じゃらんじゃらん@Kajeng Street

2008年10月14日 16:46

観光ネタでもないけど、ウブド内の小道の紹介です。

イブウブ子が好きな小道にはゴータマ通りとカジェン通りがありますが、今回はカジェン通りの紹介です。

先日、Ubud Sari Health Resortについて書きましたが、ここに行くまでに通る道がKajeng通り。

kajeng_intro3.jpg

ウブド王宮からも近く、町の中心部にあります。道はハリウッドみたいに、地元のレストランや宿の名前と手形&足形が刻んである石畳風の道が続いています。田舎のような雰囲気を残しつつ、個性的な感じも残しているこの道沿いには、安宿が多く集まっています。犬やローカルの子供の姿もあり、昔懐かしいような感じもします。

道は車が通れますが、あまり広くないので、バイクのほうが便利です。自転車はちょっと道が不安定で緩やかな上りなので、町からも近いし徒歩のほうがおすすめです。

安い宿が多い地域にはすべて安いものが揃う!というのは暗黙の了解ですが、ツアーやワルンでの食事もお手頃価格です。当然、旅慣れた欧米人のバックパッカーや長期旅行者が目立ちます。

Padmaツアー
kajeng_intro4.jpg

キンタマーニからのサイクリングがこの価格で!(Rp.250.000)
kajeng_intro5.jpg

早朝のバトゥール登山もこの価格!(Rp.300.000)
kajeng_intro6.jpg

バリは何でも値上げしているって言うけど、まだまだ良心的にがんばってるところもあるじゃん!高級ホテルや日本の旅行会社を通すと、この2倍近くの料金になります。(もちろん使っている会社も違いますが・・・)

さて、ちょっと喉が渇いたので、途中で休みました。

名もないワルン?
kajeng_intro1.jpg

入ったきっかけは、このユニークな缶でできたランプ
kajeng_intro2.jpg

マンゴーラッシー(Rp.15.000)
kajeng_intro7.jpg

ちょっと薄味っぽかったけど、水分補強にはちょうど良かったです。こういうところだと、ちょっと観光客と違うところを見せたくなっちゃって、下手なインドネシア語を使ってしまいますグー!。(使いたくなるといった方が正しいかも?)変なもので、観光客用のレストランだと適当に観光客を演じていたほうがこっちも楽なのですが、ワルンとかだと観光客じゃないことをアピールしたくなる・・・。まあ、どこでもインドネシア語が話せるということはバリで住むうえで有利です。今のままではまだまだダメです。

ところで、こういう小さなワルンのいいところは、たとえ観光客向けでも街中のレストランと違って15%の税金・サービス料金がかからないことです。バリのレストランは変わっていて、トータル料金にサービス料(5%)追加して、さらにそこに税金10%を追加するのです。インターナショナルチェーンのホテルなどでは、元の料金に税・サを追加するので、このような方法は取りません。もちろん、アメリカでも元のトータル料金に対しての税金やチップというのが当然であります。

たとえば、トータルがRp.100.000だとします。バリのやり方だと・・・
Rp.200.000+5%=Rp.210.000
Rp.210.000+10%=Rp.231.000なので、支払う料金はRp.231.000となります。
または、Rp.200.000+10%=Rp.220.000
Rp.220.000+5%=Rp.231.000
要するに、サービス料を含めた料金に税金をかけているか、税金を含めた料金にサービス料をかけているんです。どちらでも結果的には同じです。会計のことは詳しく分からないので、うちのやり方ではこうだ!と言われれば仕方ないのかも知れませんが、一般的には税金およびサービス料は元のトータルにかかるものではないのかな?

インターナショナルな方法では、
Rp.200.000+15%=Rp.230.000
税金とサービス料は元の料金にかかるので、支払う料金はRp.230.000となります。

たかがRp.1000程度の違いと思いがちですが、金額が多いとその差はさらに広がり、塵も積もれば山となる・・・ちなみに、ステーキがおいしいと定評のあるCafé des ArtistesやおいしいヘルシーフードのKAFEでは、総額に+15%という方法でした。これが正しいやり方だと思うけど、どうでしょうか。

ちょっと話が本題からそれてしまいました。

カジェン通りは、暗くなると犬が多くなり吠えまくるので、夜間はちょっと怖いかも知れません。でも犬は吠えるだけで、噛み付くことはないと思います。

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?
関連記事


コメント

  1. くーこ | URL | h/LGstSw

    税金の計算方法

    税金の計算ですが、サービス料にも税金はかかるのだと思います。
    私達がバリの高級ホテルを予約するとき++だと21%つきます。
    これはサービス料10%に税金10%だとl考えています。(1.1x1.1)
    あっているかは知らないのですが・・
    ただ、消費税導入前の日本のホテルも同様の計算で++は21%でした。

  2. イブウブ子 | URL | -

    くーこさんへ

    アメリカでは人件費に税金はかからないため、税金もチップも元の総額に対して計算されます。(よくチップの目安は税金の2倍と言われるのもそのせい)

    高級ホテルの場合、すべてについては分かりませんが、ほとんどが元の総額x1.21で計算していると思います。バリに関してはサービス料に対して税金がかかるのかははっきりしていないと思うので、まちまちなんだと思います。

コメントの投稿

(入力すると公開されます)
(コメント編集・削除したい場合のみ)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/514-a0681f5e
この記事へのトラックバック