【ブログランキング参加中!】ポチっとクリックお願いします🙏


   

マヤウブドでディナー

2008年01月23日 18:00

今日はバリの祝日、ガルンガンです。とはいえ、ヒンズー教じゃないイブウブ子は普段と変わらずお仕事でした。昨日も前日祭やらで、豚を殺してラワールを作ったりと、バリ人にとっては大忙しだったようです。昨晩、ウブドに出かけたとき、あちこちでペンジョールと呼ばれる竹で作った飾りを見かけました。こっちに住んでから、一度もセレモニーに参加したことないし、もちろんクバヤも着たことないし、バリ行事には疎いイブウブ子なのです・・・。

さて、話題は昨日に続きます。

翌日は朝からお仕事だったので、妹はフリー行動。ウブドの町をじゃらんじゃらん(お散歩)していたようです。ちょっと驚いたのは、本当に貧乏旅行なこと!出国税も込みで持ち金は1万円ぽっきり。まあ、姉を頼りに来たのはバレバレ・・・。トランスポートも観光もタダだしね。でも、バリ人からしてみると、お金のない観光客ほど魅力のないものはない!!だってスパもアクティビティもツアーも誘えない。バリにとってはお金を使ってくれる観光客が多いに越したことはないのですが、こういう貧乏旅行も無駄遣いしなくていいかも?

妹にシャトルバスを使ってマヤウブドに来るように伝えておいたので、4時半ころに到着の予定で待っておりました。オフィスで仕事をしていたので、着いたらフロントで聞くだろう・・・なんてのんきに待っていたら、5時近くになっても誰からも連絡がないので、もしかして1本遅れたのかな?とか思ったりしたり。そしたら、5時過ぎにスタッフが「誰か待っているみたい」だと言ってきて、見たら妹でした。4時半には着いていたけど、ふらふら敷地内を散歩して10分ほど前にロビーに戻ってきたとのこと。ちょうどその時間はチェックインが続いていて、黙って座っている妹にスタッフは気づいてはいたけども、何も言ってこないのでそのままだったようです。妹も妹で、忙しいのだろうなって気を使って待っていたようです。

別に、それはいいのですが、次の一言が「腹減った~」。貧乏旅行はいいけど、1日2食で済ませようとするのはさすがに無理があるのでは!? あまりにも急かすものだから、予定変更してマヤウブドで食べることに・・・でも高いんだよな。

リバーカフェのほうが安いメニューがあるのですが、夜は虫刺されが嫌なので、マヤサリレストランに行きました。でも、こっちは蚊じゃなくて、ハエ?みたいな虫がいて、場所によっては食べてられないほどの攻撃でした。スタッフは被害の少ない席を知っていて、外側の席に座ろうとしたら、別の席に案内してくれました。その後来た日本人の方は、スタッフが別の席を案内しようとしたにもかかわらず、言葉がうまく通じていなかったのか、そのまま悲劇の外側テーブルへ・・・。5分も経たないうちに自主的に移動していたので、傍から見ていたイブウブ子としてはちょっと悪い気もしちゃいました。(ごめん!)

さて、このマヤサリレストラン、ランチとディナーはメニューが違います。昼間はカジュアルなものもあるのですが、夜はかしこまったお料理ばっかり。アシアティク(インドネシア料理のレストラン)がやっているときは、そこそこお手頃なものもあるのですが、この日はあいにくクローズ。妹はインドネシア料理が食べたかったので、スタッフは気を利かせて特別にメニューを用意してくれようとしましたが、気を使わせたくなかったので、高いメニューの中から一番安くて、しかもインドネシア料理のセットになっている「Maya Ratu」を注文しました。ちなみに価格はRp.150,000(別途21%のサ・税)です。

テーブルではパンとイタリアンレストランなどによくあるスティックパンが出されます。パンはもう食べ飽きるほど食べたので、スティックパンを少し食べました。ちょっとチーズも入っているのか、これがまたクセになる味なんです。

スティックパン
maya_stickbread.jpg

マヤ・ラトゥ
maya_ratu.jpg

全体的にすべておいしくて、お腹がいっぱいになりました。少しずついろんなお料理が食べられるので、おすすめです。特にミーゴレンがおいしかったな。

追伸:ランチには「マヤ・ラジャ」という似たようなランチセットがあります。

ポチっとお願いします!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    公開されるので入力しないで下さい!
    (必須)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/254-0d38fbad
    この記事へのトラックバック