがずっと心残りで、後悔していました。京都にはあと一度は行きたいってずっと思っていたので、今回ようやくリベンジを果たせました!

まずは竹林へ👣

正直、嵯峨嵐山駅からどうやっていったのかは覚えていません。とりあえず観光客の列について歩いていると、途中で地元のおばさんが嵐山への行き方を教えてくれました。レンタル着物ショップに入っていかれたので海外からの観光客にも親切なのですね。

10分くらいで竹林に到着!
IMG20191124091050.jpg

たぶん朝9時ちょっと前くらいに駅に着いたので、9時頃だったと思います。朝9時といえば観光客が増え始める時間。バリ島も同じですが、空いている時間を狙うなら早朝狙いです!

10分ほどで前回引き返した野宮神社へ。後で知りましたが、縁結びの神社でした💗

竹林って思ったより長くて、ここからが本番。神社からさらにずっと進みます。

人気のインスタ映えスポット📷✨
IMG20191124090029.jpg

ここも外国人に人気です!日本人に比べて自分の写真を撮るのが好きな人が多いです!インドネシア人もそうだけど自撮りの文化の違い?ここも日中は人でごった返しているので、写真目的なら早朝がおすすめ。

奥に行くと空いていました🎋
IMG20191124091159.jpg

突き当りまで行くと右がトロッコ電車の駅、左が公園と桂川に行く道になっていたので、桂川へ抜ける道へ。そのまま竹林を戻ってもどんどん人が増えて写真は撮れないだろうし、どちらにしても桂川に行く予定だったので良かったです。

息を呑むような風景が待っていました!
IMG20191124093048.jpg

これまで渡月橋の辺りしか行ったことがなかったのでここは初めて来たスポットだったのですが、すごく綺麗で感動しました。渡し舟も日本らしくて素敵✨11月下旬だったこともあって、紅葉も素晴らしかったです👏

アラビカコーヒー見っけ👀
IMG20191124093913.jpg

飲みたかったけど、列に並ぶのが嫌だったのでパス。アラビカコーヒーって何度か聞いたことがあって有名らしいけど、京都発のコーヒー屋さんなんですよね。シンガポールにも進出しているし、世界中で人気です!

そのまま川沿いを歩くと渡月橋
IMG20191124101155.jpg

写真のときはそうでもないのですが、たまたま渡ったときはすごい人のラッシュでびっくり😲人の渋滞でのろのろ。しかもみんな写真ばかり撮るから全然進まないし、交通整理の警備員が「写真を撮っている方も立ち止まらずに進んでください!」みたいなことを連呼していました。

これが京都のオーバーツーリズム。数年前よりも明らかに観光客が増えています!賑わうのはいいけども、道端に落ちているゴミも増えているし、公衆トイレも汚くなってるのがちょっと悲しいかな。

渡月橋を渡った先にある、ほしのやの屋形船停留所
IMG20191124101921.jpg

宿泊客は船で移動するそうです。この上の山には外国人観光客に人気の嵐山モンキーパーク🐵前回行ったし、伏見稲荷に登ってきたばかりなので体力温存で今回はパスしました。

嵐山の良いところは川があって自然が楽しめるところ。人の多さにはうんざりしましたが、竹林と河辺を十分満喫できました。



金閣寺


嵐山からは嵐電で金閣寺へ。

最終ストップの北野白梅町駅で降りて、徒歩で向かいました。ラッキーにも11月下旬にしては日差しも暖かく、天気も良かったので20分ほどの散歩も楽しめました。

ここも京都の人気スポットなので混雑は覚悟です。

でも金閣寺は見せる庭!魅せる庭!
IMG20191124131713.jpg

反対側は入れないのでどんなに混んでいても金閣寺は綺麗に見えるんです。紅葉と池に反射する金閣寺も美しいです。ゴールドに輝く建物は外国人受け間違いなし!どの角度から誰が撮ってもフォトジェニックな金閣寺は京都観光で外せません。

有名な「陸舟の松」
IMG20191124132419.jpg

せっかくなので日本らしいお抹茶と日本菓子を🍵
2019-11-24-13-40-49-419.jpg

ごちそうさまでした😋

銀閣寺


最後は銀閣寺へ。

夜は京都泊だったので、翌日に行ってもよかったのですが、朝5時半から効率よく観光できたので1日目の最後に行っちゃいました。

金閣寺からはバスで向かうことに。バスに乗るだけでも行列だし、渋滞がひどいから京都観光はバスはあまりおすすめしないと聞いていたけど、他に手段がないのでバスで行きました。

京都は国際的な観光都市なだけあって、バス停には案内係の方が常時スタンバイしており、どのバスに乗ればいいか教えてくれるのは助かりました。

思ったほど混んでおらず、ラッキーにも前の人が次の駅で下車してくれたこともあって、座りながら行けました。一度きりの観光客には苦にならない程度の混み具合ですが、地元の人にとっては苦痛かも。というか、バス内はほぼ外国人のみだったような気がします。渋滞に関しては金閣寺から銀閣寺へ向かう道は混んでいなかったので、乗車時間は30分くらいでした。

実は銀閣寺も今回絶対行きたかったリストのひとつ。もしかしたら中学校の修学旅行で行ったのかも知れませんが、私は休んで行けなかった記憶が💦たぶん初めて行ったと思います。

哲学の道で写真撮影している外国人カップル💕
IMG20191124144710.jpg

もちろん哲学の道も初めて。小さな川沿いに続く散歩道は桜の季節はもっと美しいんだろうな。

すごく気持ちいい道だったのでずっと直進していたら銀閣寺を通り過ぎてしまいました。いつまでたっても着かないのでおかしいと思ったので引き返し、何とか銀閣寺へ到着。

結論から言うと、すごく気に入りました!

金閣寺がWOW!なら、銀閣寺はOH!のインパクト。まずお庭が素晴らしかったです。

盛った砂だけどどうやって作ったんだろう?
IMG20191124151312.jpg

周りもかなりの厚みがあります
IMG20191124151548.jpg

銀閣寺登場!
IMG20191124151328.jpg

でも砂のお庭のインパクトが強くて、建物よりもお庭に目が行っちゃいます。

地味だけど厳か
IMG20191124153245.jpg

お庭の道順をたどるとグルっと上まで登ってみることができました。

高台からの風景
IMG20191124152625.jpg

銀閣寺は日本人のほうが多くて、昔ながらの京都の趣が感じられました。外国人には圧倒的に金閣寺が人気ですが、今回初めて銀閣寺に行って良かったです。バリ島にも共通していることですが、外国人観光客には歴史よりも、見た目のインパクトが重要!

伏見稲荷に嵐山の竹林、金閣寺と外国人に人気のスポットを巡った後での銀閣寺は心に残る場所でした。長い一日だったけど、おかげでたくさん観光もできて有意義な時間を過ごせました。

銀閣寺から京都駅に戻るときもバス。バスが行ったばかりだったのでかなり待ちましたが、列の一番最初だったので座れてラッキーでした。でも帰りは繁華街を通ったのでかなりの渋滞に。駅前まで続いていてなかなかバスを降りられませんでした。京都駅に着いたらもうすっかり日が暮れて夜。

ライトアップされた京都タワー
IMG20191124173420.jpg

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは今日もご機嫌で!
明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

↑   ↑   ↑
ブログランキング参加中!
ポチっとお願いします🙏
↓   ↓   ↓


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (入力すると公開されます)
    (コメント編集・削除したい場合のみ)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/2367-0859ab3c
    この記事へのトラックバック