妹到着~第一日目の夕食は影武者で~

2009年07月09日 16:01

すっかりご無沙汰となってしまった、イブウブ子の妹訪問記事ですが、今日からスタートします!といっても、3泊のみ、最終日は深夜発だったので約4日というスピード旅行。それでも、このブログに則って(笑)、ウブドの基本ポイントは押さえました。

久々の空港出迎え
P6220544.jpg

ピンボケですみません。何でだろう?妹は東京発デンパサール行きのGAで到着しました。この時間帯って案外込み合うみたいで、ソウルや大阪から来た便と重なっています。到着予定時間ちょっと前に行って待っていたのですが、飛行機は予定通り着いたのに全然出てこない・・・。周囲を見渡すと大手旅行会社のガイドさんたちがいっぱい待っていました。みんなそれぞれのコミュニティがあるようで、会社ごとに分かれて待機。バリ人って待つことには慣れていて、不思議なことに苦痛を感じない人たちが多いのでこういうとき得だなって思っちゃいます。イブウブ子は妹に早く会いたいのと、待っているのが嫌なのとで30分以上待つのは大変でした。到着後、1時間くらい経ったかなぁ。

ようやく妹が!
P6220545.jpg

それにしても、バリ島って空港に到着した時点で戦いは始まっています。最初の関門はビザ。予定滞在期間と料金を事前にしっかり把握してくださいね。まれににぽぽさんの例でもあったように滞在日をごまかされてぼったくられて間違ったビザが張られたり、運悪くは入国スタンプが押されていなかったり・・・。めったにありませんが、たまにあるらしいです。こればかりは旅行会社も入れないので、自己責任で管理するしかありません。そして、第二の関門は荷物の受け取り。制服を着た空港ポーターたちが荷物をいち早く取り、一角に集めます。到着したらトイレなど寄らず、すぐに入国審査を受け、荷物が運ばれてくる前にベルトコンベヤーの前に陣取ることをおすすめします。このポーター、ぼったくりポーターとして悪名高いですが、部外者じゃありません。正式な空港職員です。ただ、日本とは感覚が違って、荷物を運ぶだけでチップがもらえる(おそらく欧米人観光客から学んだ知恵?)と思っていて、10メートルくらいでも法外な料金を請求するらしいです。イブウブ子は経験がないのですが、荷物を運ばれている日本人観光客は見たことがあります。しかも荷物1個につき1000円とからしい!お金がなかったら、円をその場で両替させるべく、すぐ近くの両替所まで誘導するみたいです。

個人的には最近はそこまで悪質じゃないって思うので、よく見るのはサーフボードとかダンボール箱に入った大きな荷物とかを中心に取っているみたいです。たとえば大家族で子供連れなど、荷物がいっぱいある場合はポーターに頼んで運んでもらう手もあるけど、チップは多くても3万かなぁ。必要ないならNOと断りましょう。空港だけの話じゃないけども、バリ人を相手に好意で何かをしてもらえると考えるのは甘いかも知れません。バリは観光地、観光客=お金という考えはどうしても根本にあるのは仕方がないかな。

一人旅の若い日本人女性ということで、ターゲットにされそうだった妹ですが、前回ポーターに痛い経験をしただけあって、今回は無事自分でスーツケースをゲットしました。おめでとう!

最初の晩は本当はこっちに戻ってからまだ一度も行っていないKAFEに行こうと思ったのですが、何とその日に限って改築中で閉鎖。結局、日本から来たばかりの妹を連れて、近くの影武者に行くことに・・・。

もちろん注文した食べ物はいつも通り。イブウブ子はここに来たら頼むものがもう決まっています。ベンコアンのおひたし、生姜なす、味噌カツ、天むす、そしてアラック・・・今回は腹ペコ妹のために揚げだし豆腐も追加で注文しました。東京に住んでいる妹にとっても、味噌カツや天むすは珍しいみたいで、おいしい!って喜んでいました。毎回同じなので、今回はきれいに食べた後の写真です。

完食なり!
P6220547.jpg

そして最後はお決まりの抹茶アイスクリ~ム
P6220548.jpg

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事


コメント

  1. バリ・キチ爺ちゃん | URL | -

    Re: 妹到着~第一日目の夕食は影武者で~

    イブウブ子様
                              バリ・キチ爺ちゃん
     本当に心優しいお姉さまですね。 妹さんも安心してウブドを楽しまれた事と思います。
    ズラリと並んだ旅行会社スタッフの出迎え写真があると、情景がよく理解できますね。
    JTB,HIS,ラマツアーが勢ぞろいですね。
    帰り便は東京行きも深夜発と思いますが、出国手続きを終わった後の時間が長く、アレが
    不便ですね。
    ¥2、000を払って入る待合室も食事自由とは言え、食べものは不味くバリが台無しです。
    手ぶれ防止に爺ちゃんは一本脚をいつも持っており、脚の先をお腹に当てて撮影しています。
    デジカメは一眼レフも買いましたが、やはりポケット型が便利です。 画素数が高いと、パソコンがへばり不便です。
    では新しいお仕事はゆっくり・ゆっくり進めて下さい。草々

  2. イブウブ子 | URL | -

    バリ・キチ爺ちゃんへ

    確かに姉妹は仲がいいですよ!おまけに妹は歳が離れているので、今回も頼りっぱなし。目を離すとぼったくられたりして、本当に心配でした。でも、おかげでウブドでの数日間を満喫してくれたようです。鶏の鳴き声での起床、早朝の庭散歩、バイクの二人乗り、マッサージ、ローカルワルンでの食事など、普段できないことをいっぱい体験しました。良かった!

コメントの投稿

(入力すると公開されます)
(コメント編集・削除したい場合のみ)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/751-83f462ba
この記事へのトラックバック